129件中 91 - 100件表示
  • デニス・サファテ

    デニス・サファテから見た涌井秀章涌井秀章

    ''にはシーズン序盤こそセットアッパーを任されていたが、シーズン中盤には不振の大石達也に代わってクローザーに回った。シーズン終盤には先発要員だった涌井秀章がクローザーに転向したことからセットアッパーに復帰。シーズン通算では来日後最多の9勝を記録した。しかしシーズン終了後に残留の意思を示さなかったことなどから、12月2日に自由契約を公示された。デニス・サファテ フレッシュアイペディアより)

  • 福永春吾

    福永春吾から見た涌井秀章涌井秀章

    目標とする投手には涌井秀章を挙げている。福永春吾 フレッシュアイペディアより)

  • 白濱裕太

    白濱裕太から見た涌井秀章涌井秀章

    広陵高校では1年から捕手に転向し、西村健太朗とバッテリーを組み、2年から春夏合わせて4回連続甲子園出場。2年春選抜大会は報徳学園、同年夏選手権は明徳義塾とそれぞれ優勝校に敗れたが、3年春は決勝戦で横浜高校の成瀬善久、涌井秀章を打ち崩し、圧勝して全国制覇した。同年夏は2回戦で敗退した。高校通算28本塁打。白濱裕太 フレッシュアイペディアより)

  • 中崎雄太

    中崎雄太から見た涌井秀章涌井秀章

    2008年10月30日に行われたプロ野球ドラフト会議で埼玉西武ライオンズから1巡目で指名され、契約金と年俸それぞれ8,000万円、800万円(いずれも推定)で仮契約を結んだ。背番号は「21」に決まった。鈴木葉留彦編成部長からは「涌井秀章や岸孝之に続く逸材」と高い評価を受けていた。中崎雄太 フレッシュアイペディアより)

  • 下水流昂

    下水流昂から見た涌井秀章涌井秀章

    横浜高時代は、1年時春からベンチ入り。2年秋になって中堅手のレギュラーに定着。3年時春の第78回選抜高等学校野球大会では、準決勝から4番に座り、同校8年ぶりとなる優勝を達成した。夏の第88回全国高等学校野球選手権大会では、1回戦で大阪桐蔭高に6-11で敗れた。高校の同期に福田永将や佐藤賢治や西嶋一記、2学年先輩に涌井秀章や石川雄洋、1学年後輩に高濱卓也、2学年後輩に土屋健二や倉本寿彦がいる。なお、福田とは小・中・高で同じチームでプレーしていた。下水流昂 フレッシュアイペディアより)

  • 松井稼頭央

    松井稼頭央から見た涌井秀章涌井秀章

    NPB/MLB通算450盗塁:2015年4月24日、対千葉ロッテマリーンズ3回戦(楽天Koboスタジアム宮城)、1回裏に二盗(投手:涌井秀章、捕手:田村龍弘) ※史上2人目松井稼頭央 フレッシュアイペディアより)

  • 中田亮二

    中田亮二から見た涌井秀章涌井秀章

    明徳義塾高等学校2年夏の第86回全国高等学校野球選手権大会で横浜高校の涌井秀章から本塁打を含む3安打を放ち注目を浴びる。3年時の夏は松下建太らと共に高知大会を突破したものの、他部員の不祥事が発覚したために大会直前にチームは出場を辞退した。高校通算44本塁打。「ブーちゃん」というニックネームは同校野球部監督の馬淵史郎によって1年時に命名され、以降この名が定着することとなる。中田亮二 フレッシュアイペディアより)

  • フリーエージェント (日本プロ野球)

    フリーエージェント (日本プロ野球)から見た涌井秀章涌井秀章

    出場機会優先型 - より出場機会の多いチームでプレーしたい。出場機会が減少傾向である、あるいは起用法に不満を持つ選手が宣言する場合が該当(例:涌井秀章[2013年:埼玉西武 → 千葉ロッテ]、木村昇吾[2015年:広島東洋 → 埼玉西武]、森福允彦[2016年:福岡ソフトバンク → 読売]等)。フリーエージェント (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 秋山翔吾

    秋山翔吾から見た涌井秀章涌井秀章

    ''は、森友哉のフォームを参考にしたという昨季まで高く構えていたバットの位置を低くした打撃フォームに変え、開幕から好成績を残す。6月14日、63試合目で100安打を打ち、100安打到達では1994年のイチロー(60試合)、1964年の広瀬叔功(61試合)に次いで史上3番目の記録になった。6月27日、イチロー(1994年5・6月)以来史上2人目となる2ヶ月連続での月間40安打を達成した。6月3日の中日ドラゴンズ戦から7月14日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦に途切れるまで放った連続試合安打31試合は、1979年の高橋慶彦による日本最長記録33試合に惜しくも及ばずも歴代3位タイにランクインした(左打者としては歴代1位)。記録が途切れる事となった延長10回裏の第5打席では四球を選び、結果的に中村剛也のサヨナラ3ランを呼び込みチームの連敗を止めるチームプレーとなった。9月13日の対千葉ロッテマリーンズ戦で先発の元チームメイト・涌井秀章から左前に適時打を放ち、史上7人目となるシーズン200本安打を達成した。9月30日の対オリックス・バファローズ戦では1試合5安打を記録し、マット・マートンの保持するシーズン歴代最多安打記録に並んだ。日本人打者としては歴代単独1位に立ち、翌日10月1日のシーズン最終戦となる対オリックス戦では第三打席にブライアン・バリントンから三塁内野安打を放ち、NPB新記録となる215安打を達成した。さらに第四打席に三塁打を放ち、最終的に216安打とした。秋山はこの年にチームで唯一のフルイニング出場を果たした。10月9日には第1回WBSCプレミア12の日本代表最終ロースター28名に選出された。12月8日に埼玉県の彩の国スポーツ功労賞を受賞した。秋山翔吾 フレッシュアイペディアより)

  • 岸孝之

    岸孝之から見た涌井秀章涌井秀章

    は故障により出遅れ8勝止まり。プロ入り以来続いていた2桁勝利も4年で途切れた。は開幕から好調で、スタートダッシュに失敗したチームの中で、安定して勝ち星を積み重ね、涌井秀章が抑えに回って以降は、牧田和久と共にローテーションを支えた。結果として、2年ぶりの二桁勝利を記録したものの、夏場以降は首位争いを繰り広げたチームの中で、他球団のエース格との対戦が増え勝ち星が伸びず、2年連続で負け越した。岸孝之 フレッシュアイペディアより)

129件中 91 - 100件表示

「涌井秀章」のニューストピックワード

  • レオナルド・ディカプリオ

  • 新世代ジャズ黄金期の象徴

  • Wild Thoughts ft. Rihanna, Bryson Tiller