129件中 11 - 20件表示
  • 成瀬善久

    成瀬善久から見た涌井秀章涌井秀章

    横浜高校時代は度重なる故障に悩まされたが、第75回選抜高等学校野球大会で3回戦の明徳義塾を劇的に破ると勢いに乗って、準優勝。決勝では西村健太朗‐白濱裕太のバッテリーを擁する広陵高校と対戦。先発した1学年下の涌井秀章をリリーフしたが共に打ち込まれ、3-15という大敗を喫した。第85回全国高等学校野球選手権大会神奈川県大会では決勝進出を果たすも給前信吾と、1学年下に田澤純一を擁する横浜商大高校に敗れ春夏連続出場を逃した。2003年度ドラフト会議で千葉ロッテマリーンズから6巡目指名を受けて入団。背番号は60。成瀬善久 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た涌井秀章涌井秀章

    開幕戦は5年連続で涌井秀章が先発するものの、敗戦投手となり涌井は開幕から3連敗で4月16日に登録を抹消され、チームも最大借金9を抱えて最下位と低迷した。涌井が救援投手に回り、6月以降は勝ち越すようになり8月までの3カ月で貯金を19とし8月19日に首位に立った。日本ハムとの優勝争いとなったが、10月2日の試合に敗れたことで優勝を逃し、3ゲーム差の2位に終わった。クライマックスシリーズではファーストステージでソフトバンクに1勝2敗で敗れ、3年連続のクライマックスシリーズ敗退となった。中村剛也が本塁打王を獲得、オフには、中島裕之が海外FA権を行使し、メジャーリーグのオークランド・アスレチックスに入団した。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 中田翔

    中田翔から見た涌井秀章涌井秀章

    は、長距離打者であるターメル・スレッジの退団と、レギュラー左翼手だった森本稀哲が故障で離脱した事もあり、開幕戦で七番・左翼手として自身初の開幕戦先発出場を果たし、杉内俊哉から自身初の2点適時打を打つ。その後も主に相手先発が左腕投手の試合で先発出場し、左翼手の守備も無難にこなしていたが、4月18日の試合を最後に二軍落ちする。その3日後の21日の二軍の試合で左ひざ半月板を損傷。5月10日に手術を受けた。7月19日に一軍昇格。七番・指名打者として先発出場し、復帰後初安打。翌20日の千葉ロッテマリーンズ戦にも先発出場し、大嶺祐太からプロ入り初本塁打(公式戦91打席目)を打った。8月6日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦では栂野雅史と青山浩二から2打席連続本塁打を記録した。夏場には金子千尋、涌井秀章、和田毅、田中将大らエース級の投手から立て続けに本塁打を打ったが、9月に入ると調子を落とし、最終的には打率.233、本塁打9、打点22に終わった。なお、9本の本塁打は7月20日から8月20日までの約1ヶ月間に打ったものである。中田翔 フレッシュアイペディアより)

  • 杉内俊哉

    杉内俊哉から見た涌井秀章涌井秀章

    4月は0勝1敗に終わりプロ10年目で初の4月0勝に終わる。5月14日の西武戦で自己最多タイとなる15奪三振を記録して初勝利。6月18日の対横浜戦で6回に1500奪三振を達成。交流戦では3勝し交流戦の優勝に貢献した。7月9日の対ロッテ戦で、球団の福岡移転後の入団選手としては初となる通算100勝を達成した。シーズンを通して打線の援護に恵まれず自身初となる防御率1点台を記録、QS達成率も91%を記録するも5年ぶりに二桁勝利を逃した。クライマックスシリーズファイナルステージ第3戦(対西武戦)に先発。涌井秀章との投手戦となり9回を無失点に抑えたが、10回に先制を許して降板。しかしその裏に味方打線が涌井を攻略したため自身に負けはつかず(偶然にも2人が打たれた時の球数は127球目で同じであった)、チームはこの試合にサヨナラ勝ちで日本シリーズに進出を決めた。日本シリーズでは第2戦と第7戦に先発。第2戦は8回1失点に抑えるもののチームは敗戦。第7戦では7回無失点と好投しチームを日本一に導き優秀選手賞を受賞した。しかし「成果報酬型」といわれる前年の活躍をベースにした球団独自の査定方法を取ったことで、4年連続2桁勝利などの活躍も高く評価されず、そのことなどをきっかけにオフにFA権を行使し、12月19日に読売ジャイアンツへの移籍を表明し、4年総額20億円で契約を結ぶ。背番号は2006年に桑田真澄が退団して以降空番となっていたエースナンバーの「18」に決まった。荷が重かったせいもあるのか桑田の退団以降誰も着用していなかった背番号だったが、着用にあたっては桑田本人に相談の上、承諾を得ている。杉内俊哉 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の日本プロ野球

    2017年の日本プロ野球から見た涌井秀章涌井秀章

    千葉ロッテマリーンズの涌井秀章が、パシフィック・リーグワーストとなる1試合6被本塁打。2017年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 田中和基

    田中和基から見た涌井秀章涌井秀章

    公式戦の開幕を二軍で迎えたが、5月16日に入団後初めての出場選手登録を果たすと、翌17日の対北海道日本ハムファイターズ戦(岩手県営野球場)9回表に中堅の守備要員として一軍公式戦にデビュー。5月19日の対千葉ロッテマリーンズ戦(ZOZOマリンスタジアム)では、チームの1点ビハインドで迎えた9回表1死から、安打で1塁に出た6番打者・島内宏明の代走に起用されると、7番打者・岡島豪郎への初球に二塁への盗塁に成功(一軍公式戦初盗塁)。さらに、相手投手・涌井秀章の暴投で三塁へ進むと、8番打者・藤田一也が一塁へゴロを放った隙に同点のホームを踏んだ(一軍公式戦初得点)。翌20日の同カードで「9番・右翼手」として一軍公式戦初のスタメン起用を果たすと、延長10回表に右投手の有吉優樹から一軍公式戦初安打を二塁打で記録。延長12回表に迎えた次の打席では、左投手の土肥星也から、右打席で決勝のソロ本塁打を放った。一軍公式戦全体では、代走や外野の守備固めを中心に51試合へ出場。打率は.111にとどまったものの、主に代走で盗塁を重ねた結果、全143試合中142試合へ出場したゼラス・ウィーラーと並んでチームトップの7盗塁を記録した。さらに、チームのレギュラーシーズン3位で迎えたクライマックスシリーズにも、埼玉西武ライオンズとのファーストステージ(メットライフドーム)および福岡ソフトバンクホークスとのファイナルステージ(福岡ヤフオク!ドーム)で2試合ずつ出場。ファーストステージでは二塁打、ファイナルステージでは得点を記録した。その一方で、イースタン・リーグ公式戦では、42試合の出場で打率.295、6本塁打、14盗塁、OPS.858をマーク。7月13日に草薙球場で催されたフレッシュオールスターゲーム2017では、同リーグ選抜チームの「3番・中堅手」としてフル出場を果たした。さらに、シーズン終了後に台湾で開催の2017アジアウインターベースボールリーグにも、NPBイースタン選抜の一員として派遣されている。田中和基 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉ロッテマリーンズ

    千葉ロッテマリーンズから見た涌井秀章涌井秀章

    5月9日に7年ぶりの8連勝で首位に立ち、交流戦は13勝10敗1分の5位に終わった。7月3日に2位の楽天に敗れ、首位に並ばれると6日には4連敗で2位に、前半戦を2位で折り返した。9月26日の対日本ハム戦(札幌ドーム)に5対6で敗れ、楽天が対西武戦(西武ドーム)に4対3で勝利したことで楽天の優勝が決まり優勝を逃すが、10月4日にソフトバンクが対日本ハム戦(札幌ドーム)に4対5で敗れたため、この日試合のなかったロッテの3年ぶりのクライマックスシリーズ進出が決定した。10月8日に西武ドームでの西武とのシーズン最終戦は共に勝った方が2位確定となったが敗れて3位となった。クライマックスシリーズファーストステージ(西武ドーム)は西武に2勝1敗で勝利したが、ファイナルステージ(Kスタ宮城)は楽天に1勝4敗で敗れて敗退した。オフに西武の涌井秀章をFAで獲得した。千葉ロッテマリーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズプレイヤーズきっぷ

    埼玉西武ライオンズプレイヤーズきっぷから見た涌井秀章涌井秀章

    第1弾(4月7日発売) - 涌井秀章、中島裕之、片岡易之埼玉西武ライオンズプレイヤーズきっぷ フレッシュアイペディアより)

  • 杉崎 美香

    杉崎美香から見た涌井秀章涌井秀章

    2011年5月から、プロ野球選手の涌井秀章と交際していたが、同年8月中旬に破局した。杉崎美香 フレッシュアイペディアより)

  • 松戸市立寒風台小学校

    松戸市立寒風台小学校から見た涌井秀章涌井秀章

    涌井秀章 - プロ野球選手(千葉ロッテマリーンズ)松戸市立寒風台小学校 フレッシュアイペディアより)

129件中 11 - 20件表示

「涌井秀章」のニューストピックワード

  • レオナルド・ディカプリオ

  • 新世代ジャズ黄金期の象徴

  • Wild Thoughts ft. Rihanna, Bryson Tiller