85件中 21 - 30件表示
  • 2012年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2012年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た涌井秀章涌井秀章

    西:○岸 (6回) - 長田 (1回) - ウィリアムス (0回0/3) - 岡本篤 (1回) - 涌井 (1回)2012年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2011年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た涌井秀章涌井秀章

    西:涌井 (5回0/3) - グラマン (0回1/3) - 岡本篤 (1回2/3) - Hミンチェ (2回) - ○牧田 (2回)2011年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 白濱裕太

    白濱裕太から見た涌井秀章涌井秀章

    広陵高では1年から捕手に転向し、西村健太朗とバッテリーを組み、2年から春夏合わせて4回連続甲子園出場。2年春選抜大会は報徳学園高、同年夏選手権は明徳義塾高とそれぞれ優勝チームに敗れたが、3年春は決勝戦で横浜高校の成瀬善久、涌井秀章を打ち崩し、圧勝して全国制覇した。同年夏は2回戦で敗退した。高校通算28本塁打。白濱裕太 フレッシュアイペディアより)

  • 中田亮二

    中田亮二から見た涌井秀章涌井秀章

    明徳義塾高等学校2年夏の第86回全国高等学校野球選手権大会で横浜高校の涌井秀章から本塁打を含む3安打を放ち注目を浴びる。3年時の夏は松下建太らと共に県大会を突破したものの、他部員の不祥事が発覚したために大会直前にチームは出場を辞退した。高校通算44本塁打。「ブーちゃん」というニックネームは同校野球部監督の馬淵史郎によって1年時に命名され、以降この名が定着することとなる。1学年下には横井雄太がいた。中田亮二 フレッシュアイペディアより)

  • エンリケ・ゴンザレス

    エンリケ・ゴンザレスから見た涌井秀章涌井秀章

    は当初、先発に転向する牧田和久に代わる抑えとして期待されたが、初登板となった3月31日の北海道日本ハムファイターズ戦でセーブ機会に失敗し敗戦投手となるとその後も不安定な投球を繰り返し、4月30日のオリックス・バファローズ戦でアーロム・バルディリスにサヨナラ本塁打を打たれて抑え失格の烙印を押され、5月4日に二軍落ちした。その後、抑えはゴンザレスと入れ替わりで昇格した涌井秀章が、前年の牧田と同様先発から転向して務めることになる。エンリケ・ゴンザレス フレッシュアイペディアより)

  • 片山博視

    片山博視から見た涌井秀章涌井秀章

    報徳学園高校入学後に硬式野球を始め、1年の秋頃からエースで4番となる。2年時には春のセンバツ、夏の甲子園に連続出場。春は東海大山形高校と、夏は涌井秀章擁する横浜高校と対戦し、いずれも初戦敗退。3年夏は兵庫県大会で自己最多の1試合17奪三振を記録したが5回戦敗退。4番として高校通算36本塁打を記録した打者としての評価も高く、投手・野手両方でドラフト上位指名での入団が可能と言われ、ドラフトに際しては日米合わせて10数球団に注目されていた。片山博視 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤賢治 (野球)

    佐藤賢治 (野球)から見た涌井秀章涌井秀章

    東京都大田区出身。に横浜高校に入学。当初は投手であったが後に外野手に転向した。甲子園に2度出場している(2006年春と同年夏。前者は優勝、後者は一回戦敗退)。同校の2学年上に涌井秀章と石川雄洋が、同学年に福田永将が、1学年下に高濱卓也が、2学年下に土屋健二が所属していた。このうち土屋とは後に日本ハムでチームメイトとなる。佐藤賢治 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見た涌井秀章涌井秀章

    中日のエースであった川上憲伸がアトランタ・ブレーブスに移籍した直後のシーズンとなった。前年の実績を糧に先発ローテーションを勝ち取り、4月4日の対横浜戦でシーズン初先発を95球完封勝利で飾った。順調に勝ち星を伸ばし、前半戦最後の登板となった7月18日の対横浜戦で、シーズン10勝目を早くもシーズン4度目の完封勝利にて達成し、自身初の2年連続二桁勝利を決めた。オールスターゲームにも監督推薦で選出され、第二戦に藤川球児(阪神)の後を継ぎ登板したが、敗戦投手となった。後半戦も更に勝ち星を伸ばし、10月3日の対横浜戦で16勝目を挙げ、最終的に館山昌平(ヤクルト)と共に16勝で最多勝利のタイトルを獲得した。防御率も1.996(同僚のチェン・ウェインに次ぐリーグ2位)と、自身初の防御率1点台を記録した(記録上は四捨五入されるので2.00)。また、シーズン通算4完封はチェン、涌井秀章(西武)と並び両リーグ最多、無四球試合3試合は両リーグ通じて単独最多と、年間を通じて安定した投球を披露し、川上憲伸の抜けた穴を埋める活躍をした。10月22日付け中日スポーツ掲載の吉見の治療に関する報道について、10月24日にNPB医事委員会は診療録のコピー等の詳細検討の結果「医学的に正当な適応による治療行為の範疇に入るものと判断」と公式発表を行い、潔白が正式に証明された。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 河田雄祐

    河田雄祐から見た涌井秀章涌井秀章

    石橋貴明は帝京高校野球部の先輩で現在も交友関係があり、2011年には『とんねるずのみなさんのおかげでした』のオークションのコーナーに自らのサイン入りユニフォームを出品した(涌井秀章・菊池雄星らの出品物と合わせ計170万円で落札された)。また2012年には『夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル』(テレビ朝日系)の「リアル野球BAN」コーナーに「石橋JAPAN」の一員として出演、活躍もしたが、メガネをかけた風貌が妖怪人間ベムに似ているとして石橋にいじられ、番組中「早く人間になりたい」と何度も叫ぶ羽目になった。河田雄祐 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た涌井秀章涌井秀章

    横浜高校では1年生からベンチ入りし、春の甲子園に左翼手で出場し準優勝。夏の甲子園にも出場して14打数10安打と活躍、ベスト8に進出した。高校の同級生に涌井秀章(西武)、1年先輩に成瀬善久(ロッテ)、荒波翔(DeNA)、2年後輩に福田永将(中日)、佐藤賢治(日本ハム)がいる。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

85件中 21 - 30件表示

「涌井秀章」のニューストピックワード