85件中 41 - 50件表示
  • 荻野貴司

    荻野貴司から見た涌井秀章涌井秀章

    初打席:同上、1回表に涌井秀章から二塁ゴロ荻野貴司 フレッシュアイペディアより)

  • 陳偉殷

    陳偉殷から見た涌井秀章涌井秀章

    は速球のキレが冴え、ストレートの被打率は藤川球児(阪神)を抑え球界トップの.183をマークした。開幕3戦目の4月5日の対横浜ベイスターズ戦で今季初先発し、6回3安打無失点で初勝利を挙げた。8月の月間成績は4試合33イニングで1完封を含む3勝0敗、防御率0.82、WHIP0.79の活躍で自身初の月間MVPを受賞。この年の月間防御率は最も悪かった9・10月でさえ2.15であり、年間通じて安定感を維持した。クオリティ・スタート(6回3失点以内)を19回記録したが、そのうち11回で勝ち星がつかないなど打線の援護に恵まれず、6月の故障離脱もあり8勝に終わった。二桁勝利には届かなかったものの、シーズンを通して抜群の安定感を誇り、防御率1.54と2位以下に大差をつける驚異的な数値で最優秀防御率のタイトル(セ・リーグ歴代10位)を獲得した。また、シーズン通算4完封は吉見一起・涌井秀章と並び両リーグ最多であった。陳偉殷 フレッシュアイペディアより)

  • 岡島豪郎

    岡島豪郎から見た涌井秀章涌井秀章

    キャンプは新人野手で唯一の一軍スタートとなった。正捕手の嶋基宏の離脱などもあり、6月20日に一軍初出場を果たす。同期入団の釜田佳直とルーキーバッテリーを組むなど一軍に定着、7月4日のロッテ戦では成瀬善久からプロ初本塁打を放ち、8月26日の日本ハム戦(Kスタ宮城)では自身プロ入り初となるサヨナラ打(内野安打)を放った。9月5日の日本ハム戦(東京ドーム)には同じくルーキーの島内宏明とのアベックホームランを放つ。新人2人によるアベック弾はの中日の大豊泰昭・山口幸司以来23年ぶり。9月8日の西武戦ではシーズン2本目となるサヨナラ打を涌井秀章から放つ。新人のサヨナラ安打2本は2002年の喜多隆志(ロッテ)以来10年ぶり、新人の代打でのサヨナラ安打は1992年の町田公二郎(広島)以来20年ぶり。フレッシュオールスターには「4番・捕手」として出場。その後もシーズン終了まで嶋に次ぐ第二捕手として一軍に帯同、ルーキーながら43試合に出場し、打撃では前述の2本のサヨナラヒットや打率.258と捕手としては高い打力を見せた。岡島豪郎 フレッシュアイペディアより)

  • 福田永将

    福田永将から見た涌井秀章涌井秀章

    横浜高校では打撃を買われ1年春からベンチ入り。2学年上の涌井秀章とバッテリーを組み、石川雄洋らとともに甲子園にも出場。レギュラーであったが、まだ1年で経験も浅かったために、試合終盤の大事な場面では交代させられることが多かった。2年春から4番打者を務めた。2006年春の第78回選抜高等学校野球大会では1学年下の高濱卓也、同期の佐藤賢治とクリーンナップを組み、主将として優勝を経験。同年夏は史上初の同校2度目の「春夏連覇」が期待されたが、大阪桐蔭高校に6-11と大敗し、大会開幕初日に敗退。福田永将 フレッシュアイペディアより)

  • ヘキサゴンファミリーコンサート 2010 WE LIVE ヘキサゴン

    ヘキサゴンファミリーコンサート 2010 WE LIVE ヘキサゴンから見た涌井秀章涌井秀章

    (実況/田中大貴・リポート/中村仁美・ナレーション/福永一茂各アナウンサー・ゲスト/高橋尚成(ロサンゼルス・エンゼルス)、山崎武司(東北楽天ゴールデンイーグルス)、涌井秀章(埼玉西武ライオンズ))ヘキサゴンファミリーコンサート 2010 WE LIVE ヘキサゴン フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川勇也

    長谷川勇也から見た涌井秀章涌井秀章

    クライマックスシリーズでは11打数6安打打率.545と結果を残して第3戦目には10回に涌井秀章から同点タイムリーを打ち、12回には牧田和久からサヨナラタイムリーを打ちチームのCS突破に貢献した。また、マニュライフ生命 特別賞を受賞した。プレーオフ、CSでの1試合4安打は8人で9度目でソフトバンクでは初めてでポストシーズンでは1959年の岡本伊三美以来52年ぶり2人目。長谷川勇也 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜中学校・高等学校

    横浜中学校・高等学校から見た涌井秀章涌井秀章

    涌井秀章(埼玉西武ライオンズ)横浜中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 由規

    由規から見た涌井秀章涌井秀章

    球威のあるストレートを武器にしており被本塁打が少なく奪三振が多い。反面四球や暴投が多く制球力を課題にしている。2009年から移籍してきた相川亮二からも球威を認められる反面、与四球の多い制球の不安定さを危惧されていた。(高校時代から)そこでその年の交流戦を終えた頃に、他球団のエース級投手の映像もチェックしてみるよう勧められた事がある。それまで自分の投球映像を、ただ確認していただけの由規には西武・涌井秀章の頭のブレの少なさから目線を崩さない力感の少ないフォームと、力いっぱい速い球を投げようとして頭や目線が大きく動く自分のフォームとの違いを認識できたのは新鮮な試みであった。また相川にも一緒に観てもらった事で、映像を注意深く観察する大事さを教えられている。由規 フレッシュアイペディアより)

  • 脇谷亮太

    脇谷亮太から見た涌井秀章涌井秀章

    は二塁手のレギュラー獲得を期待されながら、木村拓と寺内崇幸の後塵を拝し、出番が減少した。一方で、シーズン終盤戦では勝負強い打撃を発揮し、日本シリーズの対埼玉西武ライオンズ第5戦では、同点で迎えた7回表に涌井秀章から決勝の2点適時三塁打を放っている。脇谷亮太 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のアジアシリーズ

    2008年のアジアシリーズから見た涌井秀章涌井秀章

    西:涌井 - 星野 - 大沼 - ○ 岡本真2008年のアジアシリーズ フレッシュアイペディアより)

85件中 41 - 50件表示

「涌井秀章」のニューストピックワード