129件中 41 - 50件表示
  • ランディ・ルイーズ

    ランディ・ルイーズから見た涌井秀章涌井秀章

    5月28日に楽天へ入団。6月1日に一軍登録され、その日の阪神戦でスタメン出場。6月5日の横浜戦で9回表に代打で出場すると、山口俊からレフト場外に逆転決勝2ランを放ってヒーローインタビューを受ける。翌日の巨人戦でも代打本塁打を放ち、長打力をみせつけた。しかし、外角低めの変化球への弱さや引っ張り一辺倒の打撃を見抜かれると、打率が1割台に落ち込むなど日本の投手への適応に苦労した。その後、徐々に日本の野球への適応性を伸ばし始めたが、三振の多さは解消されず、シーズン途中加入ながらリーグワースト5位となる114三振を喫し、守備でも11失策という有様だった。但し、西武の涌井秀章からは11打数7安打で打率.636、3本塁打と得意にした。特に9月4日の対戦では、5点ビハインドの9回裏無死1塁で、完投勝利目前の涌井から二塁打を放ってチャンスを拡大し、打線の反撃を呼んだ。その後、打線が奮起して同点に追いつくと、なおも2死満塁の場面で再び打席が回り、ブライアン・シコースキーから来日初のサヨナラ安打を放った。シーズン終了後の12月1日、球団から翌シーズンも引き続き契約を行うことが発表された。また、同6日には背番号を「42」から「3」に変更することも発表された。ランディ・ルイーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のアジアシリーズ

    2008年のアジアシリーズから見た涌井秀章涌井秀章

    西:涌井 - 星野 - 大沼 - ○ 岡本真2008年のアジアシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • エフエム茶笛

    エフエム茶笛から見た涌井秀章涌井秀章

    地元埼玉西武ライオンズの選手が地域活動の一環として、市民向けに災害時の緊急放送についてのCMに出演しており、防災についてのコメントを寄せている。2008年現在、涌井秀章、岸孝之両投手が出演している。過去には松坂大輔も出演していた。エフエム茶笛 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸拓光

    神戸拓光から見た涌井秀章涌井秀章

    、4月9日の対埼玉西武ライオンズ戦の1回、負傷退場した福浦和也の代打として急遽出場。涌井秀章から3ラン本塁打を放つが、その際に派手なパフォーマンスをした事が西武側を刺激。直後の打席で死球を受け、それを報復と見たロッテのコーチの金森栄治が西武の細川亨に詰め寄るなど、あわや乱闘騒ぎとなる。神戸は試合後、はしゃぎ過ぎた件について謝罪している。神戸拓光 フレッシュアイペディアより)

  • クイズ!ヘキサゴンII

    クイズ!ヘキサゴンIIから見た涌井秀章涌井秀章

    SPゲスト - 高橋尚成、山崎武司、涌井秀章クイズ!ヘキサゴンII フレッシュアイペディアより)

  • 福田永将

    福田永将から見た涌井秀章涌井秀章

    横浜高校では打撃を買われ1年春からベンチ入り。2学年上の涌井秀章とバッテリーを組み、石川雄洋らとともに甲子園にも出場。レギュラーであったが、まだ1年で経験も浅かったために、試合終盤の大事な場面では交代させられることが多かった。2年春から4番打者を務めた。2006年春の第78回選抜高等学校野球大会では1学年下の高濱卓也、同期の佐藤賢治とクリーンナップを組み、主将として優勝を経験。同年夏は史上初の同校2度目の「春夏連覇」が期待されたが、大阪桐蔭に6-11と大敗し、大会初日に敗退。上記以外に同期には下水流昂、西嶋一記がいた。特に下水流とは小学校から高校まで同じチームでプレーした。福田永将 フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・ボグセビッチ

    ブライアン・ボグセビッチから見た涌井秀章涌井秀章

    初本塁打:2016年4月23日、対千葉ロッテマリーンズ4回戦(QVCマリンフィールド)、7回表に涌井秀章から右越ソロブライアン・ボグセビッチ フレッシュアイペディアより)

  • 河田雄祐

    河田雄祐から見た涌井秀章涌井秀章

    石橋貴明は帝京高校野球部の先輩で現在も交友関係があり、2011年には『とんねるずのみなさんのおかげでした』のオークションのコーナーに自らのサイン入りユニフォームを出品した(涌井秀章・菊池雄星らの出品物と合わせ計170万円で落札された)。また2012年には『夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル』(テレビ朝日系)の「リアル野球BAN」コーナーに「石橋JAPAN」の一員として出演、活躍もしたが、メガネをかけた風貌が妖怪人間ベムに似ているとして石橋にいじられ、番組中「早く人間になりたい」と何度も叫ぶ羽目になった。河田雄祐 フレッシュアイペディアより)

  • 片山博視

    片山博視から見た涌井秀章涌井秀章

    報徳学園高校入学後に硬式野球を始め、1年の秋頃からエースで4番となる。2年時には春のセンバツ、夏の甲子園に連続出場。春は東海大山形高校と、夏は涌井秀章擁する横浜高校と対戦し、いずれも初戦敗退。3年夏は兵庫県大会で自己最多の1試合17奪三振を記録したが5回戦敗退。4番として高校通算36本塁打を記録した打者としての評価も高く、投手・野手両方でドラフト上位指名での入団が可能と言われ、ドラフトに際しては日米合わせて10数球団に注目されていた。片山博視 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋信二

    高橋信二から見た涌井秀章涌井秀章

    2005年3月29日、対西武ライオンズ2回戦(札幌ドーム)、3回裏に涌井秀章から高橋信二 フレッシュアイペディアより)

129件中 41 - 50件表示

「涌井秀章」のニューストピックワード

  • レオナルド・ディカプリオ

  • 新世代ジャズ黄金期の象徴

  • Wild Thoughts ft. Rihanna, Bryson Tiller