129件中 51 - 60件表示
  • 近藤誠也

    近藤誠也から見た涌井秀章涌井秀章

    趣味はプロ野球観戦。涌井秀章(現・千葉ロッテマリーンズ)が在籍していた頃から西武ライオンズのファンであるという。近藤誠也 フレッシュアイペディアより)

  • 下園辰哉

    下園辰哉から見た涌井秀章涌井秀章

    初本塁打:2009年5月22日、対埼玉西武ライオンズ1回戦(西武ドーム)、1回表に涌井秀章から右越先制ソロ下園辰哉 フレッシュアイペディアより)

  • クオリティ・スタート

    クオリティ・スタートから見た涌井秀章涌井秀章

    2007年頃まではNPBの先発投手に関してQSが語られることは殆どなかった。2008年頃からは一部ライターが先発投手を論じる際にQSを出すなどするケースが出てきている。2010年オフの涌井秀章年俸調停についてマスコミはダルビッシュ有と遜色無い勝ち星を残したと同情的だったが、ライターの小川勝はQS率を比較しダルビッシュ84.0(リーグ2位)と優秀な成績に対し、涌井はダルビッシュに大きく劣る59.3(同11位)であり、年俸差が大きいとは言えないという(WHIP等も考査して総合的に判断する)見解を示した。2013年、無敗を記録した田中将大のQS率は100%であった。2012年8月19日の西武戦で5回自責点6で降板して以来、連続QSを記録していた。クオリティ・スタート フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2009年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た涌井秀章涌井秀章

    パ:涌井(西武)、杉内(ソフトバンク)○、金子(オリックス)、シコースキー(ロッテ)- 田上(ソフトバンク)、里崎(ロッテ)2009年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た涌井秀章涌井秀章

    パ:杉内(ソフトバンク)、涌井(西武)、永井(楽天)、平野佳(オリックス)、川岸(楽天)、シコースキー(西武)- 里崎(ロッテ)、嶋(楽天)2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見た涌井秀章涌井秀章

    ''、オリックスとの開幕戦では5安打1失点完投の好投を見せるも、打線が金子千尋に4安打完封と抑えこまれ、敗戦投手となった。その後もなかなか勝ちがつかず、初勝利は4月10日の対オリックス戦であった。4月17日の対ソフトバンク戦で初の完投勝利を挙げると、4月24日の対日本ハム戦ではダルビッシュと投げ合い、完封勝利を挙げる。6月5日の対横浜ベイスターズ戦では三浦大輔から三振を奪い、通算1000奪三振を記録。7月10日の対埼玉西武ライオンズ戦では涌井秀章に投げ勝ち、8月31日の対ロッテ戦では通算100勝を6回無失点の好投で飾った。最終的に防御率2.82の好成績を記録するものの、10勝9敗に終わったが、3年連続2桁勝利を達成。オフには団野村を代理人としてポスティングシステムでのメジャー挑戦を表明。球団はポスティングシステム行使を容認し、オークランド・アスレチックスが交渉権を獲得。スティーブン・ストラスバーグと同水準の4年1525万ドルを提示されたが、岩隈サイドが7年1億2500万ドルを要求したとも言われ、その後の交渉は難航。交渉期限の12月7日午前0時(米国東部時間=日本時間同日午後2時)までの契約合意に至らなかった。その後、入札額についてはアスレチックスが1910万ドル、次いでミネソタ・ツインズが770万ドルの入札をしていたことが明かされ、8日に仙台市内の球団事務所で記者会見し、改めて残留を表明した。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た涌井秀章涌井秀章

    横浜高校では1年生からベンチ入りを果たし、春、第75回選抜に左翼手で出場し準優勝。夏、第86回全国選手権にも出場して14打数10安打と活躍、ベスト8に進出した。高校の同級生に涌井秀章、1年先輩に成瀬善久、荒波翔、2年後輩に福田永将、佐藤賢治、下水流昂がいる。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • ビーグルクルー

    ビーグルクルーから見た涌井秀章涌井秀章

    涌井秀章(プロ野球・千葉ロッテマリーンズ選手。千葉マリンスタジアムでの試合の登場曲に彼らの曲を使用。ファン公募により決定。使用曲「STANDUP」また2016年登場曲にはオリジナル書き下ろしの「The ONE」を使用している)ビーグルクルー フレッシュアイペディアより)

  • 1986年のスポーツ

    1986年のスポーツから見た涌井秀章涌井秀章

    6月21日 - 涌井秀章(千葉県、野球)1986年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川勇也

    長谷川勇也から見た涌井秀章涌井秀章

    クライマックスシリーズでは11打数6安打で打率.545と結果を残した。特に埼玉西武ライオンズとのクライマックスシリーズファイナルステージ第3戦には、10回に涌井秀章から同点タイムリーを打ち、12回には牧田和久からサヨナラタイムリーを打ちチームのCS突破に貢献した。また、マニュライフ生命 特別賞を受賞した。プレーオフ、CSでの1試合4安打は8人目で9度目。ソフトバンクの選手では初。ポストシーズンでは1959年の岡本伊三美以来52年ぶり2人目。長谷川勇也 フレッシュアイペディアより)

129件中 51 - 60件表示

「涌井秀章」のニューストピックワード

  • レオナルド・ディカプリオ

  • 新世代ジャズ黄金期の象徴

  • Wild Thoughts ft. Rihanna, Bryson Tiller