129件中 71 - 80件表示
  • 細川亨

    細川亨から見た涌井秀章涌井秀章

    は前年の守備難もあり、開幕時期こそ高卒新人・炭谷銀仁朗に先発出場を明け渡したが、4月下旬から正捕手を奪い返し、涌井秀章の先発時以外はほぼ先発出場した。8月27日の福岡ソフトバンクホークスとの首位攻防戦では勝ち越しソロ本塁打を放った。炭谷先発マスクで首位陥落した翌日の9月3日の対日本ハム戦で先発出場し、4回裏の第2打席で二死満塁から金村曉の初球を左翼席へ運び自身2度目の満塁本塁打を放って勝利に貢献し、首位を奪回した。9月7日の対千葉ロッテ戦では右臀部に張りのある松坂大輔をリードして7回無失点、打っては先制のスリーランホームランを放ち、フル出場の完封リレー勝利で1位通過マジックを13とした。9月13日の対日本ハム戦でも松坂とのコンビで9回完封勝利。しかし9月16日の対オリックス・バファローズ戦で守備の際に左手首にファウルチップを受け打撲し、9月17日以降欠場、9月20日には出場選手登録を抹消された。この影響でチームは終盤4勝4敗となり、レギュラーシーズンは2位通過に終わった。細川亨 フレッシュアイペディアより)

  • 大野豊 (野球)

    大野豊 (野球)から見た涌井秀章涌井秀章

    のアテネオリンピック、の北京オリンピックにおいては、星野仙一監督の下で野球日本代表の投手コーチを務め、アテネでは銅メダル獲得に貢献したものの、北京ではダルビッシュ有、涌井秀章、川上憲伸、岩瀬仁紀ら、そうそうたる選抜メンバーを擁したが、中継ぎ専門投手を1人も選考せず、代わりに先発投手に中継ぎをやらせるなどした結果、投手陣崩壊を招き、金メダルを期待されながらメダル無しに終わった。大野豊 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 石井一久

    石井一久から見た涌井秀章涌井秀章

    2007年11月22日に埼玉西武ライオンズへの移籍が発表された。背番号は愛着があり、ヤクルト時代つけていた16を涌井秀章が着けていたため、16を反転した61を本人が選択。石井一久 フレッシュアイペディアより)

  • 第86回全国高等学校野球選手権大会

    第86回全国高等学校野球選手権大会から見た涌井秀章涌井秀章

    第8号:涌井秀章(横浜)第86回全国高等学校野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • あぶさん

    あぶさんから見た涌井秀章涌井秀章

    後年の選手で比較的登場の多い選手(ダイエー、ソフトバンクを除く)のうち、野手では、西武、巨人やオリックスに在籍した清原和博(どのチームの時代にも満遍なく登場)、オリックスのイチロー(マリナーズ移籍後にも登場経験あり)・高橋智、西武・ダイエーなどの石毛宏典(後にオリックス監督)らがいる。投手では日本ハム・西武の西崎幸広、近鉄・巨人などの阿波野秀幸、西武時代の渡辺久信、近鉄時代の野茂英雄なども何度か登場しており、他に伊良部秀輝(当時ロッテ。阪神時代にも登場あり)らも比較的よく登場していた。近年の投手では、松坂大輔や涌井秀章(共に西武)、渡辺俊介(ロッテ)などが印象的な形で登場する。あぶさん フレッシュアイペディアより)

  • 香田誉士史

    香田誉士史から見た涌井秀章涌井秀章

    林裕也(2004年夏の甲子園で涌井秀章からサイクルヒット。2005年度の主将で二塁手。東芝硬式野球部所属、東都大学春季リーグ戦首位打者)香田誉士史 フレッシュアイペディアより)

  • 杉谷拳士

    杉谷拳士から見た涌井秀章涌井秀章

    初安打:2011年7月2日、対埼玉西武ライオンズ7回戦(西武ドーム)、1回表に涌井秀章から左前安打杉谷拳士 フレッシュアイペディアより)

  • 時刻表

    時刻表から見た涌井秀章涌井秀章

    また、埼玉西武ライオンズを保有していることから、西武ドームでの野球開催時臨時ダイヤも掲載されている。第20号では野球ダイヤページがカラー化され2007年時点での主力選手の選手紹介(中島、片岡、西口、和田、帆足、小野寺、赤田、中村、涌井)も掲載されていたが第21号では選手紹介の類は省略され時刻表部分も2色刷の時刻表になっている。かつては試合終了時間に合わせて臨時列車を運行していたため「行き」のみ掲載であったが近年は試合終了時間にかかわらず同一のダイヤで運行されるようになり、「帰り」のダイヤも掲載されている。なお、かつては西武園競輪への競輪ダイヤのページもあったが21号より西武園線および国分寺線ページの本文中に記載されている。時刻表 フレッシュアイペディアより)

  • 由規

    由規から見た涌井秀章涌井秀章

    球威のあるストレートを武器にしており被本塁打が少なく奪三振が多い。反面四球や暴投が多く制球力を課題にしている。2009年から移籍してきた相川亮二からも球威を認められる反面、与四球の多い制球の不安定さを危惧されていた。(高校時代から)そこでその年の交流戦を終えた頃に、他球団のエース級投手の映像もチェックしてみるよう勧められた事がある。それまで自分の投球映像を、ただ確認していただけの由規には涌井秀章の頭のブレの少なさから目線を崩さない力感の少ないフォームと、力いっぱい速い球を投げようとして頭や目線が大きく動く自分のフォームとの違いを認識できたのは新鮮な試みであった。また相川にも一緒に観てもらった事で、映像を注意深く観察する大事さを教えられている。由規 フレッシュアイペディアより)

  • 大石達也 (野球)

    大石達也 (野球)から見た涌井秀章涌井秀章

    涌井秀章の先発復帰もあって抑えに回るも序盤から不安定な投球が続き、代わって広島から移籍したデニス・サファテが抑えに定着、以降は主に敗戦処理での登板が主となった。シーズン終盤では再び抑えを務めるが不調が続き、涌井にその座を譲る事となった。また、8月22日のロッテ戦では、3回裏に井口資仁、鈴木大地に1イニング2本の満塁本塁打を浴びている(史上4人目。ただし、1本目は登板前に小石博孝が満塁にしていた走者を帰したものであるため、失点・自責点ともに5)。大石達也 (野球) フレッシュアイペディアより)

129件中 71 - 80件表示

「涌井秀章」のニューストピックワード

  • レオナルド・ディカプリオ

  • 新世代ジャズ黄金期の象徴

  • Wild Thoughts ft. Rihanna, Bryson Tiller