129件中 81 - 90件表示
  • 大田泰示

    大田泰示から見た涌井秀章涌井秀章

    は怪我の影響で開幕に出遅れたが、4月23日に一軍に昇格。4月29日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦で美馬学から移籍後初の本塁打、5月3日の千葉ロッテマリーンズ戦では、益田直也からプロ初のサヨナラタイムリーを放った。5月12日の千葉ロッテマリーンズ戦では、涌井秀章から移籍後初の1試合2本塁打を記録。年間を通して左翼・中堅のレギュラーとして起用され、10月3日の対オリックス・バファローズ戦でプロ入り9年目にして初の規定打席に到達した。大田泰示 フレッシュアイペディアより)

  • 前田大輔

    前田大輔から見た涌井秀章涌井秀章

    4月23日の西武戦では、涌井秀章からプロ入り初となる満塁ホームランを放ち、守っては金子千尋を完封勝利に導く好リードで共にお立ち台に上がる活躍を見せた。また、この他に8月28日の日本ハム戦では、ダルビッシュ有相手に中山慎也をリードして7回無失点に抑え、自身もダルビッシュから適時打を放ち、中山の2年ぶりの勝利に貢献した。前田大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 中郷大樹

    中郷大樹から見た涌井秀章涌井秀章

    1月7日、フリーエージェントでロッテに移籍した涌井秀章の人的補償として埼玉西武ライオンズへの移籍が球団ホームページで発表され、背番号は39に決まった。中郷大樹 フレッシュアイペディアより)

  • 武隈祥太

    武隈祥太から見た涌井秀章涌井秀章

    ''、シーズン序盤は敗戦処理・ロングリリーフとして登板していたが成績を残せず、一軍と二軍を行ったり来たりだった。涌井秀章の抑え転向、平野将光の不調などにより先発投手が手薄になり、7月12日のソフトバンク戦にプロ2回目の先発をする。8回1アウトの場面で長谷川勇也にヒットを打たれるまでノーヒットピッチングを展開し、通算2勝目・先発登板初勝利を挙げた。9月19日に手術を受けた。武隈祥太 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾俊建

    横尾俊建から見た涌井秀章涌井秀章

    初打席:同上、7回表に涌井秀章から二塁ゴロ横尾俊建 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東勤

    伊東勤から見た涌井秀章涌井秀章

    西武の監督時代には多くの若手選手を積極的に起用した。投手では、涌井秀章、帆足和幸など。野手では、中島裕之、中村剛也、栗山巧、片岡易之など。采配面では、不動の4番アレックス・カブレラを中心としたバランスの取れた打線を組んだ。上位打線が足で攻め、中島、カブレラ、和田一浩のクリーンナップが返す野球を展開した。また、下位打線は日替わりで起用することが多かった(例えば、江藤智、ジェフリー・リーファー、中村剛也など)。伊東勤 フレッシュアイペディアより)

  • 中川大志 (野球)

    中川大志 (野球)から見た涌井秀章涌井秀章

    初打点:2010年9月23日、対埼玉西武ライオンズ22回戦(西武ドーム)、3回表に涌井秀章から左前2点適時打中川大志 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 押切 もえ

    押切もえから見た涌井秀章涌井秀章

    2016年8月、年内で『AneCan』の専属モデルを卒業することを発表。11月1日、プロ野球選手の涌井秀章と結婚。12月7日(日本時間8日)、ハワイで挙式した。押切もえ フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見た涌井秀章涌井秀章

    ''、それまでの中日のエースであった川上憲伸がMLB・アトランタ・ブレーブスに移籍した直後のシーズンとなった。前年の実績を糧に先発ローテーションを勝ち取り、4月4日の対横浜戦でシーズン初先発を95球完封勝利で飾った。順調に勝ち星を伸ばし、前半戦最後の登板となった7月18日の対横浜戦で、シーズン10勝目を早くもシーズン4度目の完封勝利にて達成し、自身初の2年連続二桁勝利を決めた。オールスターゲームにも監督推薦で選出され、第二戦に藤川球児(阪神タイガース)の後を継ぎ登板したが、敗戦投手となった。後半戦も更に勝ち星を伸ばし、10月3日の対横浜戦で16勝目を挙げ、最終的に館山昌平(ヤクルト)と共に16勝で最多勝利のタイトルを獲得した。防御率も1.996(同僚のチェンに次ぐリーグ2位)と、自身初の防御率1点台を記録した(記録上は四捨五入されるので2.00)。また、シーズン通算4完封はチェン、涌井秀章(埼玉西武ライオンズ)と並び両リーグ最多、無四球試合3試合は両リーグ通じて単独最多と、年間を通じて安定した投球を披露し、川上憲伸の抜けた穴を埋める活躍をした。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤隼太

    伊藤隼太から見た涌井秀章涌井秀章

    2月26日に京セラドーム大阪で開かれたWBC日本代表との強化試合に、阪神の9番・左翼手として先発出場。5回裏の第2打席では、涌井秀章から決勝点となる先制の適時打を放った。しかし、6回表の守備で坂本勇人の打球を追って前進した際に、遊撃を守っていた上本博紀と交錯。伊藤は打球を捕球したものの、左顎部を打撲した。軽症であったため離脱はしなかった。伊藤隼太 フレッシュアイペディアより)

129件中 81 - 90件表示

「涌井秀章」のニューストピックワード

  • レオナルド・ディカプリオ

  • 新世代ジャズ黄金期の象徴

  • Wild Thoughts ft. Rihanna, Bryson Tiller