前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
137件中 1 - 10件表示
  • 涌井秀章

    涌井秀章から見たダルビッシュ有ダルビッシュ 有

    国体秋季大会では、初戦の駒大苫小牧戦で14三振を奪って完投勝利を収め、決勝ではダルビッシュ有(現・テキサス・レンジャーズ)の東北高校を下し優勝している。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た渡辺久信

    クライマックスシリーズでは1、5戦に先発、計15回を投げ1失点、2勝を挙げた。第5戦は7回二死まで走者を許さず、最終的には3安打無四球完封勝利で胴上げ投手となり、シリーズのMVPに輝く。当初はシーズン後半不調であった涌井を1戦目に起用することには賛否両論あったが、「大舞台に強い」という理由で監督の渡辺久信が登板を決断し、見事期待に応える形となった。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た成瀬善久

    入学時から松坂大輔二世と呼ばれていた。高校2年春に第75回選抜高等学校野球大会に1学年上のエース成瀬善久(現・千葉ロッテマリーンズ)らと共に出場。準決勝までは成瀬のリリーフとして登板。決勝戦では先発したが、広陵高の打線につかまり3-15と大敗した。第85回全国高等学校野球選手権大会神奈川県予選では決勝進出を果たしたが、エース給前信吾、同学年の田澤純一(現・ボストン・レッドソックス)を擁する横浜商大高校に敗れ春夏連続出場を逃した。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た江夏豊

    球持ちが良くバランスのとれたフォームからキレのよい速球と多彩な変化球を投げる本格派右腕。豊富な走り込み量により足腰が強靭で、9回でも140km/hを越える球速を計時するスタミナを備える。江夏豊は「フォームのバランスの良さでは涌井は今の日本球界において3指に入るだろう。他の投手と比べても、打者寄りでボールを離しているように見える。(中略)下半身の粘りがなければあれだけ長くボールを持った投球というのは難しいものだ」と述べている。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た石井一久

    この年もオフに球団から背番号18を打診され、悩みぬいた末に背番号を変更を決意。それまでの背番号16は石井一久に受け継がれた。これは2009年を最後に石井が引退するという噂があり「最後にカズさんに16をつけて欲しかった」と週刊現代のインタビューで語っている。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た松坂大輔

    入学時から松坂大輔二世と呼ばれていた。高校2年春に第75回選抜高等学校野球大会に1学年上のエース成瀬善久(現・千葉ロッテマリーンズ)らと共に出場。準決勝までは成瀬のリリーフとして登板。決勝戦では先発したが、広陵高の打線につかまり3-15と大敗した。第85回全国高等学校野球選手権大会神奈川県予選では決勝進出を果たしたが、エース給前信吾、同学年の田澤純一(現・ボストン・レッドソックス)を擁する横浜商大高校に敗れ春夏連続出場を逃した。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た炭谷銀仁朗

    先発ローテーションに定着し、高卒ルーキーの炭谷銀仁朗と共に10代でバッテリーを組み「10代バッテリー」としてマスコミで話題となった。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た潮崎哲也

    契約更改の際、球団側から背番号18への変更を打診されるも固辞。「投手のタイトルを全て獲るくらいでないと変えられない」という背番号18の重さと「西武になってから16番を付けたのは3人(松沼雅之・潮崎哲也・涌井)だけ」と西武投手陣の一角を担った背番号16の先輩に対する敬意を理由に挙げている。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た小田智之

    初奪三振:同上、1回裏に小田智之から涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た福田永将

    3年夏には第86回全国高等学校野球選手権大会に同期の石川雄洋(現・横浜DeNAベイスターズ)や2年後輩の福田永将(現・中日ドラゴンズ)らと出場。1回戦の報徳学園戦では片山博視(現・東北楽天ゴールデンイーグルス)から本塁打を放つなど打撃でも勝利に貢献し、2回戦の京都外大西戦は、延長戦にもつれ込んだが幾度と訪れた大ピンチの場面も我慢のピッチングで乗り切り完封勝利。肉体的にも精神的にもスタミナのある面を披露。3回戦の明徳義塾戦は中田亮二(現・中日ドラゴンズ)に本塁打を浴びるなど序盤に失点するも後半粘りのピッチングを披露し逆転勝利、この試合では現チームメイトの松下建太に投げ勝つ。準々決勝の駒大苫小牧戦は林裕也(現・東芝硬式野球部)にサイクルヒットを浴びるなどして完敗した。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
137件中 1 - 10件表示

「涌井秀章」のニューストピックワード