161件中 91 - 100件表示
  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た宮城球場

    初完投勝利・初完封勝利:2006年4月23日、対東北楽天ゴールデンイーグルス5回戦(フルキャストスタジアム宮城涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た横浜DeNAベイスターズ

    は、先発ローテーションに定着し、高卒ルーキーの炭谷銀仁朗と共に10代でバッテリーを組み「10代バッテリー」としてマスコミの間で話題となった。3月26日のオリックス戦にて炭谷とのコンビで勝利投手となり、また4月23日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦では同じく炭谷とのバッテリーで自身初の完投および完封勝利を記録した。10代バッテリーでの勝利は、横浜大洋ホエールズの石井忠徳と谷繁元信以来17年ぶりだった。6月はリーグ1位の防御率、3勝1敗で初の月間MVPを受賞。監督推薦でオールスターゲーム初出場。8月19日の対福岡ソフトバンクホークス戦で、「西武ライオンズ発足以来パ・リーグ公式戦通算2000勝目」の勝利投手となった。これは当初西武球団広報や通信社の記者にも気付かれておらず、インターネットのBBSに投稿されたファンの情報によって初めて明らかになったことが文化放送ライオンズナイターの中川充四郎公式サイトで公表された。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た文化放送ライオンズナイター

    は、先発ローテーションに定着し、高卒ルーキーの炭谷銀仁朗と共に10代でバッテリーを組み「10代バッテリー」としてマスコミの間で話題となった。3月26日のオリックス戦にて炭谷とのコンビで勝利投手となり、また4月23日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦では同じく炭谷とのバッテリーで自身初の完投および完封勝利を記録した。10代バッテリーでの勝利は、横浜大洋ホエールズの石井忠徳と谷繁元信以来17年ぶりだった。6月はリーグ1位の防御率、3勝1敗で初の月間MVPを受賞。監督推薦でオールスターゲーム初出場。8月19日の対福岡ソフトバンクホークス戦で、「西武ライオンズ発足以来パ・リーグ公式戦通算2000勝目」の勝利投手となった。これは当初西武球団広報や通信社の記者にも気付かれておらず、インターネットのBBSに投稿されたファンの情報によって初めて明らかになったことが文化放送ライオンズナイターの中川充四郎公式サイトで公表された。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た西武ドーム

    1000投球回:2010年8月28日、対東北楽天ゴールデンイーグルス17回戦(西武ドーム)、1回表1死目に聖澤諒から三塁ゴロ ※史上322人目(ダルビッシュ有と同日達成)涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た神戸総合運動公園野球場

    3月27日のシーズン開幕戦に先発し、6回無失点で勝利投手となる。4月4日の楽天戦ではともに2年ぶり、ロッテ移籍後初となる完投勝利、無四死球完投を記録した。その後も順調に勝ち星を重ねていき、8月14日のオリックス・バファローズ戦(ほっともっとフィールド神戸)で7回2失点の好投で2010年以来5年ぶりの2桁勝利を挙げた。シーズン最終戦となった10月6日の楽天戦では自ら志願して登板し、延長10回・137球を投げて勝利投手となり、大谷翔平とともに西武時代の2009年以来、6年ぶり自身3度目、ロッテ移籍後初の最多勝を獲得した。また、自身にとって5年ぶり3回目のゴールデングラブ賞も獲得した。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    開幕前の3月に開催された第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表に選出された。同大会では3試合に登板し防御率2.70を記録した。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た最多勝利

    は、デビュー時の速球中心の投球から打たせて取る投球にモデルチェンジしたことで勝ち星を積み重ねた。4月3日の対ソフトバンク戦の5回表には、プロ野球史上12人目となる1イニング4奪三振を達成。最終的に17勝を挙げて最多勝のタイトルを獲得し、両リーグ最多の213投球回と199被安打を記録。完投数11はリーグ2位だった。12月の北京五輪出場をかけたアジア予選決勝リーグの日本代表メンバーに、ダルビッシュ有と並び最年少で選出され、初戦の先発を任され、フィリピンを相手に6回1安打無失点の好投を見せた。この試合の先発を告げるため監督の星野仙一の部屋に呼ばれた際、涌井本人はてっきり代表落選の知らせだと思いこみ「行きたくありません」と駄々をこねたという。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見たソフトボール

    松戸市立寒風台小学校時代はソフトボールをしており(寒風台ソフトボールチームに所属)、野球は松戸市立第六中学校に進学後のシニアリーグ(松戸シニア)で始めた。その後横浜高等学校に進学。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見たフォークボール

    変化球は縦横のスライダー、120km/h前後のカーブ、100km/h前後のスローカーブ、フォーク、チェンジアップ、シュートを投げ、「どの球種でもストライクが取れ、勝負できるため、バッターからは絞り辛い」と言われる反面「空振りを取れる決め球がないため、一試合の球数が増える傾向にある」とも指摘されており、実際に奪三振率は2016年までの通算で6.56、キャリアハイ(2009年)でも8.46と高くはない。2010年は前年に被打率.115を記録していたフォークが変化しなくなったことに苦しみ、渡辺久信は「2007年まで決め球だったフォークの復活が今後の課題」と述べた。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た第75回選抜高等学校野球大会

    入学時から松坂大輔二世と呼ばれていた。高校2年春に第75回選抜高等学校野球大会に1学年上のエース成瀬善久らと共に出場。準決勝までは成瀬のリリーフとして登板。決勝戦では先発したが、広陵高の打線につかまり3-15と大敗した。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

161件中 91 - 100件表示

「涌井秀章」のニューストピックワード