161件中 111 - 120件表示
  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た第86回全国高等学校野球選手権大会

    3年夏には第86回全国高等学校野球選手権大会1回戦の報徳学園戦では完投勝利。打撃でも本塁打を含む2安打を記録した。2回戦の京都外大西戦では延長戦にもつれ込んだが完封勝利した。3回戦の明徳義塾戦は5点を失うも完投勝利(自責点4)。準々決勝の駒大苫小牧戦では7回6失点(自責点5)を喫しチームも1-6で敗れた。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た2013 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    オフの11月6日に「侍ジャパンマッチ2012「日本代表 VS キューバ代表」」の日本代表に選出された。12月4日に第3回WBCの日本代表候補選手34人に選出された。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た広陵高等学校 (広島県)

    入学時から松坂大輔二世と呼ばれていた。高校2年春に第75回選抜高等学校野球大会に1学年上のエース成瀬善久らと共に出場。準決勝までは成瀬のリリーフとして登板。決勝戦では先発したが、広陵高の打線につかまり3-15と大敗した。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た鳩サブレー

    幼少時は偏食だったが現在は野菜中心の食生活を心がける。キャンプ中に鳩サブレーばかり食べていたことを帆足から暴露された。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見たフィリピン

    は、デビュー時の速球中心の投球から打たせて取る投球にモデルチェンジしたことで勝ち星を積み重ねた。4月3日の対ソフトバンク戦の5回表には、プロ野球史上12人目となる1イニング4奪三振を達成。最終的に17勝を挙げて最多勝のタイトルを獲得し、両リーグ最多の213投球回と199被安打を記録。完投数11はリーグ2位だった。12月の北京五輪出場をかけたアジア予選決勝リーグの日本代表メンバーに、ダルビッシュ有と並び最年少で選出され、初戦の先発を任され、フィリピンを相手に6回1安打無失点の好投を見せた。この試合の先発を告げるため監督の星野仙一の部屋に呼ばれた際、涌井本人はてっきり代表落選の知らせだと思いこみ「行きたくありません」と駄々をこねたという。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見たチェンジアップ

    変化球は縦横のスライダー、120km/h前後のカーブ、100km/h前後のスローカーブ、フォーク、チェンジアップ、シュートを投げ、「どの球種でもストライクが取れ、勝負できるため、バッターからは絞り辛い」と言われる反面「空振りを取れる決め球がないため、一試合の球数が増える傾向にある」とも指摘されており、実際に奪三振率は2016年までの通算で6.56、キャリアハイ(2009年)でも8.46と高くはない。2010年は前年に被打率.115を記録していたフォークが変化しなくなったことに苦しみ、渡辺久信は「2007年まで決め球だったフォークの復活が今後の課題」と述べた。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見たブルペン

    8月には北京オリンピック野球日本代表に選出され、台湾戦と中国戦の先発を任されて2勝を挙げた。韓国戦の中継ぎとしても登板し、この大会の日本代表投手の中で最多イニング登板となった。なお韓国戦で涌井がリリーフ登板した場面は、当初の順番ではダルビッシュが中継ぎとして登板する予定で、涌井は一度肩をつくっていたが休んでいた。急遽予定が変更されたがブルペンの電話が故障していてベンチの指令が伝わらず、涌井は準備不足の状態でマウンドにあがることになったと後に大野豊が明かした。帰国後は国際球とNPB球との違いに苦しむなど与四死球率は前年の2.45から3.07と悪化。3年連続となる2ケタ勝利を達成したものの11敗と負け越してしまうが、チームはリーグ優勝を飾った。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た2008年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    クライマックスシリーズでは第1戦と第5戦に先発、計15回を投げ1失点、2勝を挙げた。第5戦は7回二死まで走者を許さず、最終的には3安打無四球完封勝利で胴上げ投手となり、シリーズのMVPに輝く。当初はシーズン後半不調であった涌井を1戦目に起用することには賛否両論あったが、「大舞台に強い」という理由で監督の渡辺久信が登板を決断し、見事期待に応える形となった。読売ジャイアンツとの日本シリーズでは第1戦と第5戦に先発、第1戦では8回を投げ1安打1失点に抑え相手の先発の上原浩治に投げ勝ち、チームに勝利を呼び込んだ。第5戦も上原との投げあいになるが、上原は3回2失点で降板し、自身は6回まで1失点に抑えるも7回に突如乱れ4失点しこの回途中で降板し、チームも敗れ日本一に王手をかけられる。しかし、第7戦に5回から中継ぎで登板すると2イニングをパーフェクトに抑え、第5戦のリベンジに成功する。8回にチームが逆転しそのまま日本一を達成。この試合で西武は先発西口文也以外の投手は自身も含めて1人の走者も出さなかった。アジアシリーズでは決勝の統一ライオンズ戦に先発し6回2/3を無失点に抑え優勝に貢献した。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見たポストシーズン

    は、3月20日の対オリックス戦にて初の開幕投手を務めた。シーズン序盤は防御率1点台と比較的好調でチームは勝利していたが自身は勝利に恵まれず、開幕から4試合目の4月10日のロッテ戦まで勝ちがつかなかった。この試合で決勝打を打った細川亨は「今日は涌井のためだけに打った」とそれまで中々勝ちがつかなかった涌井を労った。前年に最多勝を獲得したが、技巧的なピッチングが「若々しくない」と評されることがあり球速を上げるため春から調整法を変えていた。夏場までに球速アップを達成するのがめどであったが、効果が表れたのはポストシーズン以降であり、中盤以降はやや低調な成績が続いた。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た奪三振率

    変化球は縦横のスライダー、120km/h前後のカーブ、100km/h前後のスローカーブ、フォーク、チェンジアップ、シュートを投げ、「どの球種でもストライクが取れ、勝負できるため、バッターからは絞り辛い」と言われる反面「空振りを取れる決め球がないため、一試合の球数が増える傾向にある」とも指摘されており、実際に奪三振率は2016年までの通算で6.56、キャリアハイ(2009年)でも8.46と高くはない。2010年は前年に被打率.115を記録していたフォークが変化しなくなったことに苦しみ、渡辺久信は「2007年まで決め球だったフォークの復活が今後の課題」と述べた。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

161件中 111 - 120件表示

「涌井秀章」のニューストピックワード