161件中 21 - 30件表示
  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た斉藤彰吾

    1500投球回:2014年9月9日、対埼玉西武ライオンズ22回戦(QVCマリンフィールド)、2回表2死目に斉藤彰吾から空振り三振 ※史上168人目涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た城島健司

    相方の銀仁朗の21歳で開幕を迎えたシーズンの受賞は1999年22歳で開幕を迎えたシーズンに受賞の城島健司をしのぎ捕手として最年少記録。自身は22歳で開幕を迎えバッテリー平均年齢21.5歳も1995年19歳で開幕を迎えた平井正史及び26歳で開幕を迎えた中嶋聡の平均年齢22.5歳をしのぎ最年少記録。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た福留孝介

    この年のオフには怪我で辞退した福留孝介に替わり日米野球に選出。1イニングの登板ながら好投を見せ、ジャーメイン・ダイからは「いずれメジャーで通用する素晴らしい投手だった」とコメントされた。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た西口文也

    クライマックスシリーズでは第1戦と第5戦に先発、計15回を投げ1失点、2勝を挙げた。第5戦は7回二死まで走者を許さず、最終的には3安打無四球完封勝利で胴上げ投手となり、シリーズのMVPに輝く。当初はシーズン後半不調であった涌井を1戦目に起用することには賛否両論あったが、「大舞台に強い」という理由で監督の渡辺久信が登板を決断し、見事期待に応える形となった。読売ジャイアンツとの日本シリーズでは第1戦と第5戦に先発、第1戦では8回を投げ1安打1失点に抑え相手の先発の上原浩治に投げ勝ち、チームに勝利を呼び込んだ。第5戦も上原との投げあいになるが、上原は3回2失点で降板し、自身は6回まで1失点に抑えるも7回に突如乱れ4失点しこの回途中で降板し、チームも敗れ日本一に王手をかけられる。しかし、第7戦に5回から中継ぎで登板すると2イニングをパーフェクトに抑え、第5戦のリベンジに成功する。8回にチームが逆転しそのまま日本一を達成。この試合で西武は先発西口文也以外の投手は自身も含めて1人の走者も出さなかった。アジアシリーズでは決勝の統一ライオンズ戦に先発し6回2/3を無失点に抑え優勝に貢献した。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た高橋信二

    は、背番号16を与えられて入団時より大いに期待され、プロ入り1年目から開幕一軍入りを果たす。3月29日の北海道日本ハムファイターズ戦でプロ初登板初先発を果たしたが、高橋信二に満塁本塁打を打たれるなど、2回1/3を7失点とKOされてしまった。6月18日、交流戦最終戦の対ヤクルトスワローズ戦でプロ初勝利。しかしプロの壁にぶつかり1年目の勝ち星はこの1勝のみに終わる。同年、ファームの優秀選手賞を受賞した。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た落合博満

    落合博満は涌井の印象を「ポーカーフェイスでマウンドに立ち、1人で投げきった。ストライクをボールと判定されても顔には出さず、自分の中にしまい込んでいた。最近は喜怒哀楽を表に出す選手が多い。その中で、まだこういう選手がいたのかと、ちょっと嬉しかった」と書いている。プレー中だけでなく写真撮影で笑顔になることも苦手で、雑誌の取材は苦労するという。しかしとても涙もろい一面があり、石井貴の引退試合、赤田将吾のトレード発表の際には、人目もはばからず号泣する姿が報道された。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た上原浩治

    クライマックスシリーズでは第1戦と第5戦に先発、計15回を投げ1失点、2勝を挙げた。第5戦は7回二死まで走者を許さず、最終的には3安打無四球完封勝利で胴上げ投手となり、シリーズのMVPに輝く。当初はシーズン後半不調であった涌井を1戦目に起用することには賛否両論あったが、「大舞台に強い」という理由で監督の渡辺久信が登板を決断し、見事期待に応える形となった。読売ジャイアンツとの日本シリーズでは第1戦と第5戦に先発、第1戦では8回を投げ1安打1失点に抑え相手の先発の上原浩治に投げ勝ち、チームに勝利を呼び込んだ。第5戦も上原との投げあいになるが、上原は3回2失点で降板し、自身は6回まで1失点に抑えるも7回に突如乱れ4失点しこの回途中で降板し、チームも敗れ日本一に王手をかけられる。しかし、第7戦に5回から中継ぎで登板すると2イニングをパーフェクトに抑え、第5戦のリベンジに成功する。8回にチームが逆転しそのまま日本一を達成。この試合で西武は先発西口文也以外の投手は自身も含めて1人の走者も出さなかった。アジアシリーズでは決勝の統一ライオンズ戦に先発し6回2/3を無失点に抑え優勝に貢献した。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た川上憲伸

    初安打:2006年5月23日、対中日ドラゴンズ1回戦(ナゴヤドーム)、4回表に川上憲伸から投手内野安打涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た江夏豊

    球持ちが良くバランスの取れたフォームからキレのよい速球と多彩な変化球を投げる本格派右腕。豊富な走り込み量によって培われた強靭な足腰を持ち、9回でも140km/hを越える球速を計測するスタミナを備える。江夏豊は「フォームのバランスの良さでは涌井は今の日本球界において3指に入るだろう。他の投手と比べても、打者寄りでボールを離しているように見える。(中略)下半身の粘りがなければあれだけ長くボールを持った投球というのは難しいものだ」と述べている。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た石井貴

    落合博満は涌井の印象を「ポーカーフェイスでマウンドに立ち、1人で投げきった。ストライクをボールと判定されても顔には出さず、自分の中にしまい込んでいた。最近は喜怒哀楽を表に出す選手が多い。その中で、まだこういう選手がいたのかと、ちょっと嬉しかった」と書いている。プレー中だけでなく写真撮影で笑顔になることも苦手で、雑誌の取材は苦労するという。しかしとても涙もろい一面があり、石井貴の引退試合、赤田将吾のトレード発表の際には、人目もはばからず号泣する姿が報道された。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

161件中 21 - 30件表示

「涌井秀章」のニューストピックワード