137件中 31 - 40件表示
  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た東北楽天ゴールデンイーグルス

    3年夏には第86回全国高等学校野球選手権大会に同期の石川雄洋(現・横浜DeNAベイスターズ)や2年後輩の福田永将(現・中日ドラゴンズ)らと出場。1回戦の報徳学園戦では片山博視(現・東北楽天ゴールデンイーグルス)から本塁打を放つなど打撃でも勝利に貢献し、2回戦の京都外大西戦は、延長戦にもつれ込んだが幾度と訪れた大ピンチの場面も我慢のピッチングで乗り切り完封勝利。肉体的にも精神的にもスタミナのある面を披露。3回戦の明徳義塾戦は中田亮二(現・中日ドラゴンズ)に本塁打を浴びるなど序盤に失点するも後半粘りのピッチングを披露し逆転勝利、この試合では現チームメイトの松下建太に投げ勝つ。準々決勝の駒大苫小牧戦は林裕也(現・東芝硬式野球部)にサイクルヒットを浴びるなどして完敗した。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た千葉ロッテマリーンズ

    入学時から松坂大輔二世と呼ばれていた。高校2年春に第75回選抜高等学校野球大会に1学年上のエース成瀬善久(現・千葉ロッテマリーンズ)らと共に出場。準決勝までは成瀬のリリーフとして登板。決勝戦では先発したが、広陵高の打線につかまり3-15と大敗した。第85回全国高等学校野球選手権大会神奈川県予選では決勝進出を果たしたが、エース給前信吾、同学年の田澤純一(現・ボストン・レッドソックス)を擁する横浜商大高校に敗れ春夏連続出場を逃した。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た中日ドラゴンズ

    3年夏には第86回全国高等学校野球選手権大会に同期の石川雄洋(現・横浜DeNAベイスターズ)や2年後輩の福田永将(現・中日ドラゴンズ)らと出場。1回戦の報徳学園戦では片山博視(現・東北楽天ゴールデンイーグルス)から本塁打を放つなど打撃でも勝利に貢献し、2回戦の京都外大西戦は、延長戦にもつれ込んだが幾度と訪れた大ピンチの場面も我慢のピッチングで乗り切り完封勝利。肉体的にも精神的にもスタミナのある面を披露。3回戦の明徳義塾戦は中田亮二(現・中日ドラゴンズ)に本塁打を浴びるなど序盤に失点するも後半粘りのピッチングを披露し逆転勝利、この試合では現チームメイトの松下建太に投げ勝つ。準々決勝の駒大苫小牧戦は林裕也(現・東芝硬式野球部)にサイクルヒットを浴びるなどして完敗した。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た埼玉西武ライオンズ

    涌井 秀章(わくい ひであき、1986年6月21日 - )は、埼玉西武ライオンズに所属するプロ野球選手(投手)。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た横浜中学校・高等学校

    小学生時代はソフトボールをしており(寒風台ソフトボールチームに所属)、野球は中学生になってからシニアリーグ(松戸シニア)で始めた。その後横浜高に進学。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た福岡ソフトバンクホークス

    8月19日の対ソフトバンク戦で、「西武ライオンズ発足以来パ・リーグ公式戦通算2000勝目」の勝利投手となった。これは当初西武球団広報や通信社の記者にも気付かれておらず、インターネットのBBSに投稿されたファンの情報によって初めて明らかになったことが文化放送ライオンズナイターの中川充四郎公式サイトで公表された。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見たオリックス・バファローズ

    3月26日のオリックス戦にて炭谷とのコンビで勝利投手となり、また4月23日の東北楽天戦では同じく炭谷とのバッテリーで自身初の完投および完封勝利を記録した。10代バッテリーでの勝利は、横浜大洋ホエールズの石井忠徳-谷繁元信以来17年ぶりだった。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た東京ヤクルトスワローズ

    背番号16を与えられて入団時より大いに期待され、プロ入り1年目から開幕一軍入りを果たす。6月18日、交流戦最終戦のヤクルト戦でプロ初勝利。同年、ファームの優秀選手を受賞。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た北海道日本ハムファイターズ

    初登板・初先発:2005年3月29日、対北海道日本ハムファイターズ2回戦(札幌ドーム)、2回1/3を7失点で敗戦投手涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見たエンリケ・ゴンザレス

    5年連続5度目の開幕投手を務めたが、開幕から3連敗を喫して4月16日に登録抹消となった。その後、抑えを務めていたエンリケ・ゴンザレスの不調により、プロ入り初の抑えで起用され5月4日に復帰、同日の対ロッテ戦(西武ドーム)で1点リードされた9回に登板して打者3人を3者凡退に抑えた、5月13日の対日本ハム戦で1イニングを打者5人、1安打1四球ながら無失点に抑えてプロ入り初セーブをあげた。しかし、5月18日発売の写真週刊誌「フライデー」において女性問題が発覚。22日に球団はこれを理由として、涌井を無期限登録抹消とする事を発表した。6月22日に一軍復帰。シーズン終了まで、抑え投手として出場し、リーグ2位の30セーブを挙げた。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

137件中 31 - 40件表示