137件中 51 - 60件表示
  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た本間満

    1イニング4奪三振:2007年4月3日、対福岡ソフトバンクホークス1回戦(グッドウィルドーム)、6回表に山崎勝己・本間満(振り逃げ)・城所龍磨・多村仁から ※史上12人目(13度目)涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た大迫幸一

    毎年、独自練習のメニューを作成している大迫幸一は「フィジカル面で彼(涌井)の陰の努力は半端ではない」と舌を巻く。特に走り込み量の多さは球界有数で、下半身が大きくなり、オフに買ったジーンズの膝が座ったと同時に破けたこともある。潮崎哲也も「野球に対する取り組みは真剣で真面目、自分の置かれている立場を理解して、周りにも良い影響を与えている」と高く評価している。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見たジャーメイン・ダイ

    オフには怪我で辞退した福留孝介に替わり日米野球に選出。1イニングの登板ながら好投を見せ、ジャーメイン・ダイからは「いずれメジャーで通用する素晴らしい投手だった」とコメントされた。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た帆足和幸

    漫画やゲームが大好きで、帆足和幸と「ONE PIECE会」を結成したり、チームで流行している「ボンバーマン」は一番の腕前で、炭谷銀仁朗は「涌井さんが一番強いんで、みんなチームを組みたがるんです」と語っている。銀仁朗とゲームで親交を深めた結果、最優秀バッテリー賞を受賞した。苦手な取材も、終わると笑顔になるという。試合中と普段のギャップの激しさから、文化放送ライオンズナイターでは「ピッチングは大人、言動は子供」と評され、潮崎からも「まだまだ、おこちゃまなところがある」と言われる。チームメートは涌井を「不思議ちゃん」と評し、雑誌では「ツンデレ系」とも評された。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た開幕投手

    3月20日の対オリックス戦にて初の開幕投手を務めた。シーズン序盤は防御率1点台と比較的好調でチームは勝利していたが自身は勝利に恵まれず、開幕から4試合目の4月10日のロッテ戦まで勝ちがつかなかった。この試合で決勝打を打った細川亨は「今日は涌井のためだけに打った」とそれまで中々勝ちがつかなかった涌井を労った。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た日本プロ野球組織

    シーズンオフには、契約更改が難航した。涌井と球団双方が、2011年1月12日日本プロ野球組織に年俸調停を申請した。球団提示額は現状維持の2億2,000万円、涌井の希望額は5,000万円増の2億7,000万円であったが、2011年1月28日に出された調停結果は2億5,300万円であった。調停書では、球団側の現状維持主張が「合理性がない」と判断され、エースとしての活躍、とりわけ前半の好成績が評価された。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見たボストン・レッドソックス

    入学時から松坂大輔二世と呼ばれていた。高校2年春に第75回選抜高等学校野球大会に1学年上のエース成瀬善久(現・千葉ロッテマリーンズ)らと共に出場。準決勝までは成瀬のリリーフとして登板。決勝戦では先発したが、広陵高の打線につかまり3-15と大敗した。第85回全国高等学校野球選手権大会神奈川県予選では決勝進出を果たしたが、エース給前信吾、同学年の田澤純一(現・ボストン・レッドソックス)を擁する横浜商大高校に敗れ春夏連続出場を逃した。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た沢村栄治賞

    球数が非常に多くなり、160球以上投げた試合が3試合、1試合あたりの球数が132球、1イニングあたり16.8球を投げた。年間で3555球を投げ、07年の3385球に続いて両リーグトップだった。最終的に16勝6敗で2年ぶりの最多勝を獲得し、4年連続の二桁勝利を達成した。また投球回は12球団でただ一人200イニングを超え、完投11は両リーグ単独最多、完封4は両リーグ最多タイであった。防御率2.30、奪三振数199はリーグ2位といずれも自己最高であり、両リーグで唯一人、全ての選考基準を満たしたことで、2009年度の沢村賞を受賞した。オフに出身地である松戸市の市民栄誉賞を受賞し、通算勝利数に応じて市に寄付をすることが発表された。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た報徳学園

    3年夏には第86回全国高等学校野球選手権大会に同期の石川雄洋(現・横浜DeNAベイスターズ)や2年後輩の福田永将(現・中日ドラゴンズ)らと出場。1回戦の報徳学園戦では片山博視(現・東北楽天ゴールデンイーグルス)から本塁打を放つなど打撃でも勝利に貢献し、2回戦の京都外大西戦は、延長戦にもつれ込んだが幾度と訪れた大ピンチの場面も我慢のピッチングで乗り切り完封勝利。肉体的にも精神的にもスタミナのある面を披露。3回戦の明徳義塾戦は中田亮二(現・中日ドラゴンズ)に本塁打を浴びるなど序盤に失点するも後半粘りのピッチングを披露し逆転勝利、この試合では現チームメイトの松下建太に投げ勝つ。準々決勝の駒大苫小牧戦は林裕也(現・東芝硬式野球部)にサイクルヒットを浴びるなどして完敗した。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見たゴールデングラブ賞

    ゴールデングラブ賞:2回(2009年、2010年)涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

137件中 51 - 60件表示

「涌井秀章」のニューストピックワード