137件中 61 - 70件表示
  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツとの日本シリーズでは第1戦、第5戦に先発、第7戦に中継ぎで登板。それぞれ中4日、中4日、中2日での登板で、合計16 1/3回を投げ6失点。アジアシリーズでは決勝の統一ライオンズ戦に先発し6回2/3を無失点に抑え優勝に貢献した。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見たONE PIECE

    漫画やゲームが大好きで、帆足和幸と「ONE PIECE会」を結成したり、チームで流行している「ボンバーマン」は一番の腕前で、炭谷銀仁朗は「涌井さんが一番強いんで、みんなチームを組みたがるんです」と語っている。銀仁朗とゲームで親交を深めた結果、最優秀バッテリー賞を受賞した。苦手な取材も、終わると笑顔になるという。試合中と普段のギャップの激しさから、文化放送ライオンズナイターでは「ピッチングは大人、言動は子供」と評され、潮崎からも「まだまだ、おこちゃまなところがある」と言われる。チームメートは涌井を「不思議ちゃん」と評し、雑誌では「ツンデレ系」とも評された。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見たテキサス・レンジャーズ

    国体秋季大会では、初戦の駒大苫小牧戦で14三振を奪って完投勝利を収め、決勝ではダルビッシュ有(現・テキサス・レンジャーズ)の東北高校を下し優勝している。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た明徳義塾

    3年夏には第86回全国高等学校野球選手権大会に同期の石川雄洋(現・横浜DeNAベイスターズ)や2年後輩の福田永将(現・中日ドラゴンズ)らと出場。1回戦の報徳学園戦では片山博視(現・東北楽天ゴールデンイーグルス)から本塁打を放つなど打撃でも勝利に貢献し、2回戦の京都外大西戦は、延長戦にもつれ込んだが幾度と訪れた大ピンチの場面も我慢のピッチングで乗り切り完封勝利。肉体的にも精神的にもスタミナのある面を披露。3回戦の明徳義塾戦は中田亮二(現・中日ドラゴンズ)に本塁打を浴びるなど序盤に失点するも後半粘りのピッチングを披露し逆転勝利、この試合では現チームメイトの松下建太に投げ勝つ。準々決勝の駒大苫小牧戦は林裕也(現・東芝硬式野球部)にサイクルヒットを浴びるなどして完敗した。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た猛暑

    5月以降は調子を持ち直し、交流戦では4勝を上げる。この年ソフトバンクの和田毅に継ぐ交流戦通算17勝を挙げた。5月15日の横浜ベイスターズ戦では4打数3安打4打点の活躍を見せ、プロ入り後及びパ・リーグの投手として交流戦史上初の猛打賞を獲得した。その後は石井一久と岸孝之が相次いで負傷離脱したため、中継ぎ温存のため毎試合完投を前提に投げることを余儀なくされた。しかしこの夏の記録的な猛暑で登板中に脱水症状を起こし足を吊って降板するなど体力を消耗し、途中まで好投するも試合後半に突発的に打ち込まれて大量失点するケースが目立ったものの最終的に14勝を上げた。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た京都外大西高等学校

    3年夏には第86回全国高等学校野球選手権大会に同期の石川雄洋(現・横浜DeNAベイスターズ)や2年後輩の福田永将(現・中日ドラゴンズ)らと出場。1回戦の報徳学園戦では片山博視(現・東北楽天ゴールデンイーグルス)から本塁打を放つなど打撃でも勝利に貢献し、2回戦の京都外大西戦は、延長戦にもつれ込んだが幾度と訪れた大ピンチの場面も我慢のピッチングで乗り切り完封勝利。肉体的にも精神的にもスタミナのある面を披露。3回戦の明徳義塾戦は中田亮二(現・中日ドラゴンズ)に本塁打を浴びるなど序盤に失点するも後半粘りのピッチングを披露し逆転勝利、この試合では現チームメイトの松下建太に投げ勝つ。準々決勝の駒大苫小牧戦は林裕也(現・東芝硬式野球部)にサイクルヒットを浴びるなどして完敗した。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た阪神タイガース

    初打点:2009年5月28日、対阪神タイガース2回戦(阪神甲子園球場)、2回表に安藤優也から左越適時二塁打涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た阪神甲子園球場

    初打点:2009年5月28日、対阪神タイガース2回戦(阪神甲子園球場)、2回表に安藤優也から左越適時二塁打涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た最優秀バッテリー賞

    最優秀バッテリー賞:1回(2009年)涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見たオープン戦

    4月3日の開幕戦では2年連続2回目の開幕投手をつとめる。開幕投手はアメリカ遠征中に渡辺久信から直接電話を受け打診された。このため3月26日夜にWBCから帰国し、翌27日のデーゲームのオープン戦に先発して調整するというハードスケジュールであった。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

137件中 61 - 70件表示

「涌井秀章」のニューストピックワード