137件中 81 - 90件表示
  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た第75回選抜高等学校野球大会

    入学時から松坂大輔二世と呼ばれていた。高校2年春に第75回選抜高等学校野球大会に1学年上のエース成瀬善久(現・千葉ロッテマリーンズ)らと共に出場。準決勝までは成瀬のリリーフとして登板。決勝戦では先発したが、広陵高の打線につかまり3-15と大敗した。第85回全国高等学校野球選手権大会神奈川県予選では決勝進出を果たしたが、エース給前信吾、同学年の田澤純一(現・ボストン・レッドソックス)を擁する横浜商大高校に敗れ春夏連続出場を逃した。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た野球中華人民共和国代表

    8月には北京オリンピック野球日本代表に選出され、台湾戦と中国戦の先発を任されて2勝をあげた。韓国戦の中継ぎとしても登板し、この大会の日本代表投手の中で最多イニング登板となった。なお韓国戦で涌井がリリーフ登板した場面は、当初の順番ではダルビッシュが中継ぎとして登板する予定で、涌井は一度肩をつくっていたが休んでいた。急遽予定が変更されたがブルペンの電話が故障していてベンチの指令が伝わらず、涌井は準備不足の状態でマウンドにあがることになったと後に大野豊が明かした。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た野球中華民国代表

    8月には北京オリンピック野球日本代表に選出され、台湾戦と中国戦の先発を任されて2勝をあげた。韓国戦の中継ぎとしても登板し、この大会の日本代表投手の中で最多イニング登板となった。なお韓国戦で涌井がリリーフ登板した場面は、当初の順番ではダルビッシュが中継ぎとして登板する予定で、涌井は一度肩をつくっていたが休んでいた。急遽予定が変更されたがブルペンの電話が故障していてベンチの指令が伝わらず、涌井は準備不足の状態でマウンドにあがることになったと後に大野豊が明かした。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た野球大韓民国代表

    8月には北京オリンピック野球日本代表に選出され、台湾戦と中国戦の先発を任されて2勝をあげた。韓国戦の中継ぎとしても登板し、この大会の日本代表投手の中で最多イニング登板となった。なお韓国戦で涌井がリリーフ登板した場面は、当初の順番ではダルビッシュが中継ぎとして登板する予定で、涌井は一度肩をつくっていたが休んでいた。急遽予定が変更されたがブルペンの電話が故障していてベンチの指令が伝わらず、涌井は準備不足の状態でマウンドにあがることになったと後に大野豊が明かした。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た函館市千代台公園野球場

    初セーブ:2012年5月13日、対北海道日本ハムファイターズ8回戦(函館市千代台公園野球場)、9回裏に5番手で救援登板・完了、1回無失点涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た宮城球場

    初完投勝利・初完封勝利:2006年4月23日、対東北楽天ゴールデンイーグルス5回戦(フルキャストスタジアム宮城涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た統一セブンイレブン・ライオンズ

    読売ジャイアンツとの日本シリーズでは第1戦、第5戦に先発、第7戦に中継ぎで登板。それぞれ中4日、中4日、中2日での登板で、合計16 1/3回を投げ6失点。アジアシリーズでは決勝の統一ライオンズ戦に先発し6回2/3を無失点に抑え優勝に貢献した。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た中継ぎ

    開幕から安定した投球を続け、7月には4試合4勝0敗防御率1.64の成績で月間MVPに選出された。前年よりの球速アップへの取り組みや筋力トレーニングを積極的に取り入れたこともあり球威が上がって奪三振数が増え、これまでの技巧派のイメージから一転して伸びのあるストレート主体の投球に切り替わった。しかし抑えの切り札であったアレックス・グラマンが5月に左肩関節炎で離脱し、チームの中継ぎ陣が不安定になり、先発した試合では完投を余儀なくされるようになる。さらに8月には主砲の中村剛也が怪我で一時的に離脱してチームの得点力が低下し、8月から9月にかけては5試合連続9回まで投げたが2回しか勝ちがつかずうち2度は同点だったため完投も記録されなかった。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た埼玉県営大宮公園野球場

    初ホールド:2012年6月22日、対オリックス・バファローズ5回戦(埼玉県営大宮公園野球場)、9回表に4番手で救援登板、1回無失点涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た年俸調停

    シーズンオフには、契約更改が難航した。涌井と球団双方が、2011年1月12日日本プロ野球組織に年俸調停を申請した。球団提示額は現状維持の2億2,000万円、涌井の希望額は5,000万円増の2億7,000万円であったが、2011年1月28日に出された調停結果は2億5,300万円であった。調停書では、球団側の現状維持主張が「合理性がない」と判断され、エースとしての活躍、とりわけ前半の好成績が評価された。涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

137件中 81 - 90件表示

「涌井秀章」のニューストピックワード