76件中 51 - 60件表示
  • 空から降る一億の星

    空から降る一億の星から見た深津絵里深津絵里

    堂島 優子 (28) - 深津絵里空から降る一億の星 フレッシュアイペディアより)

  • 富田靖子

    富田靖子から見た深津絵里深津絵里

    デビュー作をプロデュースしていた大林宣彦監督の起用に応え、1985年の映画『さびしんぼう』に主演する。1987年には市川準監督の初監督映画『BU・SU』に主演し、横浜映画祭主演女優賞・高崎映画祭ベストアイドル賞を受賞した。『さびしんぼう』はキネマ旬報ベストテン5位(読者選出1位)、『BU・SU』は同8位と作品的にも高い評価を受け、しかも共に一枚看板的なヒロインをつとめるという恵まれたスタートを切った。しかし、テレビの連続ドラマで期待されたほどの視聴率を取れなかった事や、1990年代に入り深津絵里や奥山佳恵ら事務所の後輩が台頭してきた事もあり、1995年の映画『南京の基督』で大胆なヘアヌードを披露しイメージチェンジを図った。この作品で第8回東京国際映画祭最優秀女優賞を受賞。NHKは一時期、彼女のキャラクターを生かした正月特番ドラマを毎年用意するなど、重用していた時期もあった。また、毛利元就生誕500周年記念作品として製作した大河ドラマ『毛利元就』においては元就の正室・美伊の方を演じ、ドラマの要(原作では主人公である)を担った。富田靖子 フレッシュアイペディアより)

  • 天海祐希

    天海祐希から見た深津絵里深津絵里

    同じ事務所に所属している竹野内豊とはメル友である。女優では深津絵里や常盤貴子と仲がよく、天海が30代の時、深津や常盤らと「カッコよく楽しく生きる三十路会」を開いていた。天海祐希 フレッシュアイペディアより)

  • 木曜劇場

    木曜劇場から見た深津絵里深津絵里

    恋ノチカラ(主演:深津絵里)- 制作・共同テレビ木曜劇場 フレッシュアイペディアより)

  • 小松彩夏

    小松彩夏から見た深津絵里深津絵里

    憧れの女優は、同事務所の先輩・深津絵里小松彩夏 フレッシュアイペディアより)

  • 福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル・魂のラジオ

    福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル・魂のラジオから見た深津絵里深津絵里

    2010年9月、同じ事務所に所属する深津絵里がモントリオール世界映画祭で最優秀主演女優賞を受賞したことに話が及ぶと、福山が対抗して「今年もこの季節がやってきたね」と発言し、毎年やっているという設定で「魂ラジアワード」が発足した。福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル・魂のラジオ フレッシュアイペディアより)

  • エーザイ

    エーザイから見た深津絵里深津絵里

    深津絵里(チョコラBB)エーザイ フレッシュアイペディアより)

  • 徳川慶喜 (NHK大河ドラマ)

    徳川慶喜 (NHK大河ドラマ)から見た深津絵里深津絵里

    菅原文太・若尾文子・杉良太郎らベテラン勢の他(三人とも田向脚本の「武田信玄」に出演している)、石田ひかり・深津絵里ら若手女優を起用して人気確保に努め、また架空人物のエピソードや多面的表現を盛り込むなどしたが、幕末の対立構造の複雑さや、主人公の慶喜の動きの乏しさ、そして数多く登場する架空人物の存在意義の低さなどから、視聴率は伸び悩んだ。一方で、主演の本木は、常にポーカーフェイスで通しクールで聡明、策謀にも長けた慶喜を表現し、その演技に好評価を得た。また慶喜の家臣で、幕末の動乱に巻き込まれていくなど準主役格の活躍を見せる村田新三郎(架空の人物)を、当時はまだ無名に近かった藤木直人が演じている。徳川慶喜 (NHK大河ドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 阿修羅のごとく

    阿修羅のごとくから見た深津絵里深津絵里

    竹沢滝子(三女) - 深津絵里阿修羅のごとく フレッシュアイペディアより)

  • 立石 凉子

    立石凉子から見た深津絵里深津絵里

    春琴(2008年、共演:深津絵里立石凉子 フレッシュアイペディアより)

76件中 51 - 60件表示

「深津絵里」のニューストピックワード