881件中 121 - 130件表示
  • 真田雅則

    真田雅則から見た清水エスパルス清水エスパルス

    清水商業高等学校(3年時の主将は江尻篤彦)や順天堂大学時代には全国制覇を経験。甘いマスクで当時から女性に人気があった。若い年代のカテゴリーから日本代表に選出され、1988年からは国際Cマッチ5試合に出場した。1990年に全日空に加入、1992年に地元である清水市(静岡市清水区)に新規発足したJリーグクラブの清水エスパルスに移籍し、Jリーグ創成期から正ゴールキーパーとして活躍した。真田雅則 フレッシュアイペディアより)

  • 前田治

    前田治から見た清水エスパルス清水エスパルス

    1988年に日本サッカーリーグ1部の全日空クラブ(後の横浜フリューゲルス)に入団すると、その年のリーグ新人王を受賞する。Jリーグ創設に伴い横浜フリューゲルスと改称した後も中心選手として活躍。1993年のJリーグサントリーシリーズ(1stステージ)では清水エスパルスとの開幕戦から4試合連続ゴールをあげる等の活躍(その4試合目は同年初代チャンピオンとなるヴェルディ川崎戦、相手主将三浦知良に延長戦でVゴール決められ敗北)、同年の天皇杯で準々決勝でヴェルディ破った勢いでの優勝に貢献した。その後、1996年を最後に現役引退。前田治 フレッシュアイペディアより)

  • 上村健一

    上村健一から見た清水エスパルス清水エスパルス

    熊本県生まれ。小学校5年時に広島県福山市に転居。小中学校の1年先輩に家本政明がいた。広島県立松永高等学校から1993年にサンフレッチェ広島に入団。同期入団は、盧廷潤、アンドレイ、安部雄大、若松賢治。レギュラー選手では一番の若手で、当時もみ上げを伸ばしてスーツを着用し、ルパン三世のような格好をしていたのでよく先輩にいじられていた。Jリーグ発足直後から試合にも出場、当初は相手に強力なエースストライカーがいる時、それをマンマークで抑える時に出番があった。特に1994年優勝したサントリーシリーズ天王山となった清水エスパルス戦で、清水のエース・トニーニョをハードマークし、仕事をさせなかった。しかしこの後靭帯断裂で負傷した。回復後の1996年にはアトランタオリンピックにサッカー五輪日本代表として出場し、ハンガリー戦でロスタイム直前に交代出場をすると、直後にコーナーキックからのファーストタッチで得点を挙げる。その後もクラブで守備の要としての活躍が認められ、2001年にはフィリップ・トルシエがフランスに大敗後、守備の立て直しに着手した日本代表に招集され4月のスペイン戦でA代表デビュー。しかし試合終盤に負傷交代しチームが失点して敗戦すると、トルシエは会見で「敗戦の責任は最後まで責任を全うできなかった上村にある」と発言している。その後のコンフェデレーションズカップなどにも召集され、Aマッチ計4試合に出場したが、2002年日韓ワールドカップには惜しくも選出されなかった。ヘディングが強く闘志溢れる選手だったが、両膝を悪くしてから足の速いフォワードに振り切られることが多くなった。同年11月のコンサドーレ札幌との最終戦は、上村のワンマンショーのような試合であった。上村健一 フレッシュアイペディアより)

  • 橋本和

    橋本和から見た清水エスパルス清水エスパルス

    2009年、柏レイソルへ加入。J1第31節清水エスパルス戦で公式戦初出場。橋本和 フレッシュアイペディアより)

  • 松原健

    松原健から見た清水エスパルス清水エスパルス

    2017年、横浜F・マリノスに完全移籍。同年5月27日、リーグ第13節の清水エスパルス戦にて前半に先制点を挙げ、プロ初ゴールを記録。松原健 フレッシュアイペディアより)

  • 邊峻範

    邊峻範から見た清水エスパルス清水エスパルス

    2016年、清水エスパルスに期限付き移籍。同年8月に完全移籍。邊峻範 フレッシュアイペディアより)

  • 上原力也

    上原力也から見た清水エスパルス清水エスパルス

    2017年5月10日にルヴァンカップ第5節清水エスパルス戦でプロ初ゴールを決めた。上原力也 フレッシュアイペディアより)

  • 森安洋文

    森安洋文から見た清水エスパルス清水エスパルス

    高校時代は清水エスパルスユースに所属し、2年生からは右サイドバックのレギュラーとして活躍。3年生の時には国体の静岡県選抜にも選出されるも、トップチーム昇格はかなわなかった。森安洋文 フレッシュアイペディアより)

  • 川口能活

    川口能活から見た清水エスパルス清水エスパルス

    7月19日に優勝が懸かったサントリーシリーズ第25節清水エスパルス戦で、1-2でリードされた後半ロスタイム、コーナーキックのチャンスでゴール前に上がりヘディングシュートをするもののゴールポストに当たり得点にはならなかった。この試合には敗れたもののチームは1stステージ優勝を経験し、1995年度のチャンピオンシップでヴェルディ川崎を下し年間優勝。自身も初タイトルとなる、Jリーグ新人王を獲得した。川口能活 フレッシュアイペディアより)

  • 茨田陽生

    茨田陽生から見た清水エスパルス清水エスパルス

    高校3年時の2009年にはトップチームに2種登録され、同年5月30日、18歳の誕生日にナビスコカップグループリーグ第4節清水エスパルス戦で公式戦初出場を果たした。18歳0日でのデビューは、菅沼実、大津祐樹に次ぐクラブ史上3番目の若さであった。茨田陽生 フレッシュアイペディアより)

881件中 121 - 130件表示
[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]