667件中 11 - 20件表示
  • 鈴与

    鈴与から見た清水エスパルス清水エスパルス

    持株会社の鈴与ホールディングスは、Jリーグクラブ清水エスパルスや、静岡空港を拠点とする航空会社フジドリームエアラインズを傘下におさめる。鈴与 フレッシュアイペディアより)

  • 浦上壮史

    浦上壮史から見た清水エスパルス清水エスパルス

    横浜マリノス、清水エスパルスではそれぞれ松永成立・真田雅則という絶対的守護神が存在したため活躍の場がほとんどなかったが、1997年に川崎フロンターレに移籍してからはレギュラーを掴む。1998年のJ1参入決定戦では博多の森の悲劇を経験。1999年にはJ2で優勝しJ1昇格に貢献した。浦上壮史 フレッシュアイペディアより)

  • 李ミン洙

    李ミン洙から見た清水エスパルス清水エスパルス

    李 珉洙(イ・ミンス、???、1992年1月11日 - )は、韓国出身のサッカー選手。Jリーグ・清水エスパルス所属。ポジションはミッドフィールダー。李ミン洙 フレッシュアイペディアより)

  • 竹内涼

    竹内涼から見た清水エスパルス清水エスパルス

    竹内 涼(たけうち りょう、1991年3月8日 - )は、静岡県出身のプロサッカー選手である。清水エスパルス所属。ポジションはMF。竹内涼 フレッシュアイペディアより)

  • マルコス・ゴメス・デ・アラウージョ

    マルコス・ゴメス・デ・アラウージョから見た清水エスパルス清水エスパルス

    清水エスパルスからオファーが届き、2005年8月に途中加入し、14試合9ゴールの成績を挙げてJ1残留に貢献した。マルコス・ゴメス・デ・アラウージョ フレッシュアイペディアより)

  • 中山雅史

    中山雅史から見た清水エスパルス清水エスパルス

    1990年、ヤマハ発動機に入社、サッカー部(後のジュビロ磐田)に入部。当時まだ実業団であったチームに加入したため、サラリーマン生活も経験した。翌年、ヤマハ発動機サッカー部がJリーグ開幕10チームから落選することが決定すると、Jリーグ参戦が決まった新規クラブの清水エスパルスからオファーを受けるが固辞しヤマハに残留した。中山雅史 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡放送

    静岡放送から見た清水エスパルス清水エスパルス

    細川茂樹 SBSで行こう!〜Shigeki Break Saturday〜(15:00 - 17:00)※月に一度、SATURDAY SPECAL 愉快!痛快!阿藤快放送のために休止あり。また、Jリーグ中継(ジュビロ磐田・清水エスパルス戦)やその他特番編成による休止の場合もあり静岡放送 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た清水エスパルス清水エスパルス

    シーズン前最初の練習試合で新加入のフランシスマールが左膝靱帯断裂の重傷を負ったが、3月3日のJ1開幕戦(等々力)で鹿島を下し、4月15日の第6節(等々力)にはチーム史上初めて清水に勝利、4月21日に埼玉スタジアム2002で行われた第7節では、浦和のホーム連続不敗のJリーグ記録を25試合で止めた。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 西部洋平

    西部洋平から見た清水エスパルス清水エスパルス

    2004年からは清水エスパルスに期限付き移籍した。清水ではそれまで正GKだったアテネ五輪代表の黒河貴矢を押しのける形で開幕からスタメンで出場。身体能力の高さの一方で、安定感の希薄さも伺えるそのスタイルに対して、当時の清水サポーターからは西部が出場している試合で『黒河』コールを起こされるなど、正GK変更に難色を示されたこともあった。しかし、持ち前の瞬発力・身体能力の高さを試合の中で披露し続けるうちに徐々に清水サポーターの信頼を勝ち取っていった。以降、清水の守護神としてゴールマウスに君臨。2006年より完全移籍となった。西部洋平 フレッシュアイペディアより)

  • 江崎グリコ

    江崎グリコから見た清水エスパルス清水エスパルス

    UCC上島珈琲や伊藤園と同じく宝塚歌劇団のスポンサーでもある(宝塚大劇場内に広告を設置しており、また宝塚歌劇の公演プログラムにも広告が掲載されている。以前は東京宝塚劇場内にも広告が設置されていた)。他には劇団四季のミュージカルにも協賛。また1993年(平成5年)より開幕したJリーグの清水エスパルスのスポンサーも開幕当時からつとめている。江崎グリコ フレッシュアイペディアより)

667件中 11 - 20件表示

「清水エスパルス」のニューストピックワード