667件中 31 - 40件表示
  • 村松潤

    村松潤から見た清水エスパルス清水エスパルス

    小学生時代は中田サッカースポーツ少年団でプレー。その後、清水エスパルスJrユース、同ユースを経て2001年に市川大祐、和田雄三、谷川烈とともにトップチームに昇格。しかし、清水では多くの出場機会には恵まれず、2006年にベガルタ仙台に移籍するも1年で戦力外通告を受けた。村松潤 フレッシュアイペディアより)

  • スティーブ・ペリマン

    スティーブ・ペリマンから見た清水エスパルス清水エスパルス

    1998年シーズン途中から清水エスパルスの監督に就任。前監督のオズワルド・アルディレスの戦術を引き継ぎながら、選手には徹底したフェアプレーを要求した。このフェアプレー精神は相当なものであり、特に相手の反則を誘うための常套手段である「転倒した時に大げさに痛がる」ことを大変嫌っており、「フェアな試合をして勝つ能力がないことを露呈しているだけだ」という言葉を残している。また、オフサイドトラップを一切使わないのも特徴である。スティーブ・ペリマン フレッシュアイペディアより)

  • エディ・ボスナー

    エディ・ボスナーから見た清水エスパルス清水エスパルス

    2010年は千葉から清水エスパルスに完全移籍した。開幕戦からスタメンとして安定した守備を見せ、自身も強烈な直接FKで2ゴールを挙げた。2011年は清水で副将を務めた他、エディ・ボスナー フレッシュアイペディアより)

  • 内田一夫

    内田一夫から見た清水エスパルス清水エスパルス

    2011年8月に、日本サッカー協会からの派遣という形でグアム代表監督(1ヶ月間の暫定監督)に就任。2012年より清水エスパルスのコーチに就任した。内田一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 小野正朋

    小野正朋から見た清水エスパルス清水エスパルス

    小野 正朋(おの まさとも、1984年6月5日 - )は、静岡県出身の元サッカー選手である。ポジションはMFだった。清水エスパルス所属の元日本代表MF、小野伸二は実兄。小野正朋 フレッシュアイペディアより)

  • ジャウマ・フェイトサ・ジアス

    ジャウマ・フェイトサ・ジアスから見た清水エスパルス清水エスパルス

    父親のジャウマ・ディアス(Djalma Dias)もサッカー選手であった。ジャウミーニャというニックネームは小さなジャウマという意味である。地元にあるサントスFCの下部組織でプレーしていたが、その後リオデジャネイロにあるCRフラメンゴの下部組織に移ってプロデビューした。グアラニFC、日本の清水エスパルス、SEパルメイラスでもプレーし、SEパルメイラスに在籍していた1996年にはリーグ最優秀選手賞であるボーラ・ジ・オーロを獲得した。ジャウマ・フェイトサ・ジアス フレッシュアイペディアより)

  • ピースカップ (サッカー)

    ピースカップ (サッカー)から見た清水エスパルス清水エスパルス

    2007年5月28日、朝鮮日報日本語版で清水エスパルスの参加が決定と報道(現地韓国では各紙が27日に報道済み)され、これを引用する形で日本の報道機関が続く。ピースカップ (サッカー) フレッシュアイペディアより)

  • 田坂和昭

    田坂和昭から見た清水エスパルス清水エスパルス

    1999年、東海大の先輩である澤登正朗のいる清水エスパルスに移籍。チームはこの年2ndステージで初優勝を果たしたが、監督のスティーブ・ペリマンには冷遇され13試合の出場にとどまった。翌2000年にはセレッソ大阪に移籍し、主力選手として1stステージ優勝争いに貢献した。2002年シーズン終了後に現役を引退した。田坂和昭 フレッシュアイペディアより)

  • 伊達倫央

    伊達倫央から見た清水エスパルス清水エスパルス

    伊達 倫央(だて みちひさ、1966年8月22日 - )は、サッカー選手、サッカー指導者。JFA公認S級コーチングライセンス保持者。現清水エスパルス育成チームGM。伊達倫央 フレッシュアイペディアより)

  • 清水範久

    清水範久から見た清水エスパルス清水エスパルス

    この愛称は、清水次郎長に由来する(が、本当に次男でもある)。高校時代に同じ「清水」という先輩がいたために付けられたもので「磐田で"清水"はまずいだろ、とついたわけでは有りません」(本人談)。なお、朝日放送の清水次郎アナウンサーとは全く関係ない。清水範久 フレッシュアイペディアより)

667件中 31 - 40件表示

「清水エスパルス」のニューストピックワード