667件中 71 - 80件表示
  • 村松大輔

    村松大輔から見た清水エスパルス清水エスパルス

    村松 大輔(むらまつ たいすけ、1989年12月16日 - )は、Jリーグ・清水エスパルスに所属するプロサッカー選手。ポジションはDF。村松大輔 フレッシュアイペディアより)

  • アフシン・ゴトビ

    アフシン・ゴトビから見た清水エスパルス清水エスパルス

    同大会終了後に、イラン代表監督を退任して、清水エスパルスの監督に就任した。1年目のシーズンは主力の抜けたチームを率いてシーズン前半終了時には7位となった(最高位は6位)。しかし、夏場と終盤の3連敗が響き、最終的には10位でシーズンを終えた。シーズン終盤に、韓国代表監督を解任された趙広来の後任として韓国メディアで名前が上がったが、クラブは来季も続投させることを発表した。アフシン・ゴトビ フレッシュアイペディアより)

  • 石毛秀樹

    石毛秀樹から見た清水エスパルス清水エスパルス

    石毛 秀樹(いしげ ひでき、1994年9月21日 - )は、静岡県富士市出身のプロサッカー選手。ポジションはMF。Jリーグの清水エスパルス所属。石毛秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • 岩波拓也

    岩波拓也から見た清水エスパルス清水エスパルス

    2012年も引き続き2種登録選手としてトップチームに帯同。6月、高校3年生でプロ契約を締結し、10月20日の第29節清水エスパルス戦でJリーグ初出場を果たした。11月に行われたAFC U-19選手権2012では、グループリーグ第2戦のクウェート戦で決勝点となるゴールを挙げた。しかしチームは準々決勝でイラクに敗れ、3大会連続でFIFA U-20ワールドカップの出場権を逃した。岩波拓也 フレッシュアイペディアより)

  • クレメルソン・デ・アラウージョ・ソアレス

    クレメルソン・デ・アラウージョ・ソアレスから見た清水エスパルス清水エスパルス

    2004年、清水エスパルスに入団。この知らせを聞いた前年のJリーグ得点王ウェズレイ(当時名古屋所属)は「あんな凄い選手がJリーグに来るのか」と驚嘆したと言う。しかしアラウージョにとって初めての海外でのプレーでもあった2004年シーズンは、1stステージこそ北嶋秀朗、久保山由清とトライアングルを組みチーム最多の8ゴールを挙げたが、石崎信弘が監督に就任した2ndステージは戦術面を理由に主力構想から外され、公式戦5戦連続でスタメンを外される等本領を発揮出来ず結局1ゴールのみに留まった。クレメルソン・デ・アラウージョ・ソアレス フレッシュアイペディアより)

  • 和田雄三

    和田雄三から見た清水エスパルス清水エスパルス

    清水エスパルスユース在籍中の1998年に第2種登録選手として1998年5月16日ナビスコカップ・コンサドーレ札幌戦でトップデビューを果たし、この年のリーグ戦で13試合に出場した。ユースの同期には市川大祐、平松康平、谷川烈がいる。和田雄三 フレッシュアイペディアより)

  • 六平光成

    六平光成から見た清水エスパルス清水エスパルス

    六平 光成(むさか みつなり、1991年1月16日 - )は、東京都出身のサッカー選手。清水エスパルス所属。ポジションはミッドフィールダー。六平光成 フレッシュアイペディアより)

  • 金賢聖

    金賢聖から見た清水エスパルス清水エスパルス

    2012年8月14日、清水エスパルスへの期限付き移籍が発表された。期限は翌年1月1日まで。獲得に際しては2007年まで韓国代表コーチを務めたアフシン・ゴトビ監督の要請があった。なお、直前に行われたロンドン五輪の日本対韓国の3位決定戦後に韓国の朴鍾佑が竹島の領有権を主張する政治的メッセージを掲げたことが問題となっていたため、この試合に出場していた金の獲得について清水に抗議する電話が相次いだ。8月18日の鳥栖戦に先発フル出場してJリーグデビュー。9月29日の仙台戦では初ゴールを含む2得点でチームの勝利に貢献した。金賢聖 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉新

    児玉新から見た清水エスパルス清水エスパルス

    その活躍が認められ2007年はG大阪から清水エスパルスにレンタル移籍で加入し、左サイドバックのレギュラーとして定着。2008年からはフェルナンジーニョとともに完全移籍となった。児玉新 フレッシュアイペディアより)

  • 杉本健勇

    杉本健勇から見た清水エスパルス清水エスパルス

    セレッソ大阪の下部組織出身、高校2年時にクラブユース選手権で優勝を果たし、大会MVPに選出された。各年代別の日本代表に選出され、2009年にはFIFA U-17ワールドカップに出場を果たした。U-18では長身を活かしセンターバックもこなしていた。2010年6月1日にトップチームとプロ契約を締結し、同年7月1日付けでトップチームに加入することが決まった。2011年7月23日、第6節清水エスパルス戦でJリーグ初出場を果たし、8月24日、第23節横浜F・マリノス戦でプロ初ゴールを決めた。11月30日、ヴィッセル神戸戦でプロA締結条件である450分を達成し、プロA契約への移行を達成した。杉本健勇 フレッシュアイペディアより)

667件中 71 - 80件表示

「清水エスパルス」のニューストピックワード