171件中 91 - 100件表示
  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見たギラヴァンツ北九州

    永井雄一郎が横浜F、木島悠が大分、山本真希が札幌へ、児玉新がC大阪へ、太田宏介がFC東京へ、ボスナーが水原三星ブルーウィングス(大韓民国)へそれぞれ完全移籍、岡根直哉が山形へ、竹内涼が北九州へ期限付き移籍、昨シーズン熊本へ期限付き移籍していた長沢駿は京都へ、新潟へ期限付き移籍していた武田洋平はG大阪へ期限付き移籍、熊本に期限付き移籍している廣井友信の期限付き移籍が延長された。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た湘南ベルマーレ

    伊東輝悦、市川大祐(甲府へ移籍)、西部洋平(湘南へ移籍)、ヨンセンに戦力外通告を行い、また、日本代表である藤本淳吾(名古屋へ移籍)、本田拓也(鹿島へ移籍)、岡崎慎司(VfBシュトゥットガルトへ移籍)をはじめ、兵働昭弘(柏へ移籍)、青山直晃(横浜FMへ移籍)、や原一樹(浦和へ移籍)も他クラブへ移籍するなど、多くの主力選手が清水を退団した。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た名古屋グランパス

    ヤマザキナビスコカップの予選は、第7節で鹿島アントラーズに敗れるものの、第6節まで全勝で予選突破する。準々決勝の名古屋グランパス、準決勝のFC東京ともに、第1戦では敗戦するものの、第2戦で勝利を収め決勝に進出する。決勝では鹿島に1-2で敗れ準優勝に終わった。なお、石毛秀樹がニューヒーロー賞に選ばれている。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見たサッカー日本代表

    リーグ戦でのトリプル5(5位以内・勝ち点50以上・50得点以上)の達成を目指して迎えた2006年も新人の藤本淳吾が主力として定着し、青山直晃が日本代表に選出されるなど前年以上に若手選手が台頭。また、元日本代表の森岡隆三、市川大祐、伊東輝悦、斉藤俊秀らも復調して開幕から上位につけ、最終的に4位でシーズンを終え、目標であったトリプル5も達成(4位・勝ち点60・得点60)し、12年ぶりに年間順位でジュビロ磐田を上回った。シーズン終了後には藤本淳吾が新人王を獲得する一方で森岡隆三が出場機会を求めて移籍するなど、世代交代を象徴するシーズンであった。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見たアヤックス・アムステルダム

    開幕直後に発生した東日本大震災によるリーグ戦の中断期間中にはJリーグクラブで唯一海外での被災者支援のチャリティーマッチを行なう為オランダに渡り、アヤックス・アムステルダムと対戦した。この試合の入場料などの収益と約2週間の募金活動で合計約600万ユーロ(約7億2600万円)が集まり、オランダ赤十字を通して義援金として寄付されている。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見たヤマザキナビスコカップ

    ヤマザキナビスコカップの予選は、第7節で鹿島アントラーズに敗れるものの、第6節まで全勝で予選突破する。準々決勝の名古屋グランパス、準決勝のFC東京ともに、第1戦では敗戦するものの、第2戦で勝利を収め決勝に進出する。決勝では鹿島に1-2で敗れ準優勝に終わった。なお、石毛秀樹がニューヒーロー賞に選ばれている。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見たコンサドーレ札幌

    横浜FCから太田宏介を、浦和から永井雄一郎を、名古屋からフローデ・ヨンセンを獲得し大型補強に成功した。札幌に期限付き移籍していた平岡康裕も復帰。その一方で、高木和道、矢島卓郎、西澤明訓などが移籍した。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見たアルビレックス新潟

    東京Vから高木俊幸、湘南から村松大輔、韓国Kリーグの水原から元日本代表の高原直泰、ギリシャ・スーパーリーグのイラクリスから元日本代表の小林大悟、全国高等学校サッカー選手権大会で優勝した滝川第二高校から得点王を獲得した樋口寛規、AリーグのシドニーFCからオーストラリア代表のアレックス・ブロスケを獲得した。開幕戦の柏戦で0-3で大敗したが、小野、高原などの活躍もあり、その後は6勝4分け1敗と好調を維持し上位を伺う位置につけたものの、第6節C大阪、第19節広島、第20節新潟と続く夏場のアウェー3連戦全てを0-4で大敗し3連敗。8月にオランダ北京五輪代表のDFカルフィン・ヨン・ア・ピンと元スウェーデン代表のフレドリック・ユングベリを獲得したが、上位に食い込むまでには至らず、終盤J2降格の決まっていた福岡に2点リードの状態から追いつかれて引き分けると、その後の残り3戦を3連敗と、守備に課題を残したまま、10位でシーズンを終了した。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た滝川第二中学校・高等学校

    東京Vから高木俊幸、湘南から村松大輔、韓国Kリーグの水原から元日本代表の高原直泰、ギリシャ・スーパーリーグのイラクリスから元日本代表の小林大悟、全国高等学校サッカー選手権大会で優勝した滝川第二高校から得点王を獲得した樋口寛規、AリーグのシドニーFCからオーストラリア代表のアレックス・ブロスケを獲得した。開幕戦の柏戦で0-3で大敗したが、小野、高原などの活躍もあり、その後は6勝4分け1敗と好調を維持し上位を伺う位置につけたものの、第6節C大阪、第19節広島、第20節新潟と続く夏場のアウェー3連戦全てを0-4で大敗し3連敗。8月にオランダ北京五輪代表のDFカルフィン・ヨン・ア・ピンと元スウェーデン代表のフレドリック・ユングベリを獲得したが、上位に食い込むまでには至らず、終盤J2降格の決まっていた福岡に2点リードの状態から追いつかれて引き分けると、その後の残り3戦を3連敗と、守備に課題を残したまま、10位でシーズンを終了した。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た松本山雅

    シーズン途中に、辻尾真二(サンフレッチェ広島)、岩下敬輔(ガンバ大阪)、枝村匠馬(セレッソ大阪)、橘章斗(松本山雅)といった生え抜き選手のほか、ジミー・フランサ(東京ヴェルディ)を期限つきで放出。小野伸二やアレックスもシーズン途中でチームを去った。三吉聖王や金賢聖が途中加入したほか、強化指定選手として筑波大学の瀬沼優司が加入した。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

171件中 91 - 100件表示

「清水エスパルス」のニューストピックワード