350件中 101 - 110件表示
  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た徳島ヴォルティス

    シーズン途中、村松大輔が徳島、樋口寛規が湘南、鍋田亜人夢が福岡へ期限付き移籍したが、ブエノが新加入、栃木SCへ期限付き移籍していた瀬沼優司が復帰。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た名古屋グランパスエイト

    長谷川体制5年目。横浜FCから太田宏介を、浦和から永井雄一郎を、名古屋からフローデ・ヨンセンを獲得し大型補強に成功。札幌に期限付き移籍していた平岡康裕も復帰。その一方で、森岡隆三、高木和道、矢島卓郎、西澤明訓などが移籍。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見たアルビレックス新潟

    開幕戦の柏戦で0-3で大敗したが、小野、高原などの活躍もあり、その後は6勝4分け1敗と好調を維持し上位を伺う位置につけたが、第6節C大阪、第19節広島、第20節新潟と夏場のアウェー3連戦全てを0-4で大敗し3連敗。8月に北京五輪オランダ代表のDFカルフィン・ヨン・ア・ピンと元スウェーデン代表のフレドリック・ユングベリを獲得。終盤J2降格の決まっていた福岡に2点リードの状態から追いつかれて引き分けると、その後3連敗、守備に課題を残し、10位でシーズンを終了。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た小糸製作所

    11月、運営会社であるエスラップ・コミュニケーションズの経営危機が表面化。20億円を超える負債を抱え、実質的な親会社のテレビ静岡が運営からの撤退を表明した。31万人を超える署名と1500万円の募金を集め、地元清水に本拠を置く物流大手鈴与の子会社で出版業を手掛けていた「サッカーコミュニケーションズ株式会社」(1995年11月設立)が第三者割当増資を行い、これに静岡鉄道・静岡ガス・静岡新聞社・小糸製作所が応じて株式会社エスパルスに改組、同社が営業権を譲り受けることになった。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見たフジテレビジョン

    5月、清水FCの運営企業として、テレビ静岡をはじめとして中日新聞東海本社、フジテレビジョンなどが出資、市民からも1割の持株を募り、株式会社エスラップ・コミュニケーションズを設立。チーム名を清水FCエスパルスと定め、企業チームとの差別化を図った。初代監督にはエスピノーザが就任。クラブ創設に伴い、堀池巧、大榎克己、長谷川健太の“清水東三羽烏”をはじめ、初代主将となる三浦泰年や澤登正朗など地元出身の選手が加入した。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た日本航空

    日本航空の機内ではエスパルスの勇姿がビデオに映し出され、機内誌には毎号選手紹介の特集ページが組まれ、空港には「頑張れ!エスパルス」のポスターが貼られ、各都市の繁華街にある「JALプラザ」ではJAL・エスパルスグッズが販売されるようになった。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た静岡ガス

    11月、運営会社であるエスラップ・コミュニケーションズの経営危機が表面化。20億円を超える負債を抱え、実質的な親会社のテレビ静岡が運営からの撤退を表明した。31万人を超える署名と1500万円の募金を集め、地元清水に本拠を置く物流大手鈴与の子会社で出版業を手掛けていた「サッカーコミュニケーションズ株式会社」(1995年11月設立)が第三者割当増資を行い、これに静岡鉄道・静岡ガス・静岡新聞社・小糸製作所が応じて株式会社エスパルスに改組、同社が営業権を譲り受けることになった。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た東海旅客鉄道

    有力な候補地として、葵区にあるJR東海東静岡駅北の約2.5haの市所有地が挙げられている。当初この箇所は1990年に「東静岡地区新都市拠点整備事業構想」で、体育館の建設が予定されていた他、新市庁舎の建設計画も予定されていた。しかしいずれも計画がとん挫しており、現状も空き地になっている。そこで静岡市は2013年にこの市有地の活用を市民や専門家から意見を聞くための都市デザイン案のコンペティションを実施し、その意見には、スポーツ施設や文化施設(総合博物館)などの誘致を期待する声が寄せられていた。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見たミズノ

    1992年 - 1996年:リーグ戦はミズノ、カップ戦はプーマ清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た堀池巧

    5月、清水FCの運営企業として、テレビ静岡をはじめとして中日新聞東海本社、フジテレビジョンなどが出資、市民からも1割の持株を募り、株式会社エスラップ・コミュニケーションズを設立。チーム名を清水FCエスパルスと定め、企業チームとの差別化を図った。初代監督にはエスピノーザが就任。クラブ創設に伴い、堀池巧、大榎克己、長谷川健太の“清水東三羽烏”をはじめ、初代主将となる三浦泰年や澤登正朗など地元出身の選手が加入した。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

350件中 101 - 110件表示
[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]