350件中 111 - 120件表示
  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た岩下敬輔

    リーグ戦、第10節終了時点2位、第11節セレッソ大阪戦から第19節横浜F戦まで9戦勝利なし(4分5敗)と失速する。シーズン途中に小野伸二がウェスタン・シドニー・ワンダラーズFC、アレックスがアル・アインFC、辻尾真二が広島、岩下敬輔がG大阪、枝村匠馬がC大阪、橘章斗が松本へ移籍、ジミー・フランサが東京Vへ期限付き移籍した一方、三吉聖王や金賢聖、強化指定選手として筑波大学の瀬沼優司が加入。第30節終了時点で4位につけていたが、その後、1分け3敗と4戦未勝利となり最終順位は9位。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た青山直晃

    長谷川健太が初めて監督に就任。初年度となった2005年シーズンは15位で残留を決めるなど低迷が続いた。その間にスカウトの充実をはかり、ユース選手だけでなく外部からの選手の補強を図った。2005年度にデビューした枝村匠馬、兵働昭弘、青山直晃ら若手選手が主力として定着、同年の天皇杯で準優勝の成績を収める。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た李ミン洙

    ゴトビ体制3年目。愛媛FCから内田健太、札幌から?原寿康、高木純平、カタール1部のアル・アラビからバレーを完全移籍で獲得。イ・ミンス(湘南)、樋口寛規(FC岐阜)、橘章斗(松本山雅)、岡根直哉(山形)、竹内涼(北九州)、廣井友信(熊本)が期限付き移籍先から復帰、三浦弦太、六平光成、藤田息吹、加賀美翔が新加入。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た鍋田亜人夢

    長谷川体制6年目。新戦力として千葉からボスナーを、VfLボーフムから小野伸二を獲得。柏に期限付き移籍していた杉山浩太、東京Vに期限付き移籍していた廣井友信が復帰、ユースチームから鍋田亜人夢が加入。第9節の浦和戦で、鹿島、磐田に続き3チーム目のJ1通算300勝を達成。最終順位は6位、シーズン終了後長谷川監督退任。天皇杯で準優勝。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た野津田岳人

    一方で、仙台から六反勇治を完全移籍で、広島から新潟で昨年プレーした野津田岳人を期限付き移籍で獲得。立田悠悟がユースから昇格、専修大学から飯田貴敬が加入。タイのチョンブリーFCからカヌを、 ポルトガルのGDシャヴェスからフレイレを獲得。また、神戸に期限付き移籍していた村松大輔が期間満了で復帰した。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た竹内涼

    補強は、大分から姜成浩、甲府から吉田豊、ROCシャルルロワ=マルシェンヌ(ベルギー)から林彰洋、FCチョルノモレツ・オデッサ(ウクライナ)からジミー・フランサが完全移籍で加入、犬飼智也、河井陽介、八反田康平、柏瀬暁、白崎凌兵、李記帝が加入。ユース登録の石毛秀樹が2種登録。一方で太田宏介がFC東京、ボスナーが水原三星ブルーウィングスへそれぞれ完全移籍、永井雄一郎が横浜FC、木島悠が大分、山本真希が札幌、児玉新がC大阪、岡根直哉が山形、竹内涼が北九州へ期限付き移籍、熊本へ期限付き移籍していた長沢駿は京都、新潟へ期限付き移籍していた武田洋平はG大阪へ期限付き移籍、熊本に期限付き移籍の廣井友信の期限付き移籍期間が延長。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見たダニエレ・マッサーロ

    元鹿島アントラーズの監督、宮本征勝が監督に就任。チーム初の日本人監督となった。1stステージはリーグワーストの63失点を喫し14チーム中12位に終わる。2ndステージから、イタリア代表FWダニエレ・マッサーロが加入。また鹿島からサントス,清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た西部洋平

    その一方で、伊東輝悦、市川大祐が甲府、青山直晃が横浜FM、西部洋平が湘南へ、フローデ・ヨンセンがオッド・グレンランドへ、それぞれ契約満了後に移籍した。主力であった藤本淳吾が名古屋へ、本田拓也が鹿島へ、岡崎慎司がVfBシュトゥットガルトへ、兵働昭弘が柏へ移籍。スーパーサブであった原一樹が浦和へ移籍、前年のチームは大刷新された。クラブ生え抜きの伊東・市川、前シーズンリーグ戦32試合に出場した西部を含む主力の相次ぐ放出劇は2010年度の赤字転落に伴う人件費圧縮の必要性が背景にあったものだが、このことが結果的にフロントと選手の間に不信感を生じさせ、後年の主力の相次ぐ退団劇や低迷の要因の一つとなったと伝えられている。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見たミリヴォイェ・ノヴァコヴィッチ

    ゴトビ体制4年目。FCユトレヒトから高木善朗、町田から相澤貴志、MLSのD.C. ユナイテッドからカナダ代表のヤコヴィッチ、1.FCケルンからスロベニア代表ノヴァコヴィッチを完全移籍で獲得。長沢駿、樋口寛規、柏瀬暁が期限付き移籍から復帰。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た安永聡太郎

    1月1日、天皇杯決勝は横浜フリューゲルスに敗れ準優勝。横浜フリューゲルスと横浜マリノスのチーム合併に伴い、この年のゼロックススーパーカップとアジアカップウィナーズカップ1999-2000の出場権を得ることとなった。また横浜マリノスから安永聡太郎、横浜フリューゲルスから久保山由清、ベルマーレ平塚から田坂和昭が加入し戦力を補強。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

350件中 111 - 120件表示
[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]