171件中 11 - 20件表示
  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た永井雄一郎

    横浜FCから太田宏介を、浦和から永井雄一郎を、名古屋からフローデ・ヨンセンを獲得し大型補強に成功した。札幌に期限付き移籍していた平岡康裕も復帰。その一方で、高木和道、矢島卓郎、西澤明訓などが移籍した。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た澤登正朗

    1991年5月設立の運営会社は資本金の約1割が市民の持ち株である。エスパルス発足当初は、堀池巧、大榎克己、長谷川健太の「清水東三羽烏」などの地元出身の選手や、初代主将となる三浦泰年や新人選手として澤登正朗などを獲得。第1回ナビスコカップ 準優勝(1992年)を果たす。その後もナビスコカップ優勝(1996年)、J1 2ndステージ優勝(1999年)、天皇杯優勝(2001年)などのタイトルを獲得した。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見たサンフレッチェ広島

    開幕戦の大宮戦ではスコアレスドローに終わり、リーグ開幕戦で初めて無得点に抑えられた。それでも夏場までは、引き分けが多い(28節までに11引き分け)ものの、負けないサッカーを展開。特にホームでは負けることがなく、前年から続くリーグ戦ホーム無敗記録を20まで伸ばした(ただし、その間にナビスコカップのホームゲームで山形に敗れている)。9月29日に長谷川健太の監督続投が決定。10月3日の第28節広島戦で1対1で引き分けるも得失点差で鹿島を上回り首位に立ったが、第29節の負ければJ2降格となる大分にシーズン初の逆転負けをしたのを皮切りに、第30節にはFC東京戦ではシーズン初のリーグ戦ホームでの1対2での黒星になるなど、転がり落ちるように連敗を喫し、優勝はおろかACL出場権の得られる3位以内もなくなり、最終順位は7位。また、天皇杯は準決勝で名古屋にPK戦で敗れた。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見たプーマ

    1992年 - 1996年 リーグ戦はミズノ、カップ戦はプーマ清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た長谷川健太

    1991年5月設立の運営会社は資本金の約1割が市民の持ち株である。エスパルス発足当初は、堀池巧、大榎克己、長谷川健太の「清水東三羽烏」などの地元出身の選手や、初代主将となる三浦泰年や新人選手として澤登正朗などを獲得。第1回ナビスコカップ 準優勝(1992年)を果たす。その後もナビスコカップ優勝(1996年)、J1 2ndステージ優勝(1999年)、天皇杯優勝(2001年)などのタイトルを獲得した。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見たフローデ・ヨンセン

    横浜FCから太田宏介を、浦和から永井雄一郎を、名古屋からフローデ・ヨンセンを獲得し大型補強に成功した。札幌に期限付き移籍していた平岡康裕も復帰。その一方で、高木和道、矢島卓郎、西澤明訓などが移籍した。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た市川大祐

    リーグ戦でのトリプル5(5位以内・勝ち点50以上・50得点以上)の達成を目指して迎えた2006年も新人の藤本淳吾が主力として定着し、青山直晃が日本代表に選出されるなど前年以上に若手選手が台頭。また、元日本代表の森岡隆三、市川大祐、伊東輝悦、斉藤俊秀らも復調して開幕から上位につけ、最終的に4位でシーズンを終え、目標であったトリプル5も達成(4位・勝ち点60・得点60)し、12年ぶりに年間順位でジュビロ磐田を上回った。シーズン終了後には藤本淳吾が新人王を獲得する一方で森岡隆三が出場機会を求めて移籍するなど、世代交代を象徴するシーズンであった。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た青山直晃

    その後、リーグ戦では2003年は11位、2004年は14位、2005年は終盤まで残留争いをし、15位で残留を決めるなど低迷期が続いた。低迷した主な原因として若手選手の育成に課題があった。それまで、チームはユースから大量の選手を昇格させるという方針をとってきたが、これらの選手の多くが満足に結果を残してきたとは言い難かった。そのため、スカウトの充実や、ユース選手だけでなく外部からの選手の補強を図ることで、チームの復活を目指した。その結果、2005年度にデビューした枝村匠馬、兵働昭弘、青山直晃ら若手選手が主力として定着し、同年の天皇杯で準優勝の成績を収める。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た藤本淳吾

    リーグ戦でのトリプル5(5位以内・勝ち点50以上・50得点以上)の達成を目指して迎えた2006年も新人の藤本淳吾が主力として定着し、青山直晃が日本代表に選出されるなど前年以上に若手選手が台頭。また、元日本代表の森岡隆三、市川大祐、伊東輝悦、斉藤俊秀らも復調して開幕から上位につけ、最終的に4位でシーズンを終え、目標であったトリプル5も達成(4位・勝ち点60・得点60)し、12年ぶりに年間順位でジュビロ磐田を上回った。シーズン終了後には藤本淳吾が新人王を獲得する一方で森岡隆三が出場機会を求めて移籍するなど、世代交代を象徴するシーズンであった。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た児玉新

    永井雄一郎が横浜F、木島悠が大分、山本真希が札幌へ、児玉新がC大阪へ、太田宏介がFC東京へ、ボスナーが水原三星ブルーウィングス(大韓民国)へそれぞれ完全移籍、岡根直哉が山形へ、竹内涼が北九州へ期限付き移籍、昨シーズン熊本へ期限付き移籍していた長沢駿は京都へ、新潟へ期限付き移籍していた武田洋平はG大阪へ期限付き移籍、熊本に期限付き移籍している廣井友信の期限付き移籍が延長された。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

171件中 11 - 20件表示

「清水エスパルス」のニューストピックワード