171件中 41 - 50件表示
  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た柏レイソル

    長谷川体制6年目となる2010年は、新戦力として千葉からボスナーを、VfLボーフムから、3年ぶりのJリーグ復帰となる小野伸二を獲得。に期限付き移籍していた杉山浩太、東京Vに期限付き移籍していた廣井友信も復帰した。また、鍋田亜人夢がユースチームから3年ぶりにトップ昇格を果たした。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見たセレッソ大阪

    東京Vから高木俊幸、湘南から村松大輔、韓国Kリーグの水原から元日本代表の高原直泰、ギリシャ・スーパーリーグのイラクリスから元日本代表の小林大悟、全国高等学校サッカー選手権大会で優勝した滝川第二高校から得点王を獲得した樋口寛規、AリーグのシドニーFCからオーストラリア代表のアレックス・ブロスケを獲得した。開幕戦の柏戦で0-3で大敗したが、小野、高原などの活躍もあり、その後は6勝4分け1敗と好調を維持し上位を伺う位置につけたものの、第6節C大阪、第19節広島、第20節新潟と続く夏場のアウェー3連戦全てを0-4で大敗し3連敗。8月にオランダ北京五輪代表のDFカルフィン・ヨン・ア・ピンと元スウェーデン代表のフレドリック・ユングベリを獲得したが、上位に食い込むまでには至らず、終盤J2降格の決まっていた福岡に2点リードの状態から追いつかれて引き分けると、その後の残り3戦を3連敗と、守備に課題を残したまま、10位でシーズンを終了した。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見たフジテレビジョン

    当初は市民やテレビ静岡(静岡市)、中日新聞東海本社(浜松市)、フジテレビジョンなどが出資する株式会社エスラップ・コミュニケーションズにより運営されていたが、1997年に経営破綻。その後、鈴与をはじめとした地元企業が出資する株式会社エスパルスが1998年2月にエスラップ社より営業権を譲り受けた(詳細は後述)。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見たミズノ

    1992年 - 1996年 リーグ戦はミズノ、カップ戦はプーマ清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た斉藤俊秀

    リーグ戦でのトリプル5(5位以内・勝ち点50以上・50得点以上)の達成を目指して迎えた2006年も新人の藤本淳吾が主力として定着し、青山直晃が日本代表に選出されるなど前年以上に若手選手が台頭。また、元日本代表の森岡隆三、市川大祐、伊東輝悦、斉藤俊秀らも復調して開幕から上位につけ、最終的に4位でシーズンを終え、目標であったトリプル5も達成(4位・勝ち点60・得点60)し、12年ぶりに年間順位でジュビロ磐田を上回った。シーズン終了後には藤本淳吾が新人王を獲得する一方で森岡隆三が出場機会を求めて移籍するなど、世代交代を象徴するシーズンであった。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た堀池巧

    1991年5月設立の運営会社は資本金の約1割が市民の持ち株である。エスパルス発足当初は、堀池巧、大榎克己、長谷川健太の「清水東三羽烏」などの地元出身の選手や、初代主将となる三浦泰年や新人選手として澤登正朗などを獲得。第1回ナビスコカップ 準優勝(1992年)を果たす。その後もナビスコカップ優勝(1996年)、J1 2ndステージ優勝(1999年)、天皇杯優勝(2001年)などのタイトルを獲得した。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た兵働昭弘

    その後、リーグ戦では2003年は11位、2004年は14位、2005年は終盤まで残留争いをし、15位で残留を決めるなど低迷期が続いた。低迷した主な原因として若手選手の育成に課題があった。それまで、チームはユースから大量の選手を昇格させるという方針をとってきたが、これらの選手の多くが満足に結果を残してきたとは言い難かった。そのため、スカウトの充実や、ユース選手だけでなく外部からの選手の補強を図ることで、チームの復活を目指した。その結果、2005年度にデビューした枝村匠馬、兵働昭弘、青山直晃ら若手選手が主力として定着し、同年の天皇杯で準優勝の成績を収める。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た岩下敬輔

    シーズン途中に、辻尾真二(サンフレッチェ広島)、岩下敬輔(ガンバ大阪)、枝村匠馬(セレッソ大阪)、橘章斗(松本山雅)といった生え抜き選手のほか、ジミー・フランサ(東京ヴェルディ)を期限つきで放出。小野伸二やアレックスもシーズン途中でチームを去った。三吉聖王や金賢聖が途中加入したほか、強化指定選手として筑波大学の瀬沼優司が加入した。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見たアントニオ・ベネディット・ダ・シルバ

    22得点 - トニーニョ (1994年)清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た大榎克己

    1991年5月設立の運営会社は資本金の約1割が市民の持ち株である。エスパルス発足当初は、堀池巧、大榎克己、長谷川健太の「清水東三羽烏」などの地元出身の選手や、初代主将となる三浦泰年や新人選手として澤登正朗などを獲得。第1回ナビスコカップ 準優勝(1992年)を果たす。その後もナビスコカップ優勝(1996年)、J1 2ndステージ優勝(1999年)、天皇杯優勝(2001年)などのタイトルを獲得した。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

171件中 41 - 50件表示

「清水エスパルス」のニューストピックワード