89件中 41 - 50件表示
  • ヤクザ映画

    ヤクザ映画から見た清水健太郎清水健太郎

    1980年代からレンタルビデオによる映画供給が可能となった。これを受けて東映は、映画館での上映を考慮せず、ビデオカセットのみで発売される作品として、東映の子会社「東映ビデオ」から「Vシネマ」と呼ばれる多数のヤクザ映画を発売し、成功をおさめた。それに追従してGPミュージアムソフトなど、独立系のビデオ映画の制作会社が多数設立された。哀川翔・竹内力・松方弘樹・小沢仁志・清水健太郎・中条きよし・白竜・清水宏次朗・的場浩司ら主演の、低予算ヤクザ映画が量産され、『難波金融伝・ミナミの帝王』など「金融ヤクザ映画」とも呼ぶべき新ジャンルも存在する。ヤクザ映画 フレッシュアイペディアより)

  • トラック野郎・男一匹桃次郎

    トラック野郎・男一匹桃次郎から見た清水健太郎清水健太郎

    雅子には結婚の約束をした相手がいた。大学の先輩・村瀬薫(清水健太郎)である。だが村瀬の実家が経営する工場が破産。借金が村瀬家に重く圧し掛かっていた。薫はブラジルに渡る計画を立てるが、雅子は承知せず、将来の約束は反故になりつつあった。トラック野郎・男一匹桃次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 1977年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1977年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た清水健太郎清水健太郎

    よみうりテレビ≪日本テレビ系列≫ 実況:佐藤忠功 解説:村山実、森昌彦 ゲスト解説:足立光宏(阪急) ゲスト:清水健太郎1977年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 村上和彦 (劇画家)

    村上和彦 (劇画家)から見た清水健太郎清水健太郎

    覚醒剤で逮捕された清水健太郎の後見人を務めていた。村上和彦 (劇画家) フレッシュアイペディアより)

  • アイドル歌謡

    アイドル歌謡から見た清水健太郎清水健太郎

    清水健太郎(1976年11月21日「失恋レストラン」)アイドル歌謡 フレッシュアイペディアより)

  • 騎士道 (田原俊彦の曲)

    騎士道 (田原俊彦の曲)から見た清水健太郎清水健太郎

    作詞した阿久悠にとってはピンク・レディーの「カメレオン・アーミー」(1978年・1979年)以来5年ぶり、生前最後のオリコン1位獲得曲となった。田原は阿久が亡くなった2007年のコンサートツアーのMCにてこのことに触れるとともに、阿久が作詞したシングル数曲をセットリストに組み込んだ。なお、作曲したつのだ☆ひろにとっても、清水健太郎の「帰らない/恋人よ」(1977年)以来7年ぶり、3作目の1位獲得曲となった。騎士道 (田原俊彦の曲) フレッシュアイペディアより)

  • 和興

    和興から見た清水健太郎清水健太郎

    善悪問わず二枚目役が多かったが、近年は年齢相応に渋みを増した押しの強い風貌を売りに、役柄の幅を広げている。清水健太郎主演の『真・雀鬼』シリーズのマスター村本役で特に知られる。和興 フレッシュアイペディアより)

  • エランドール賞

    エランドール賞から見た清水健太郎清水健太郎

    新人賞 - 新井春美、浅野ゆう子、井上純一、清水健太郎、夏樹陽子、竹下景子、武田鉄矢、永島暎子エランドール賞 フレッシュアイペディアより)

  • 狩人

    狩人から見た清水健太郎清水健太郎

    1977年3月25日発売の『あずさ2号』でデビュー。同曲はいきなり大ヒットを飛ばし、また同年暮れの第19回日本レコード大賞など数々の新人賞を受賞、人気を得る。同曲でサンレモ音楽祭などにも出場。以降も『コスモス街道』『若き旅人』『アメリカ橋』などのヒットで、スター歌手の地位を築いた。年末恒例のNHK紅白歌合戦には1977年・第28回(あずさ2号)、1978年・第29回(国道ささめ雪)に2年連続で通算2回の出場を果たす。当時の所属事務所の意向もあって、若手の歌手としては珍しく、物静かなトーンで売り出していた。なお同期デビューには、当時「フレッシュ三人娘」と呼ばれた高田みづえ・榊原郁恵・清水由貴子のほか、清水健太郎、太川陽介などがいる。狩人 フレッシュアイペディアより)

  • saku saku

    saku sakuから見た清水健太郎清水健太郎

    ジゴロウが喫茶店のマスターに扮して視聴者の恋の悩みに答える。清水健太郎のヒット曲にあやかったコーナーであったが、清水が覚醒剤取締法で逮捕されたため自然消滅。saku saku フレッシュアイペディアより)

89件中 41 - 50件表示

「清水健太郎」のニューストピックワード