84件中 51 - 60件表示
  • 1952年の音楽

    1952年の音楽から見た清水健太郎清水健太郎

    10月11日 - 清水健太郎、俳優・歌手1952年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 荒木 由美子

    荒木由美子から見た清水健太郎清水健太郎

    翌1977年6月10日、キャニオンレコード(現・ポニーキャニオン)からアイドル歌手としてデビューした。デビュー曲は『渚でクロス』(オリコン最高56位、4.4万枚のセールスを記録)。同年デビューの女性歌手で、当時「フレッシュ三人娘」と呼ばれた榊原郁恵・高田みづえ・清水由貴子らと共に、各音楽賞の新人賞を獲得した。他の同期デビュー歌手では大場久美子、香坂みゆき、狩人、川崎麻世、清水健太郎、太川陽介などがいる。荒木由美子 フレッシュアイペディアより)

  • 失恋レストラン

    失恋レストランから見た清水健太郎清水健太郎

    「失恋レストラン」(しつれんレストラン)は、1976年11月21日に発売された清水健太郎のデビューシングル。失恋レストラン フレッシュアイペディアより)

  • 帰らない/恋人よ

    帰らない/恋人よから見た清水健太郎清水健太郎

    「帰らない/恋人よ」(かえらない/こいびとよ)は、1977年4月1日に発売された清水健太郎の2枚目のシングル。帰らない/恋人よ フレッシュアイペディアより)

  • ヤクザ映画

    ヤクザ映画から見た清水健太郎清水健太郎

    1980年代からレンタルビデオによる映画供給が可能となった。これを受けて東映は、映画館での上映を考慮せず、ビデオカセットのみで発売される作品として、東映の子会社「東映ビデオ」から「Vシネマ」と呼ばれる多数のヤクザ映画を発売し、成功をおさめた。それに追従してGPミュージアムソフトなど、独立系のビデオ映画の制作会社が多数設立された。哀川翔・竹内力・松方弘樹・小沢仁志・清水健太郎・中条きよし・白竜・清水宏次朗・的場浩司ら主演の、低予算ヤクザ映画が量産され、『難波金融伝・ミナミの帝王』など金融ヤクザ映画とも呼ぶべき、新ジャンルも存在する。ヤクザ映画 フレッシュアイペディアより)

  • シャイなあんちくしょう

    シャイなあんちくしょうから見た清水健太郎清水健太郎

    柳田正次(カオルの兄貴分):清水健太郎シャイなあんちくしょう フレッシュアイペディアより)

  • 五十嵐夕紀

    五十嵐夕紀から見た清水健太郎清水健太郎

    1977年(昭和52年)4月、16歳のとき、渡辺プロダクションから『6年たったら』で歌手デビュー。なお、同期には榊原郁恵、高田みづえ、清水由貴子、香坂みゆき、太川陽介、清水健太郎、狩人らがいる。同期では、香坂みゆきと仲が良かった。五十嵐夕紀 フレッシュアイペディアより)

  • 大都会 闘いの日々

    大都会 闘いの日々から見た清水健太郎清水健太郎

    暴力団組長の実娘の結婚式に絡む取材の報復で、組長の運転手(清水健太郎)の襲撃を受け負傷するが、その後元気に記者クラブに復帰した(第11話、第15話)。大都会 闘いの日々 フレッシュアイペディアより)

  • 狩人

    狩人から見た清水健太郎清水健太郎

    1977年3月25日発売の『あずさ2号』でデビュー。同曲はいきなり大ヒットを飛ばし、また同年暮れの第19回日本レコード大賞など数々の新人賞を受賞、人気を得る。同曲でサンレモ音楽祭などにも出場。以降も『コスモス街道』『若き旅人』『アメリカ橋』などのヒットで、スター歌手の地位を築いた。年末恒例のNHK紅白歌合戦には1977年・第28回(あずさ2号)、1978年・第29回(国道ささめ雪)に2年連続で通算2回の出場を果たす。当時の所属事務所の意向もあって、若手の歌手としては珍しく、物静かなトーンで売り出していた。なお同期デビューに清水健太郎、高田みづえ、榊原郁恵、太川陽介などがいる。狩人 フレッシュアイペディアより)

  • 銭形平次 (大川橋蔵)

    銭形平次 (大川橋蔵)から見た清水健太郎清水健太郎

    第815話「悪への惑い」清水健太郎、朝加真由美、荒木雅子銭形平次 (大川橋蔵) フレッシュアイペディアより)

84件中 51 - 60件表示

「清水健太郎」のニューストピックワード