89件中 61 - 70件表示
  • 1・2の三四郎

    1・2の三四郎から見た清水健太郎清水健太郎

    三四郎たちの同級生。夏でも学生服の上からトレンチコートを羽織っている。志乃のパンチラを偶然目撃してしまったことで志乃に一目惚れし、その志乃に誘われて格闘部に入部する。いわゆるカメラ小僧で、カメラ片手に志乃のパンチラを狙ったりしていた。運動は得意でなく、ラグビーや柔道の試合の際には殺虫剤や折れた道路標識など、どこから調達したのか、そしてどうやって隠していたのか分からない凶器を懐から取り出して使うのがお約束。ただし、格闘部員として参加し副将を務めた柔道インターハイ予選では、極めるのが難しいとされる三角絞めを相手に極め、一本勝ちしたこともある。エロ本を積極的に購入しており、三四郎たちが五頭たちと乱闘騒ぎを起こした際には、手に持っていた大量のエロ本を凶器として奪われた。高校卒業後は芳賀田スポーツに入社。風俗担当となり、三四郎たちを羨ましがらせる。名前の由来は『愛と誠』の岩清水弘と、元タレントの清水健太郎。それゆえ口癖は、「死ねる」。気に入った女生徒の名前を書き連ねた、「死ねるリスト」というメモを作っていた。『それいけ岩清水』という、彼と瓜二つの兄・金太郎を主役にしたスピンオフ作品が存在する。1・2の三四郎 フレッシュアイペディアより)

  • 大都会 闘いの日々

    大都会 闘いの日々から見た清水健太郎清水健太郎

    暴力団組長の実娘の結婚式に絡む取材の報復で、組長の運転手(清水健太郎)の襲撃を受け負傷するが、その後元気に記者クラブに復帰した(第11話、第15話)。大都会 闘いの日々 フレッシュアイペディアより)

  • 1976年の音楽

    1976年の音楽から見た清水健太郎清水健太郎

    トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ、清水健太郎「失恋レストラン」、さだまさし(ソロ)『帰去来』、セックス・ピストルズ「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」1976年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 清水由貴子

    清水由貴子から見た清水健太郎清水健太郎

    デビュー曲はスマッシュヒットとなり、当時盛んだった賞レースにおいても数多くの新人賞を獲得。しかし、『速報!日本レコード大賞』(TBS、1977年11月22日放送)の新人賞(5人枠)争いでは清水健太郎、高田みづえ、狩人の順で新人賞受賞が確定する中、続く受賞者を決める上位2名での決選投票で太川陽介に破れた後、最後の1枠を巡って榊原郁恵と再び決選投票となり、僅差で受賞を逃すこととなった。清水由貴子 フレッシュアイペディアより)

  • 新・日本の首領

    新・日本の首領から見た清水健太郎清水健太郎

    井垣辰夫(清水健太郎、丹波義隆)…義仁会幹部→井垣組組長。新・日本の首領 フレッシュアイペディアより)

  • 1952年

    1952年から見た清水健太郎清水健太郎

    10月11日 - 清水健太郎、俳優・歌手1952年 フレッシュアイペディアより)

  • 武部聡志

    武部聡志から見た清水健太郎清水健太郎

    1977年にかまやつひろしのバックバンドに参加。かまやつの紹介により清水健太郎、久保田早紀、寺尾聰のタレントのバックバンドに参加するようになる。武部聡志 フレッシュアイペディアより)

  • たまりまセブン大放送!

    たまりまセブン大放送!から見た清水健太郎清水健太郎

    それまで水曜19:30枠で放送されていた『みどころガンガン大放送』の流れを汲む番組で、「聖タマリマ学園」(セントタマリマがくえん)という架空の学校を舞台にし、青春・歌・笑いの3要素を軸に繰り広げた。出演者は、『みどころガンガン大放送』からピンク・レディー・せんだみつお・清水健太郎がスライド出演し、さらに当時売り出し中だった榊原郁恵と、女優・小松みどりが加入した。異色なところでは、元阪神タイガースの捕手だった「ヒゲ辻」こと辻佳紀が「パンツマン」というキャラクターで出演していた。たまりまセブン大放送! フレッシュアイペディアより)

  • コサキンDEワァオ!

    コサキンDEワァオ!から見た清水健太郎清水健太郎

    小堺・関根のデビューのきっかけとなった『ぎんざNOW!』の回想録。番組内コーナー「素人コメディアン道場」で勝ち抜いたネタをデタラメに紹介したのち、映画『人魚伝説』で再起を賭ける清水健太郎の決意について語る。コサキンDEワァオ! フレッシュアイペディアより)

  • 小倉北区

    小倉北区から見た清水健太郎清水健太郎

    清水健太郎(俳優・歌手)小倉北区 フレッシュアイペディアより)

89件中 61 - 70件表示

「清水健太郎」のニューストピックワード