117件中 21 - 30件表示
  • 清水健太郎

    清水健太郎から見たTBSテレビ

    大学生時代に北九州市小倉魚町の東映会館前でスカウトされ上京。TBSの若者向け情報番組『ぎんざNOW!』の1コーナー「素人コメディアン道場」に大学の後輩清水アキラが出場してものまねを披露する際にバックでギターを弾いていたのが好評を受ける。1975年から『ぎんざNOW!』で木曜日のコーナーを担当し、そのアイドル的なルックスで大きな話題となる。清水健太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 清水健太郎

    清水健太郎から見た日本放送協会

    男たちの旅路 第4部(1979年、NHK) - 尾島清次 役清水健太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 清水健太郎

    清水健太郎から見た萩田光雄

    泣き虫/ジイジイ・ララバイ(作詞・作曲:つのだ☆ひろ、編曲:萩田光雄) 1977年12月5日発売清水健太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 清水健太郎

    清水健太郎から見た馬飼野康二

    帰らない/恋人よ(作詞・作曲:つのだ☆ひろ、編曲:馬飼野康二) 1977年4月1日発売清水健太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 清水健太郎

    清水健太郎から見た宮川賢

    2008年2月6日、宮川賢司会のラジオ番組『バツラジ』に出演し、薬物の怖さを語った。薬物に手を出したのは「大事なものが何なのかまだわかっていなかった」と言い、薬物から抜け出すには「その人(自分)を心配してくれる人がいたら止まる(やめる)んじゃないか」と語った。清水健太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 清水健太郎

    清水健太郎から見た大野雄二

    きっと今日からは/ブルー・トレイン(作詞・作曲:つのだ☆ひろ、編曲:大野雄二) 1978年3月21日発売清水健太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 清水健太郎

    清水健太郎から見た村上和彦 (劇画家)

    2008年1月31日、記者会見にて芸能界への復帰を表明。看板シリーズ『首領への道』の原作家である村上和彦を後見人とし、一か月ごとの覚醒剤定期健診を条件に、俳優・歌手業の再開を宣言したものの、どこのプロダクションも清水を獲得しようとしなかった。清水健太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 清水健太郎

    清水健太郎から見た梅宮辰夫

    2002年には22歳年下の女優・森香名子と結婚、公私ともに順調に見えていたが、2004年4月離婚。同年5月29日、覚せい剤取締法違反で4度目の逮捕。芸能界で親しい間柄だった安岡力也や梅宮辰夫も厳しい非難のコメントを出した。8月9日に実刑2年4月の判決、群馬県前橋刑務所に収監。2006年5月仮釈放。清水健太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 清水健太郎

    清水健太郎から見た太陽にほえろ

    歌手活動と並行し、ドラマ『太陽にほえろ』で俳優としてもデビュー。『ムー』『ムー一族』などにも出演した。また、アイロンパーマをかけてから髪を短くカットする「健太郎カット」が当時の男性の間で流行した。清水健太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 清水健太郎

    清水健太郎から見た北九州市

    1952年(昭和27年)、福岡県小倉市(現:北九州市小倉北区)に生まれる。福岡教育大学附属小倉小学校、福岡教育大学附属小倉中学校、福岡県立北九州高等学校、足利工業大学工学部建築学科卒業。身長175cm。清水健太郎 フレッシュアイペディアより)

117件中 21 - 30件表示

「清水健太郎」のニューストピックワード