117件中 31 - 40件表示
  • 清水健太郎

    清水健太郎から見た歌手

    清水 健太郎(しみず けんたろう、1952年10月11日 - )は、日本の歌手、俳優。愛称はシミケン。オフィスKS所属。嘗ては、田辺エージェンシーやニューセンチュリーレコードに所属していた。清水健太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 清水健太郎

    清水健太郎から見た覚醒剤

    また、2度の未成年喫煙の発覚で事務所との契約を解除された加護亜依に対し、「覚醒剤で何度も逮捕された自分よりはやり直しがきく」とエールを送っている。清水健太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 清水健太郎

    清水健太郎から見た鬼沢慶一

    復帰後は主に暴力団の組長役が当たり役となり哀川翔、竹内力と並んで“Vシネマの帝王”と呼ばれるまでになった。特に1998年からの『首領への道』シリーズはヒット、ビデオ販売に大きく貢献した。この頃は鬼沢慶一の話によると、ギャラは推定で1本300万円の好待遇だったという。また、青少年向けの薬物防止の講演も行い、「僕の歯は全て入れ歯です」などと自身の経験を踏まえて薬物の恐ろしさを説いていた。また、4時間超の長編アダルトビデオ「さすらい 愛が泣いている」(AV監督・村西とおる)にも出演した。清水健太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 清水健太郎

    清水健太郎から見た2009年

    自動車運転過失傷害と道交法違反の罪で起訴され、2009年1月28日に懲役7ヶ月(求刑懲役10ヶ月)の実刑判決を受けた。このとき実刑を言い渡した秋吉淳一郎裁判官は「事故が警察ざたになれば芸能活動再開の支障になるとの身勝手な理由で逃走した」と非難。清水健太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 清水健太郎

    清水健太郎から見たニューセンチュリーレコード

    リスタート 2014年10月21日発売 ニューセンチュリーレコード NCCE-141021 1清水健太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 清水健太郎

    清水健太郎から見た田辺エージェンシー

    清水 健太郎(しみず けんたろう、1952年10月11日 - )は、日本の歌手、俳優。愛称はシミケン。オフィスKS所属。嘗ては、田辺エージェンシーやニューセンチュリーレコードに所属していた。清水健太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 清水健太郎

    清水健太郎から見た雀鬼 (オリジナルビデオ)

    。以後はテレビなどの表舞台から遠ざかり、『雀鬼』の桜井章一役などオリジナルビデオ作品を中心に仕事をするようになる。清水健太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 清水健太郎

    清水健太郎から見た首領への道

    復帰後は主に暴力団の組長役が当たり役となり哀川翔、竹内力と並んで“Vシネマの帝王”と呼ばれるまでになった。特に1998年からの『首領への道』シリーズはヒット、ビデオ販売に大きく貢献した。この頃は鬼沢慶一の話によると、ギャラは推定で1本300万円の好待遇だったという。また、青少年向けの薬物防止の講演も行い、「僕の歯は全て入れ歯です」などと自身の経験を踏まえて薬物の恐ろしさを説いていた。また、4時間超の長編アダルトビデオ「さすらい 愛が泣いている」(AV監督・村西とおる)にも出演した。清水健太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 清水健太郎

    清水健太郎から見た小京都ミステリー

    小京都ミステリー5・奥飛騨三寺まいり殺人事件(1992年)清水健太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 清水健太郎

    清水健太郎から見たGメン'82

    人気の絶頂が過ぎた1983年に大麻取締法違反で逮捕(起訴猶予)。皮肉にも、『Gメン'82』で刑事役を演じていた最中での逮捕であった。1985年、アメリカ人モデルと結婚するが、1986年にも同じく大麻取締法違反で2度目の逮捕(懲役1年執行猶予4年の有罪判決)。また、アメリカ人モデルとは1991年に離婚清水健太郎 フレッシュアイペディアより)

117件中 31 - 40件表示

「清水健太郎」のニューストピックワード