76件中 21 - 30件表示
  • いつでも笑みを!

    いつでも笑みを!から見た清水圭清水圭

    司会者が舞台などで出演できない場合は、清水圭やピーター(池畑慎之介)などが代理として出演した。いつでも笑みを! フレッシュアイペディアより)

  • PARTYしようよ

    PARTYしようよから見た清水圭清水圭

    1997年12月22日にはクリスマスシーズンに合わせて「PARTYしようよ・クリスマスSP」として、清水圭、升毅、加藤晴彦、藤森夕子、三浦早苗らが出演した30分の特別版が放送されている(なおこの特別番組のみ、サントリーの一社提供ではなく、サブでUCカードがスポンサーについていた)。PARTYしようよ フレッシュアイペディアより)

  • ラブラブダッシュ!

    ラブラブダッシュ!から見た清水圭清水圭

    放送当時はVTRの規格が2インチで、機器・テープともに高価で安易に保存ができず、上書きしての使い回しが主流だった。さらには著作権法や出場者の肖像権などの絡みで番組の資料保存が制約されていたという事情もあり、放送された映像はほとんど現存していない。現に1993年4月に『探偵!ナイトスクープ』にて「ラブラブダッシュで出場して、カップル成立した時の当時の相手に会いたい」という女性の依頼で、当時同番組で探偵役を務めていた清水圭が桂朝丸(現・二代目桂ざこば)司会時代の放送素材は残っていないかを確かめにCBCを訪ねたところ、台本のみが現存していたという。なお、出場した回の映像は、当時の相手がビデオテープに録画保存していた。ラブラブダッシュ! フレッシュアイペディアより)

  • 夕方チャンス!

    夕方チャンス!から見た清水圭清水圭

    清水圭、立原啓裕ら日替わりレギュラーがハイヒールとともに流行情報を紹介。夕方チャンス! フレッシュアイペディアより)

  • オトナになりたい

    オトナになりたいから見た清水圭清水圭

    女の子たちの本音や素顔を見せることをコンセプトにしていた深夜番組で、出演者には10代のタレントの卵たちを多く起用していた。彼女たちは番組内で「マンデーチルドレン」、略して「マンチル」と呼ばれていた。司会は清水圭が担当。ほか、毎回1組のゲストコメンテーターが出演していた。オトナになりたい フレッシュアイペディアより)

  • 圭修のうしみつ天国

    圭修のうしみつ天国から見た清水圭清水圭

    一般からの参加者同士がスタジオで討論する模様を放送していた深夜番組で、毎回1つの討論テーマを設けては彼らに好きなように討論させていた。司会は圭・修の清水圭と和泉修が担当。ゲストには今井美樹など、当時から著名だった人物を招いていた。圭修のうしみつ天国 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤美穂子

    後藤美穂子から見た清水圭清水圭

    清水圭のどんと来い!下北・秋編/春編」(青森放送)後藤美穂子 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草橋ヤング洋品店

    浅草橋ヤング洋品店から見た清水圭清水圭

        エンゾ清水(清水圭)に「お前はチンピラ芸人なんかじゃない、!立派な、日本一の男だ!」言わしめた対決は伝説となっている。浅草橋ヤング洋品店 フレッシュアイペディアより)

  • ケツカッチン (お笑いコンビ)

    ケツカッチン (お笑いコンビ)から見た清水圭清水圭

    修は清水圭とお笑いコンビ「清水圭・和泉修」を組んでいたが、コンビとしての活動は休止状態であった。しかしM-1グランプリ開催を知り、「もう一度漫才師として漫才をやりたい、M-1グランプリに出たい」という強い意欲にかきたてられたことから、圭の了承を得て正式に解散。相方の河本栄得を亡くして事実上ピンで活動していた「ベイブルース」の高山を誘い、コンビを結成した。ただし、M-1グランプリには2001年(当時のコンビ名は「修・高山」)と2008年の二度しか出場していない。なお、2001年には三回戦で敗退したが、2008年は準決勝まで進んでおり、敗者復活戦にも出場した。ケツカッチン (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • ヨシモトムチッ子物語

    ヨシモトムチッ子物語から見た清水圭清水圭

    マイマイカブリシミズ「清水圭+マイマイカブリ」(声:佐藤まさよし)ヨシモトムチッ子物語 フレッシュアイペディアより)

76件中 21 - 30件表示

「清水圭」のニューストピックワード