74件中 21 - 30件表示
  • 和泉修

    和泉修から見た清水圭清水圭

    大学同窓の清水圭とお笑いコンビ「清水圭・和泉修」(圭・修と略称)を結成し、吉本興業に所属。コンビ結成から吉本期待の若手として将来を嘱望され、一時はダウンタウンのライバルと見なされることもあった。その後圭が活動の拠点を東京に移し、修もピンで活動。大学の修士課程で学びながら芸能活動を続ける。和泉修 フレッシュアイペディアより)

  • ラブアタック!

    ラブアタック!から見た清水圭清水圭

    関西テレビアナウンサーの毛利八郎、中部日本放送アナウンサーの塩見啓一、元日本テレビアナウンサーの小倉淳、なにわのカリスマ添乗員平田進也、タレントの清水圭、松本竜助、トミーズ雅、大川興業総裁の大川豊なども出場したことがある。ラブアタック! フレッシュアイペディアより)

  • 木村郁美

    木村郁美から見た清水圭清水圭

    清水圭のスポーツKONG!(1998年10月 - 1999年3月)木村郁美 フレッシュアイペディアより)

  • クイズ・タイムリミット

    クイズ・タイムリミットから見た清水圭清水圭

    清水圭…チームリーダー。クイズ・タイムリミット フレッシュアイペディアより)

  • 矢澤克之

    矢澤克之から見た清水圭清水圭

    1989年に『探偵!ナイトスクープ』の取材ディレクターとして、1991年まで番組制作に携わる。『ラインバックの墓探し』でアメリカ取材、ギャラクシー賞にノミネートされる。清水圭のデビュー作、桂小枝とともに琵琶湖の幽霊ホテルに泊まるなど様々な作品を制作。一時、番組を離れるが、その後1998年に『探偵!ナイトスクープ』のチーフディレクターとして復帰し、「CMに写る妙なもの」「カルタ名人との対決」や「炎のカレー対決」など名作を連発。2000年4月にプロデューサー兼、総合演出となり、上岡龍太郎の芸能界引退特番を制作。上岡が引退後は番組が迷走しかけたが、それを立て直すため西田敏行を司会に擁立するべく奔走。当時、NHK大河ドラマの主役でもあり、邦画界の大物俳優である西田のバラエティ番組キャスティングは不可能とおもわれたが、情熱的に事務所に日参し、本人も受諾、これを実現させる。番組起用後は、バラエティに慣れぬ西田を支え続け、西田敏行の番組の司会者才能を開花させ、『探偵!ナイトスクープ』の第2期黄金時代を築きあげた。2001年の民間放送全国大会においては、日本民間放送連盟賞(テレビエンターテインメント番組部門)最優秀賞を受賞するなど、『探偵!ナイトスクープ』の中興の祖として名を成す。矢澤克之 フレッシュアイペディアより)

  • ラブラブダッシュ!

    ラブラブダッシュ!から見た清水圭清水圭

    放送当時はVTRの規格が2インチで、機器・テープともに高価で安易に保存ができず、上書きしての使い回しが主流だった。さらには著作権法や出場者の肖像権などの絡みで番組の資料保存が制約されていたという事情もあり、放送された映像はほとんど現存していない。現に『探偵!ナイトスクープ』で「ラブラブダッシュで出場して、カップル成立した時の当時の相手に会いたい」と言う女性の依頼で、当時同番組で探偵役を務めていた清水圭が桂朝丸(現・二代目桂ざこば)司会時代の放送素材は残っていないかを確かめにCBCを訪ねに行ったところ、台本のみが現存していたという。なお、出場した回の映像は、当時の相手がビデオテープに録画保存していた。ラブラブダッシュ! フレッシュアイペディアより)

  • 北野タレント名鑑

    北野タレント名鑑から見た清水圭清水圭

    清水圭(2004年12月23日放送)北野タレント名鑑 フレッシュアイペディアより)

  • 難問解決!ご近所の底力

    難問解決!ご近所の底力から見た清水圭清水圭

    妙案お探し隊隊員:清水圭、松居直美、Take2(いずれも2006年度まで)難問解決!ご近所の底力 フレッシュアイペディアより)

  • 吾輩は主婦である

    吾輩は主婦であるから見た清水圭清水圭

    みどりとたかしの長女。中学二年生。純粋で心優しい娘だが、家族の劇的な変化につい反抗的な態度を取ってしまうことも。特にたかしに対しては、思春期特有の娘が父親に対して覚える嫌悪感からかなりきつく当たることが多い。清水圭の大ファンで、ファンレターの返事をみどりたちはボーイフレンドからのラブレターと勘違いした。吾輩は主婦である フレッシュアイペディアより)

  • オトナになりたい

    オトナになりたいから見た清水圭清水圭

    女の子たちの本音や素顔を見せることをコンセプトにしていた深夜番組で、出演者には10代のタレントの卵たちを多く起用していた。彼女たちは番組内で「マンデーチルドレン」、略して「マンチル」と呼ばれていた。司会は清水圭が担当。ほか、毎回1組のゲストコメンテーターが出演していた。オトナになりたい フレッシュアイペディアより)

74件中 21 - 30件表示

「清水圭」のニューストピックワード