54件中 11 - 20件表示
  • ジェレミー・ウォザースプーン

    ジェレミー・ウォザースプーンから見た清水宏保清水 宏保

    彼はすぐに頭角を現し、1997年にISUワールドカップ・スピードスケートで初優勝を遂げた。1998年の長野オリンピックでは、清水宏保の最大のライバルとして注目されたが、男子500m競技の1回目7位と出遅れ、五輪優勝が絶望視された。2回目ではなんとか2位に入り、総合で金メダルの清水に次いで銀メダルを獲得し、トップレベルの実力に達したことが証明される。しかし冬季オリンピックのメダル獲得はこれが唯一であった。ジェレミー・ウォザースプーン フレッシュアイペディアより)

  • 川村恵三

    川村恵三から見た清水宏保清水 宏保

    競輪及び自転車競技指導者として名高く、山田英樹(競輪学校67期)、落合豊(同69期)、十文字貴信(同第75期)は愛弟子である。また、武田豊樹(同88期)はスピードスケート選手時代、長野五輪金メダリストの清水宏保とともに自転車トレーニングで川村の指導を受け、競輪選手に転身する際にも川村に師事した。川村恵三 フレッシュアイペディアより)

  • ヤン・ボス

    ヤン・ボスから見た清水宏保清水 宏保

    スピードスケートでは1000mのスペシャリスト的存在の選手であり、1998年の長野オリンピックにおいて、清水宏保を抑え、イツ・ポストマに次いで銀メダルを獲得。ヤン・ボス フレッシュアイペディアより)

  • 西岡和哉 (スピードスケート)

    西岡和哉 (スピードスケート)から見た清水宏保清水 宏保

    1997年10月25日にエムウェーブで行われた記録会で36秒80を出して1位となった。11月2日まで行われた、ワールドカップ派遣選手選考協議会で堀井学、宮部保範に次いで3位となり、ISUワールドカップ前半戦に派遣されることが決定、9日、カルガリーのオリンピックオーバルで行われた記録会では、男子1000mで清水宏保に次いで2位に入った。同年12月の全日本スプリントスピードスケート選手権大会では総合得点で6位となった。西岡和哉 (スピードスケート) フレッシュアイペディアより)

  • 東京アールアンドデー

    東京アールアンドデーから見た清水宏保清水 宏保

    量産車・競技用車両・関連部品などの研究開発・設計・試作や、カドウェルなどのレーシングカーの開発、スポーツ用品の開発など幅広い活動を行っている。1998年には、長野オリンピックのスピードスケート・男子500mで、清水宏保が同社製のスケート靴を使用し金メダルを獲得した。東京アールアンドデー フレッシュアイペディアより)

  • 杉森輝大

    杉森輝大から見た清水宏保清水 宏保

    長野オリンピック金メダリストの清水宏保を幼少期より兄のように慕っており、2008年にフリースタイルが清水とトレーニングマネジメント契約を結んだのを機に杉森も同社とトレーニングマネジメント&マネジメント契約を結ぶ。杉森輝大 フレッシュアイペディアより)

  • 吉井妙子

    吉井妙子から見た清水宏保清水 宏保

    神の肉体 清水宏保(2002、新潮社)吉井妙子 フレッシュアイペディアより)

  • 帯広の森スピードスケート場

    帯広の森スピードスケート場から見た清水宏保清水 宏保

    前身は1985年(昭和60年)開場の屋外施設「帯広の森スピードスケート場」であり、多くの国際・国内大会を開催してきた。1998年(平成10年)に長野オリンピックスピードスケート男子500m競技で帯広市出身の清水宏保が金メダルを獲得(長野オリンピックにおけるスピードスケート競技)。これを契機として屋内スケート場の建設構想が持ち上がり道立施設誘致を働きかけるが、北海道が財政難を理由に設置困難を示した。さらに、環境問題により製造中止となった冷媒フロンの在庫期限が迫る中、帯広市は単独整備へと方針転換した。その後、国・道の補助が決まり2007年(平成19年)6月から全面改修が始まった。帯広の森スピードスケート場 フレッシュアイペディアより)

  • 札幌人図鑑

    札幌人図鑑から見た清水宏保清水 宏保

    アリオ札幌(第1100回:長野五輪金メダリスト 清水宏保・船木和喜)札幌人図鑑 フレッシュアイペディアより)

  • 長義和

    長義和から見た清水宏保清水 宏保

    年齢制限にひっかかるからといって日本アマチュア界の第一人者をどうして競輪界は受け入れてやらないのかという声も一部にはあったが、当時の競輪界は規則一点張りで半ば聞く耳を持たずの状態で、長の一件があって以降も競輪学校の受験資格条件は変えられることがなかった。ところが五輪メダリストの清水宏保が後に長野オリンピック後に競輪界入りを希望しながらも年齢制限にひっかかり(当時24歳)受験さえできなかったことが分かってマスコミで大々的に問題視されると、漸く競輪界は受験資格の一部変更に踏み切り、また93期以降より競輪学校の受験資格に年齢の上限はなくなった。長義和 フレッシュアイペディアより)

54件中 11 - 20件表示

「清水宏保」のニューストピックワード