54件中 31 - 40件表示
  • 清水 宏保

    清水宏保から見たソルトレイクシティオリンピック

    1994年リレハンメルオリンピック、1998年長野オリンピック、2002年ソルトレイクシティオリンピック、2006年トリノオリンピックと、4度の冬季オリンピックに出場している。長野では500mで日本のスピードスケート選手としては初となる金メダル、1000mでも銅メダルを獲得、ソルトレイクシティの500mでもトップと0.03秒差の銀メダルを獲得した。ワールドカップ(W杯)通算優勝回数は34回である。清水宏保 フレッシュアイペディアより)

  • 清水 宏保

    清水宏保から見たスピードスケート

    清水 宏保(しみず ひろやす、1974年2月27日 - )は、日本のスピードスケート選手。長野オリンピックで金メダル1個、銅メダル1個、ソルトレイクシティオリンピックで銀メダルを獲得した。身長は162cm。ファッションモデルの高垣麗子は元妻。清水宏保 フレッシュアイペディアより)

  • 清水 宏保

    清水宏保から見たオリンピックスピードスケート競技

    1994年リレハンメルオリンピック、1998年長野オリンピック、2002年ソルトレイクシティオリンピック、2006年トリノオリンピックと、4度の冬季オリンピックに出場している。長野では500mで日本のスピードスケート選手としては初となる金メダル、1000mでも銅メダルを獲得、ソルトレイクシティの500mでもトップと0.03秒差の銀メダルを獲得した。ワールドカップ(W杯)通算優勝回数は34回である。清水宏保 フレッシュアイペディアより)

  • 清水 宏保

    清水宏保から見たショートトラック

    清水が前半の「ロケットスタート」でタイムを出すタイプであるのに対して、加藤条治は世界一と称されるコーナーワークの技術が持ち味。加藤が高校生だった頃から、清水はその技術の高さに一目置いており、加藤がショートトラックからコーナーワークを磨いていたことを聞きつけると自分の練習にもショートを取り入れるなど、その技術の習得に意欲を見せた。加藤条治とはライバル関係にあるが、プライベートでは仲が良い。清水宏保 フレッシュアイペディアより)

  • 清水 宏保

    清水宏保から見たバゼルガ・ディ・ピネ

    1993年2月、イタリア・バゼルガ・ディ・ピネで行われたスピードスケートW杯に18歳で初出場し初優勝という快挙を達成。その直後の世界スプリント=群馬県伊香保では総合3位に入り、小柄な世界トップスケーターとして注目を集める。清水宏保 フレッシュアイペディアより)

  • 清水 宏保

    清水宏保から見たソルトレイクシティオリンピックにおけるスピードスケート競技

    清水 宏保(しみず ひろやす、1974年2月27日 - )は、日本のスピードスケート選手。長野オリンピックで金メダル1個、銅メダル1個、ソルトレイクシティオリンピックで銀メダルを獲得した。身長は162cm。ファッションモデルの高垣麗子は元妻。清水宏保 フレッシュアイペディアより)

  • 清水 宏保

    清水宏保から見た失神

    固定自転車により失神寸前まで追い込むトレーニングをおこなっていた。また、自らが使う道具、特にスケート靴に強いこだわりを持つ。長野五輪前にはスラップスケートの靴底にカーボンファイバーを使い剛性を高めることを思いつき、「カーボンファイバーに関する高い加工ノウハウを持っている」との理由から、本来レーシングカーの製造会社である東京R&Dに特注してカーボンファイバー製のスケート靴を作らせたほどであった(長野五輪ではその東京R&D製のスケート靴を使用し金メダルを獲得している)。清水宏保 フレッシュアイペディアより)

  • 清水 宏保

    清水宏保から見た日本競輪学校

    上記の通り、1998年4月に三協精機を退社したが、理由は競輪学校受験のためという話が、一部のマスコミ報道でなされた。つまりこの時点で競輪選手への転向を視野に入れていたが、当時競輪学校の受験資格に『満24歳未満』という年齢制限があり、同時期時点で24歳となっていた清水には受験資格がなかった。清水宏保 フレッシュアイペディアより)

  • 清水 宏保

    清水宏保から見たトリノオリンピックにおけるスピードスケート競技

    1994年リレハンメルオリンピック、1998年長野オリンピック、2002年ソルトレイクシティオリンピック、2006年トリノオリンピックと、4度の冬季オリンピックに出場している。長野では500mで日本のスピードスケート選手としては初となる金メダル、1000mでも銅メダルを獲得、ソルトレイクシティの500mでもトップと0.03秒差の銀メダルを獲得した。ワールドカップ(W杯)通算優勝回数は34回である。清水宏保 フレッシュアイペディアより)

  • 清水 宏保

    清水宏保から見たリレハンメルオリンピックにおけるスピードスケート競技

    1994年リレハンメルオリンピック、1998年長野オリンピック、2002年ソルトレイクシティオリンピック、2006年トリノオリンピックと、4度の冬季オリンピックに出場している。長野では500mで日本のスピードスケート選手としては初となる金メダル、1000mでも銅メダルを獲得、ソルトレイクシティの500mでもトップと0.03秒差の銀メダルを獲得した。ワールドカップ(W杯)通算優勝回数は34回である。清水宏保 フレッシュアイペディアより)

54件中 31 - 40件表示

「清水宏保」のニューストピックワード