清水将海 ニュース&Wiki etc.

清水 将海(しみず まさうみ、1975年1月9日 - )は、群馬県高崎市出身の元プロ野球選手(捕手)。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「清水将海」のつながり調べ

  • 吉鶴憲治

    吉鶴憲治から見た清水将海

    移籍した当初は3番手止まりだったが、当時の正捕手争いのメインであった定詰雅彦と田村藤夫が同シーズン終了後に揃ってチームを離れ、控え捕手の山中潔が引退したため、翌は、当時入団したばかりの大学ナンバーワンと評価された清水将海と共に併用される形で起用された。清水が守備の評価が高い反面、打撃が弱くチームも貧打に苦しみがちで打撃が売りの吉鶴が1番手捕手としてマスクをかぶった。98年には初の開幕スタメンを勝ち取り椎木匠、福澤洋一の再台頭はあったものの引き続き1番手捕手をキープしたが、この2年チームは最下位に沈む。(吉鶴憲治 フレッシュアイペディアより)

  • 山北茂利

    山北茂利から見た清水将海

    に57試合に登板し1勝4敗、防御率4.13の成績を残す。その年のオフに開催された第15回IBAFインターコンチネンタルカップ日本代表に選出される。も57試合に登板し3勝0敗、防御率3.25と昨年よりも成績を向上させた。しかしは故障の影響で一軍登板は7試合にとどまる。オフに清水将海との交換トレードで千葉ロッテマリーンズに移籍。ロッテではわずか8試合の登板に留まり、4月27日に龍太郎、南竜介との2対1の交換トレードで左腕不足に悩まされていた横浜ベイスターズに移籍。(山北茂利 フレッシュアイペディアより)

「清水将海」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「清水将海」のニューストピックワード