前へ 1 2 3
29件中 1 - 10件表示
  • 里崎智也

    里崎智也から見た清水将海清水将海

    清水将海に代わる正捕手の座を巡って橋本将などと争い、開幕から暫くマスクを任された。4月3日の福岡ダイエーホークス戦にて山田秋親からプロ入り初本塁打を放った。しかし同年放った安打はこの本塁打のみで、公式戦出場は12試合に終わり目立った活躍はできなかった。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 市川裕喜

    市川裕喜から見た清水将海清水将海

    趣味は野球で、プロ野球界では福岡ソフトバンクホークスの清水将海と親交がある。市川裕喜 フレッシュアイペディアより)

  • 河原井正雄

    河原井正雄から見た清水将海清水将海

    1996年、井口資仁(ダイエー?フィラデルフィア・フィリーズ?ロッテ)・澤崎俊和(元広島)・清水将海(ロッテ?中日)・倉野信次(ダイエー・ソフトバンク)らを擁し、2度目の大学日本一と全日本アマチュア野球王座決定戦で住友金属を破りアマチュア王座に導く。河原井正雄 フレッシュアイペディアより)

  • 山北茂利

    山北茂利から見た清水将海清水将海

    に57試合に登板し1勝4敗、防御率4.13の成績を残す。その年のオフに開催された第15回IBAFインターコンチネンタルカップ日本代表に選出される。も57試合に登板し3勝0敗、防御率3.25と昨年よりも成績を向上させた。しかしは故障の影響で一軍登板は7試合にとどまる。オフに清水将海との交換トレードで千葉ロッテマリーンズに移籍。ロッテではわずか8試合の登板に留まり、4月27日に龍太郎、南竜介との2対1の交換トレードで左腕不足に悩まされていた横浜ベイスターズに移籍。山北茂利 フレッシュアイペディアより)

  • 市川喜猿

    市川喜猿から見た清水将海清水将海

    同郷のプロ野球選手福岡ソフトバンクホークスの清水将海と親交があり、清水がかって所属した千葉ロッテマリーンズ、中日ドラゴンズ、福岡ソフトバンクホークスの3球団を応援。オフを利用し、球場にも足を運んでいる。市川喜猿 フレッシュアイペディアより)

  • 倉野信次

    倉野信次から見た清水将海清水将海

    宇治山田高校では2年夏の大会で県ベスト8、3年夏には決勝まで進出するが三重高校にサヨナラ負けを喫し甲子園には出場できず。東都の青山学院大では井口忠仁・澤崎俊和・清水将海・高須洋介らと共に黄金時代を築く。東都大学リーグ通算41試合登板17勝7敗、防御率3.17、154奪三振。3年生春に7勝1敗で最優秀投手とベストナインに選ばれる。倉野信次 フレッシュアイペディアより)

  • 信原拓人

    信原拓人から見た清水将海清水将海

    初出場:2001年4月24日、対オリックス・ブルーウェーブ3回戦(グリーンスタジアム神戸)、9回表に清水将海の代打として出場信原拓人 フレッシュアイペディアより)

  • 小川将俊

    小川将俊から見た清水将海清水将海

    2008年は3番手だった清水将海が怪我で出遅れたこともあって開幕一軍メンバー入りを果たすが、主に代走として登場することが多かった。結果プロ入り最多の13試合に出場するも打率.182と良い結果を残すことはできなかった。小川将俊 フレッシュアイペディアより)

  • 木元邦之

    木元邦之から見た清水将海清水将海

    初盗塁:2002年9月23日、対千葉ロッテマリーンズ23回戦(東京ドーム)、5回裏2死に二盗(投手:川井貴志、捕手:清水将海木元邦之 フレッシュアイペディアより)

  • 吉鶴憲治

    吉鶴憲治から見た清水将海清水将海

    当時の正捕手争いのメインであった定詰雅彦と田村藤夫が同シーズン終了後に揃ってチームを離れたため、翌1997年以降出番に恵まれるようになり、清水将海と併用される形で起用された。吉鶴憲治 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
29件中 1 - 10件表示

「清水将海」のニューストピックワード