29件中 11 - 20件表示
  • ブライアン・ネルソン

    ブライアン・ネルソンから見た清水将海清水将海

    初盗塁:同上、5回裏に二盗(投手:ネイサン・ミンチー、捕手:清水将海ブライアン・ネルソン フレッシュアイペディアより)

  • 橋本将

    橋本将から見た清水将海清水将海

    は新人時代から小野晋吾とのバッテリーを中心に、77試合に出場。課題とされたスローイング技術も山中潔の指導によって飛躍的に向上を遂げる。当時の正捕手は清水将海だったが打撃に難があったため、高校時代から打力があった橋本や里崎智也が起用される機会も多かった。打順も清水が8番か9番に固定されていた一方、橋本や里崎はこの時期からクリーンアップを打つこともあった。橋本将 フレッシュアイペディアより)

  • 東京農業大学第二高等学校

    東京農業大学第二高等学校から見た清水将海清水将海

    清水将海 - 元プロ野球選手(福岡ソフトバンクホークス)東京農業大学第二高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の野球

    2010年の野球から見た清水将海清水将海

    【NPB】中日・清水将海捕手とソフトバンク・三瀬幸司投手の1対1トレードが成立し、両球団から発表。2010年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 巽真悟

    巽真悟から見た清水将海清水将海

    は3月に行われたこの年発足したホークス三軍と福岡大との交流試合で、8回132球を投げぬき5安打無失点8奪三振の好投で勝ち投手となり、ホークス三軍の初勝利となった。巽はこの試合で「負けられないという緊張感の中、いつものノビノビ投球とは違う気迫を見せた」と小川史三軍監督に評価された。この試合はバッテリーを組んだ一軍でも680試合出場と経験豊富なベテラン清水将海を初め、開幕スタメン経験のある中西健太や大西宏明、期待の若手柳田悠岐、立岡宗一郎、大城祐二といった三軍とは思えないような豪華な陣容であった。この年はウエスタン・リーグで最多勝となる11勝(5敗)と結果を残した。ソフトバンクが日本シリーズで優勝したことにより出場したアジアシリーズ2011では、オーストラリア代表パース・ヒート戦で2番手として登板し、勝利投手となった。シーズンオフにはウィンターリーグへの派遣を断り、肉体改造に着手した。巽真悟 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球スピリッツ2010

    プロ野球スピリッツ2010から見た清水将海清水将海

    清水将海(中日ドラゴンズ)⇔三瀬幸司(福岡ソフトバンクホークス)プロ野球スピリッツ2010 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た清水将海清水将海

    初盗塁:同上、3回表に本盗(投手:近藤芳久、捕手:清水将海谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤佑樹

    斎藤佑樹から見た清水将海清水将海

    10月28日に開催されたプロ野球ドラフト会議にて、東京ヤクルトスワローズ、北海道日本ハムファイターズ、千葉ロッテマリーンズ、福岡ソフトバンクホークスの4球団が1位指名し、抽選の結果、日本ハムが交渉権を獲得。同会議では早稲田大学の同期生である大石達也と福井優也も、それぞれ埼玉西武ライオンズと広島東洋カープに1位で指名され(大石は広島を含む他5球団との競合)、プロ野球ドラフト会議において同一大学の投手3人が1位指名を受けたのは同会議史上初、ポジションに関わらず3人が1位指名されたのは、の青山学院大学(井口忠仁、澤崎俊和、清水将海)以来となった。10月30日から早慶戦を控えていたため当日には記者会見は行われず、早慶優勝決定戦翌日の11月4日に大石、福井とともに会見が開かれ、プロ入りへの意気込みを語った。12月6日に日本ハムとの初交渉に臨み、新人としては最高評価の年俸1500万円、契約金1億円、出来高5000万円(金額は推定)で仮契約した。12月9日には日本ハムの本拠地・札幌ドームにおいて、の新庄剛志以来7年ぶりの単独の入団会見が行われた。会見には監督の梨田昌孝と球団社長の藤井純一が同席し、背番号「18」のユニフォーム姿をお披露目した。その後、梨田が捕手となりマウンドでプロ第一球を披露し、トークショー、サインボール投げ入れなどのセレモニーが行われた。斎藤佑樹 フレッシュアイペディアより)

  • 横川史学

    横川史学から見た清水将海清水将海

    2006年の大学生・社会人ドラフトで東北楽天ゴールデンイーグルスから4巡目で指名を受け、入団。同年のドラフトでは横川のほか、大崎雄太朗(埼玉西武ライオンズ)、高市俊(東京ヤクルトスワローズ)、円谷英俊(読売ジャイアンツ)が指名された。青山学院大学硬式野球部から同時に4名が指名されたのは、1996年に井口資仁・澤崎俊和・清水将海・倉野信次が指名されて以来10年ぶり2回目。横川史学 フレッシュアイペディアより)

  • 辻俊哉

    辻俊哉から見た清水将海清水将海

    2002年、当時正捕手だった清水将海の怪我や、里崎智也・橋本将らの伸び悩みなど、チームの捕手難の事情の中、1年目にして6月に一軍昇格。プロ初本塁打を満塁本塁打で飾り、41試合に出場した。ロッテでは里崎・橋本に続く3番手の捕手として一軍に定着したが、自軍が大量リードしている際に途中交代でマスクを被る事が殆どで、大抵は左投手に対してのスタメン・代打で起用され、一塁か指名打者に入る事が多かった。2006年は、開幕から右の代打として頭角を示し、里崎の故障の際には代役を務め、後半は橋本の極度の不振により2番手として出場機会を増やし、シーズンを通して初めて1軍に居続けた。辻俊哉 フレッシュアイペディアより)

29件中 11 - 20件表示

「清水将海」のニューストピックワード