35件中 11 - 20件表示
  • 小川将俊

    小川将俊から見た清水将海清水将海

    2008年は3番手だった清水将海が怪我で出遅れたこともあって開幕一軍メンバー入りを果たすが、主に代走として登場することが多かった。結果プロ入り最多の13試合に出場するも打率.182と良い結果を残すことはできなかった。小川将俊 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の中日ドラゴンズ

    2010年の中日ドラゴンズから見た清水将海清水将海

    6月24日 - ソフトバンクの三瀬幸司と清水将海の交換トレードが成立したことを発表2010年の中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本プロ野球

    2010年の日本プロ野球から見た清水将海清水将海

    6月24日 - ソフトバンクの三瀬幸司と中日の清水将海の交換トレードが発表したことを発表2010年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・ネルソン

    ブライアン・ネルソンから見た清水将海清水将海

    初盗塁:同上、5回裏に二盗(投手:ネイサン・ミンチー、捕手:清水将海ブライアン・ネルソン フレッシュアイペディアより)

  • 倉野信次

    倉野信次から見た清水将海清水将海

    宇治山田高校では2年夏の大会で県ベスト8、3年夏には同校史上77年ぶりの全国大会出場を狙って決勝まで進出するが、三重高校にサヨナラ負けを喫し甲子園には出場できず。東都の青山学院大では井口忠仁・澤崎俊和・清水将海・高須洋介らと共に黄金時代を築く。東都大学リーグ通算41試合登板、17勝7敗、防御率3.17、154奪三振。3年生春に7勝1敗で最優秀投手とベストナインに選ばれる。倉野信次 フレッシュアイペディアより)

  • 吉鶴憲治

    吉鶴憲治から見た清水将海清水将海

    移籍した当初は3番手止まりだったが、当時の正捕手争いのメインであった定詰雅彦と田村藤夫が同シーズン終了後に揃ってチームを離れ、控え捕手の山中潔が引退したため、翌は、当時入団したばかりの大学ナンバーワンと評価された清水将海と共に併用される形で起用された。清水が守備の評価が高い反面、打撃が弱くチームも貧打に苦しみがちで打撃が売りの吉鶴が1番手捕手としてマスクをかぶった。98年には初の開幕スタメンを勝ち取り椎木匠、福澤洋一の再台頭はあったものの引き続き1番手捕手をキープしたが、この2年チームは最下位に沈む。吉鶴憲治 フレッシュアイペディアより)

  • 橋本将

    橋本将から見た清水将海清水将海

    は新人時代から小野晋吾とのバッテリーを中心に、77試合に出場。課題とされたスローイング技術も山中潔の指導によって飛躍的に向上を遂げる。当時の正捕手は清水将海だったが打撃に難があったため、高校時代から打力があった橋本や里崎智也が起用される機会も多かった。打順も清水が8番か9番に固定されていた一方、橋本や里崎はこの時期からクリーンアップを打つこともあった。橋本将 フレッシュアイペディアより)

  • 辻俊哉

    辻俊哉から見た清水将海清水将海

    、当時正捕手だった清水将海の怪我や、里崎智也・橋本将らの伸び悩みなど、チームの捕手難の事情の中、1年目にして6月に一軍昇格。プロ初本塁打を満塁本塁打で飾り、41試合に出場した。里崎・橋本に続く3番手捕手として一軍に定着したが、自軍が大量リードしている際に途中交代でマスクを被る事が殆どで、大抵は左投手に対してのスタメン・代打で起用され、一塁か指名打者に入る事が多かった。辻俊哉 フレッシュアイペディアより)

  • 東京農業大学第二高等学校

    東京農業大学第二高等学校から見た清水将海清水将海

    清水将海 - 元プロ野球選手(福岡ソフトバンクホークス)東京農業大学第二高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 吉本亮 (内野手)

    吉本亮 (内野手)から見た清水将海清水将海

    初盗塁:2003年5月2日、対千葉ロッテマリーンズ3回戦(福岡ドーム)、3回裏に二盗(投手:川井貴志、捕手:清水将海吉本亮 (内野手) フレッシュアイペディアより)

35件中 11 - 20件表示

「清水将海」のニューストピックワード