1 2 3 次へ
29件中 21 - 29件表示
  • 高須洋介

    高須洋介から見た清水将海清水将海

    その後青山学院大学に進学。1年次から二塁手でレギュラー。3年間、1学年上の井口資仁と不動の二遊間を組む。井口卒業後は遊撃手、三塁手も務める。井口の他、1学年上には、澤崎俊和、清水将海、倉野信次らがおり、各大会で優勝を収め黄金時代を築いた。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 1975年

    1975年から見た清水将海清水将海

    1月9日 - 清水将海、プロ野球選手1975年 フレッシュアイペディアより)

  • 1月9日

    1月9日から見た清水将海清水将海

    1975年 - 清水将海、プロ野球選手1月9日 フレッシュアイペディアより)

  • 吉本亮 (内野手)

    吉本亮 (内野手)から見た清水将海清水将海

    初盗塁:2003年5月2日、対千葉ロッテマリーンズ3回戦(福岡ドーム)、3回裏に二盗(投手:川井貴志、捕手:清水将海吉本亮 (内野手) フレッシュアイペディアより)

  • 柳葉敏郎

    柳葉敏郎から見た清水将海清水将海

    プロ野球では読売ジャイアンツファンである。また、中日ドラゴンズの荒木雅博、山井大介、森野将彦、福岡ソフトバンクホークスの清水将海とも親交がある。柳葉敏郎 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉ロッテマリーンズ

    千葉ロッテマリーンズから見た清水将海清水将海

    8 有藤道世(1987年-1991年)- 元は永久欠番だが、1992年の千葉移転後、マックス・ベナブルが付けたことで永久欠番ではなくなる。後に平野謙(1994年〜1996年)、清水将海(1997年〜2002年)、波留敏夫(2003年〜2004年)を経て、2005年から現在に至るまで今江敏晃が付けている。千葉ロッテマリーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 清水直行

    清水直行から見た清水将海清水将海

    ロッテに入団した当初、チームには清水将海が在籍していたため、「清水直」と表記された。これが定着したため、チームに同姓の選手がいない場合でもスコアボードでは「清水直」と表記されている。清水直行 フレッシュアイペディアより)

  • 井口資仁

    井口資仁から見た清水将海清水将海

    青山学院大学では1年春からレギュラー(入学当時の主将は小久保裕紀)。同期の澤崎俊和、清水将海、倉野信次、1学年下の高須洋介らと共に全日本大学野球選手権大会優勝を始め多くの輝かしい実績を残した。個人としても、1番・遊撃手の「青い核弾頭」として大活躍し、東都大学リーグ史上唯一である三冠王や、リーグ記録となる1シーズン8本塁打などを記録。井口資仁 フレッシュアイペディアより)

  • 三瀬幸司

    三瀬幸司から見た清水将海清水将海

    6月24日、清水将海との交換トレードで中日ドラゴンズへ移籍。移籍後に一軍登録され、中継ぎで登板するも結果が出ずにその後は二軍生活であったが、クライマックスシリーズより一軍に合流し、日本シリーズでも有資格者に選ばれて日本シリーズ初登板を果たした。三瀬幸司 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
29件中 21 - 29件表示

「清水将海」のニューストピックワード