53件中 41 - 50件表示
  • 清水将海

    清水将海から見た2007年のアジアシリーズ

    は開幕一軍入りを果たし、移籍後初スタメンを果たすなど力は戻ってきており、谷繁元信、小田幸平に次ぐ第三の捕手としてではあるものの一軍に留まった。シーズン終盤には一軍登録を抹消されたが、前年同様日本シリーズの出場資格者にも選ばれ、同年のアジアシリーズにも出場した。清水将海 フレッシュアイペディアより)

  • 清水将海

    清水将海から見たプロ野球選手

    清水 将海(しみず まさうみ、1975年1月9日 - )は、群馬県高崎市出身の元プロ野球選手(捕手)。現在は、福岡ソフトバンクホークスの2軍バッテリーコーチを務めている。清水将海 フレッシュアイペディアより)

  • 清水将海

    清水将海から見た日米野球

    ルーキーイヤーであったの開幕戦で小宮山悟とバッテリーを組み完封勝利を挙げる。以降は中日から移籍してきた、打撃の良い吉鶴憲治と併用され、打撃の弱さを守備面でカバーして現在活躍する投手陣の発展期を支えた。には、吉鶴、橋本将、椎木匠等との争いに勝利し、正捕手に定着した。の日米野球に小林雅英と共に出場し、3打数3安打と活躍した。清水将海 フレッシュアイペディアより)

  • 清水将海

    清水将海から見た2006年の日本シリーズ

    移籍初年度のはプロ入り初の一軍出場なしに終わった。翌に背番号を39に変更。移籍後初の一軍出場を果たし、日本シリーズの出場資格者にも選ばれた。清水将海 フレッシュアイペディアより)

  • 清水将海

    清水将海から見た1996年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    1996年のドラフト会議で千葉ロッテマリーンズから1位指名をされて入団。当時の背番号は8(当初、大学時代と同じ背番号22となる予定であったが、定詰雅彦の阪神タイガース移籍で空き番となった8へ変更された)。清水将海 フレッシュアイペディアより)

  • 清水将海

    清水将海から見た神戸総合運動公園野球場

    初盗塁:1998年7月26日、対オリックス・ブルーウェーブ17回戦(グリーンスタジアム神戸)、7回表に二盗(投手:小林宏、捕手:三輪隆)清水将海 フレッシュアイペディアより)

  • 清水将海

    清水将海から見た東京ドーム

    初出場・初先発出場:1997年4月5日、対日本ハムファイターズ1回戦(東京ドーム)、9番・捕手として先発出場清水将海 フレッシュアイペディアより)

  • 清水将海

    清水将海から見た完封

    ルーキーイヤーであったの開幕戦で小宮山悟とバッテリーを組み完封勝利を挙げる。以降は中日から移籍してきた、打撃の良い吉鶴憲治と併用され、打撃の弱さを守備面でカバーして現在活躍する投手陣の発展期を支えた。には、吉鶴、橋本将、椎木匠等との争いに勝利し、正捕手に定着した。の日米野球に小林雅英と共に出場し、3打数3安打と活躍した。清水将海 フレッシュアイペディアより)

  • 清水将海

    清水将海から見たスターティングメンバー

    は開幕一軍入りを果たし、移籍後初スタメンを果たすなど力は戻ってきており、谷繁元信、小田幸平に次ぐ第三の捕手としてではあるものの一軍に留まった。シーズン終盤には一軍登録を抹消されたが、前年同様日本シリーズの出場資格者にも選ばれ、同年のアジアシリーズにも出場した。清水将海 フレッシュアイペディアより)

  • 清水将海

    清水将海から見た開幕戦

    ルーキーイヤーであったの開幕戦で小宮山悟とバッテリーを組み完封勝利を挙げる。以降は中日から移籍してきた、打撃の良い吉鶴憲治と併用され、打撃の弱さを守備面でカバーして現在活躍する投手陣の発展期を支えた。には、吉鶴、橋本将、椎木匠等との争いに勝利し、正捕手に定着した。の日米野球に小林雅英と共に出場し、3打数3安打と活躍した。清水将海 フレッシュアイペディアより)

53件中 41 - 50件表示

「清水将海」のニューストピックワード