28件中 11 - 20件表示
  • 木村隼人

    木村隼人から見た清水智信清水智信

    2008年7月30日、国立代々木競技場第一体育館にて内藤大助対清水智信と坂田健史対久高寛之フライ級ダブル世界戦の前座でガーンチャイ・クローンパジョン(タイ)との8回戦に出場し、3回TKO勝ち。その後OPBF3位およびWBOアジア太平洋7位にランクアップした。木村隼人 フレッシュアイペディアより)

  • ウーゴ・カサレス

    ウーゴ・カサレスから見た清水智信清水智信

    2011年8月31日、4度目の防衛戦で清水智信と戦ったが、1-2の判定で敗れ王座を明け渡した 。ウーゴ・カサレス フレッシュアイペディアより)

  • いじめられっ子のチャンピオンベルト

    いじめられっ子のチャンピオンベルトから見た清水智信清水智信

    また、放送2日後の2008年7月30日に内藤が当時保持していたWBC世界フライ級王座の防衛戦が行われ、内藤は清水智信との対決を制し、3度目のタイトル防衛を果たした。いじめられっ子のチャンピオンベルト フレッシュアイペディアより)

  • ポンサクレック・ウォンジョンカム

    ポンサクレック・ウォンジョンカムから見た清水智信清水智信

    2007年4月6日、地元タイにて後のWBA世界スーパーフライ級王者清水智信(日本)を迎えて17度目の防衛戦を行い、7回終了TKO勝ちを収めて17度目の防衛に成功した。ポンサクレック・ウォンジョンカム フレッシュアイペディアより)

  • 大久保雅史

    大久保雅史から見た清水智信清水智信

    2008年12月23日、両国国技館でジョジョ・バルドン(同級1位/フィリピン)と対戦。この試合に向けてはスタミナを重点的に強化、徹底したボディ攻撃で3-0の判定勝ちを収め、2度目の防衛に成功した。この試合は内藤大助・清水智信と同時にフライ級トリプルタイトルマッチとして行われた。大久保雅史 フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見た清水智信清水智信

    2008年7月30日に行われたWBC世界フライ級タイトルマッチ(内藤大助 vs. 清水智信)の試合後に、リングに上がり、直接、防衛に成功した内藤大助に試合を申し込んだ。このことについて、試合を主催していたTBSに苦情が寄せられた。また、興毅が所属していた協栄ジムの金平桂一郎会長も批判的な意見を自身の著書で記している。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • 五十嵐俊幸

    五十嵐俊幸から見た清水智信清水智信

    2008年8月2日、日本フライ級王者清水智信(金子)が日本王座を保持したままWBC世界フライ級王者内藤大助(宮田)への挑戦を優先させたために設置された、日本フライ級暫定王座決定戦に出場。後楽園ホールにて金城智哉(ワタナベ)と対戦し、2-1(97-95、96-95、95-96)の判定勝ちを収めて王座を獲得した。五十嵐俊幸 フレッシュアイペディアより)

  • 東郷理代

    東郷理代から見た清水智信清水智信

    2012年4月4日、横浜アリーナでの亀田興毅・清水智信ダブル世界戦の前座でそれまで無敗だったノル・グロ(フィリピン)を4回TKOで退ける。東郷理代 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木左之介

    佐々木左之介から見た清水智信清水智信

    2012年4月4日、横浜アリーナで行われた亀田興毅・清水智信ダブル世界戦の前座として米澤と3度目の対戦を勝利。佐々木左之介 フレッシュアイペディアより)

  • 井岡一翔

    井岡一翔から見た清水智信清水智信

    エーケーグローバルエージェントと契約後、内藤とは上述の「炎の体育会TV」の他、CBC製作TBS系「ホンネ日和」やフジテレビ系「ボクらの時代」(竹原慎二とも)でも共演しており、内藤の引退セレモニーも井岡の2度目の防衛戦の前に行われた。また、東京での初防衛戦は内藤の所属先だった宮田ジムがプロモートした。同事務所は井岡の東農大の先輩でもある清水智信とも契約している。井岡一翔 フレッシュアイペディアより)

28件中 11 - 20件表示