前へ 1 2 3 4 5
45件中 1 - 10件表示
  • 清水智信

    清水智信から見た五十嵐俊幸

    ボクシングの名門・東京農大ボクシング部で主将を務めた。同部は 五十嵐俊幸(WBC世界フライ級王者、アテネ五輪日本代表)、井岡一翔 (元WBC世界ミニマム級王者)を輩出している。清水智信 フレッシュアイペディアより)

  • 清水智信

    清水智信から見た内藤大助

    2007年(平成19年)11月4日には、福井県敦賀市きらめきみなと館でポンサクレックから世界王座を奪った内藤大助と2ラウンドエキシビションを行った。清水智信 フレッシュアイペディアより)

  • 清水智信

    清水智信から見た亀田大毅亀田 大毅

    2010年(平成22年)2月8日、WBCフライ級6位の日本王者としてWBA12位・WBC13位の小林タカヤスと対戦。2Rにダウンを奪い、4Rには小林がバッティングで減点を受け、7回0分59秒TKO勝利を収めて3度目の防衛に成功した。試合後にはWBA・WBCの2団体で世界同級王座を独占する亀田興毅・大毅兄弟への挑戦意欲をアピールした。清水智信 フレッシュアイペディアより)

  • 清水智信

    清水智信から見た亀田興毅亀田 興毅(業務提携)

    2010年(平成22年)2月8日、WBCフライ級6位の日本王者としてWBA12位・WBC13位の小林タカヤスと対戦。2Rにダウンを奪い、4Rには小林がバッティングで減点を受け、7回0分59秒TKO勝利を収めて3度目の防衛に成功した。試合後にはWBA・WBCの2団体で世界同級王座を独占する亀田興毅・大毅兄弟への挑戦意欲をアピールした。清水智信 フレッシュアイペディアより)

  • 清水智信

    清水智信から見た山口真吾

    2008年(平成20年)12月23日、大学の後輩で日本フライ級暫定王者五十嵐俊幸とのタイトル統一戦を両国国技館にて行う。同日にOPBF東洋太平洋フライ級タイトルマッチ(大久保雅史 vs. ジョジョ・バルドン)とWBCフライ級タイトルマッチ(内藤大助 vs. 山口真吾)の試合も行われ3大フライ級タイトルマッチと銘打たれた興行で10回3-0判定勝ちで王座統一とともに初防衛に成功した。清水智信 フレッシュアイペディアより)

  • 清水智信

    清水智信から見た吉田拳畤

    2008年(平成20年)4月14日、2連勝後後楽園ホールで行われた日本フライ級タイトルマッチで王者吉田健司に10回判定勝ちし、同王座を獲得した。その後、ふくいブランド大使に任命された。清水智信 フレッシュアイペディアより)

  • 清水智信

    清水智信から見た井岡一翔

    ボクシングの名門・東京農大ボクシング部で主将を務めた。同部は 五十嵐俊幸(WBC世界フライ級王者、アテネ五輪日本代表)、井岡一翔 (元WBC世界ミニマム級王者)を輩出している。清水智信 フレッシュアイペディアより)

  • 清水智信

    清水智信から見たポンサクレック・ウォンジョンカム

    2007年(平成19年)4月6日、タイに乗り込みWBC世界フライ級王者ポンサクレック・ウォンジョンカムに挑戦。鼻梁に3針の裂傷を負い、7回終了時に棄権しTKO負けの完敗。王座獲得に失敗した。清水智信 フレッシュアイペディアより)

  • 清水智信

    清水智信から見た久高寛之

    2005年(平成17年)10月19日、その後4連勝で10連勝中の久高寛之との試合で8回3-0判定で勝利した。清水智信 フレッシュアイペディアより)

  • 清水智信

    清水智信から見た大久保雅史

    2008年(平成20年)12月23日、大学の後輩で日本フライ級暫定王者五十嵐俊幸とのタイトル統一戦を両国国技館にて行う。同日にOPBF東洋太平洋フライ級タイトルマッチ(大久保雅史 vs. ジョジョ・バルドン)とWBCフライ級タイトルマッチ(内藤大助 vs. 山口真吾)の試合も行われ3大フライ級タイトルマッチと銘打たれた興行で10回3-0判定勝ちで王座統一とともに初防衛に成功した。清水智信 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
45件中 1 - 10件表示