済州島 ニュース&Wiki etc.

済州島(チェジュとう)は、朝鮮半島の西南、日本海、東シナ海、黄海の間にある火山島。その付属島嶼と併せて大韓民国済州特別自治道を構成する。人口は約55万人、面積は1,845km²。15世紀初め頃までは耽羅という独立した王国があった。なお朝鮮語では「島」と「道」は同じ音なので、「済州島」と「済州道」の区別に注意が必… (出典:Wikipedia)

「済州島」Q&A

  • Q&A

    ▼【嘘がノルマの工作員】↓ここに何て書いて有るかな? . ◆【ケネス・ヤングによる↓…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2016年11月17日 15:58

  • Q&A

    竹島、独島についてです。 結局どちらなのか気になって調べたのですが おおざっぱにい…

    [続きを読む]

    回答数:4質問日時 - 2016年11月11日 00:43

  • Q&A

    日本人の皆さん、日本が起こした太平洋戦争後、韓国は目覚ましい発展を遂げ 世界有数の先…

    [続きを読む]

    回答数:28質問日時 - 2016年11月7日 06:01

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「済州島」のつながり調べ

  • ヘンドリック・ハメル

    ヘンドリック・ハメルから見た済州島

    ハメルはオランダ東インド会社 (VOC) の会計係 だった。1653年7月、交易船「デ・スペルウェール」(De Sperwer) 号に乗船して日本へ向かう途上、朝鮮半島南部沿岸の「ケルパールツ島」(済州島)で破船した。乗組員64人のうち、ハメルを含む36人が生き残り、彼らは直ちに拘引されて、漢陽(現在のソウル)に送られた。彼らは朝鮮から去ることを禁じられたが、幾らかの移動の自由と、朝鮮社会の異なる階級と交わる自由を与えられた。(ヘンドリック・ハメル フレッシュアイペディアより)

  • 久麻伎

    久麻伎から見た済州島

    久麻伎(くまぎ、生没年不明)は、7世紀の人物で、朝鮮半島沖の済州島にあった耽羅国の王子(せしむ)である。名は久麻芸とも書く。669年、673年、675年の三度、日本への使者に立った。(久麻伎 フレッシュアイペディアより)

「済州島」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「済州島」のニューストピックワード