前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
361件中 1 - 10件表示
  • 世界基督教統一神霊協会の年表

    世界基督教統一神霊協会の年表から見た済州島済州島

    12月 済州島から李耀翰(イ・ヨハン、り・よはね)牧師が訪ねて来て、入教。世界基督教統一神霊協会の年表 フレッシュアイペディアより)

  • 玄基栄

    玄基栄から見た済州島済州島

    玄基栄(ヒョン・キヨン、1941年1月16日 - )は韓国の小説家。本貫は延州。済州島四・三事件等、済州島に暮らす人々の苦悩を写実的に描く。その作品は時の政権によって弾圧を受けることもあった。かつては問題作家と呼ばれた玄は今日において済州島民を代弁する「4・3作家」と称されている。玄基栄 フレッシュアイペディアより)

  • マイマイ属

    マイマイ属から見た済州島済州島

    主な分布域は北海道南西部(旭川-帯広以南)・本州・四国・九州とその周辺離島である。伊豆諸島では神津島以北、対馬海峡では対馬と韓国済州島、南西諸島ではトカラ列島宝島までだが、喜界島からトコヨマイマイという化石種が発見されている。中には限られた石灰岩地域や離島のみに生息する固有種もいる。マイマイ属 フレッシュアイペディアより)

  • 東シナ海

    東シナ海から見た済州島済州島

    海域の中央部には島嶼は無いが、北辺から東を経て南辺にかけて周囲に島弧がある。主な島嶼として、北から済州島、九州、南西諸島、台湾となっている。ユーラシア大陸縁辺部には舟山群島などの小島嶼がある。海底はほとんどがユーラシア大陸から続く大陸棚で、深度200mより浅いが、東部は沖縄トラフであり深度約2,000mと深くなっている。海流としては黒潮およびその分流の対馬海流が流れている。東シナ海 フレッシュアイペディアより)

  • 済州犬

    済州犬から見た済州島済州島

    済州犬(チェジュいぬ、英:Cheju Dog)とは、大韓民国の済州島原産の犬種である。きわめて希少な犬種で、韓国以外ではほとんど見ることができない。朝鮮語ではチェジュゲ(???)という。済州犬 フレッシュアイペディアより)

  • ツクシマイマイ

    ツクシマイマイから見た済州島済州島

    ツクシマイマイ(筑紫蝸牛)、学名 Euhadra herklotsi は、有肺目オナジマイマイ科に分類されるカタツムリの一種。日本の九州を中心に、その周辺や韓国南部の済州島まで分布する。標準和名の「ツクシ」は九州の古称「筑紫」に由来し、種小名の herklotsi はライデン自然史博物館のハークロットへの献名。シーボルトが持ち帰った本種の標本を命名者マルテンスが研究する際に彼が便宜を図ったことによる。ツクシマイマイ フレッシュアイペディアより)

  • 倭寇

    倭寇から見た済州島済州島

    倭寇の正体について、村井は、当時国家概念が明確ではなく、日本の九州、朝鮮半島沿岸、中国沿岸といった環東シナ海の人々が国家の枠組みを超えた一つの共同体を有しており、村井は彼らを「倭人」という「倭語」「倭服」といった独自の文化をもつ「日本」とはまた別の人間集団だとし、境界に生きる人々(マージナル・マン)と呼んでいる。村井によれば、倭寇の本質は国籍や民族を超えた人間集団であり、日本人、朝鮮人といった分別は意味がないと述べている。ほかに、高橋公明は倭寇の構成について、済州島の海民も倭寇に加わっていった可能性を唱え、倭寇の活動が「国境をまたぐ地域」で繰り広げられた国家の枠組みを越えた性格のものと述べている。倭寇 フレッシュアイペディアより)

  • ヒ81船団

    ヒ81船団から見た済州島済州島

    11月14日朝、ヒ81船団は伊万里湾を出港した。当初の計画では対馬海峡を横断して済州島を回り込み、経由地である澎湖諸島の馬公に向けて航行する予定であった。しかし、敵潜水艦の無線電話と思われる交信電波が多数傍受されたため、対馬海峡途中から引き返し、14日夜は五島列島北端に避難して碇泊した。翌15日、船団は3列縦隊を組んだ厳戒態勢で航行を再開し、「神鷹」の搭載機が昼間は常時2機ずつ船団上空を警戒飛行した。厳重な警戒にも関わらず、15日正午前、済州島東方110km付近に差し掛かったところで、陸軍特殊船「あきつ丸」(日本海運:9186総トン)が、アメリカ潜水艦「クイーンフィッシュ」の雷撃を受けてしまった。「あきつ丸」は、自衛用の爆雷や輸送中の弾薬が誘爆を起こし、わずか数分で転覆・沈没した。駒宮真七郎によれば、第23師団歩兵第64連隊など乗船者2576人のうち2046人が死亡した。ヒ81船団 フレッシュアイペディアより)

  • 第96師団 (日本軍)

    第96師団 (日本軍)から見た済州島済州島

    第96師団(だいきゅうじゅうろくしだん)は、大日本帝国陸軍の師団の一つ。太平洋戦争の末期に済州島の防備強化を目的に編成された師団である。第96師団 (日本軍) フレッシュアイペディアより)

  • 歩兵第292連隊

    歩兵第292連隊から見た済州島済州島

    太平洋戦争末期の1945年(昭和20年)2月6日に龍山で軍令陸甲下令により、済州島の防備強化を目的に新設された第96師団の歩兵連隊の一つとして編成された。兵力補充は久留米師管区の歩兵第2補充隊(旧歩兵第113連隊補充隊)で担当した。編成後の3月28日に軍旗を拝受し、その直後に衛戍地を出発、釜山経由で済州島へ上陸配置された。同島に上陸した後には、済州山麓地帯にて陣地構築に従事しながら終戦を迎えた。歩兵第292連隊 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
361件中 1 - 10件表示

「済州島」のニューストピックワード