361件中 91 - 100件表示
  • 朝貢

    朝貢から見た済州島済州島

    また7世紀中頃に、朝鮮の済州島に古代から中世にかけて存在した王国である耽羅国が、唐の侵攻を恐れて日本に朝貢したと日本書紀には記されている。朝貢 フレッシュアイペディアより)

  • クローカー (潜水艦)

    クローカー (潜水艦)から見た済州島済州島

    9月23日、クローカーは2回目の哨戒でエスカラー (USS Escolar, SS-294) 、パーチ (USS Perch, SS-313) とウルフパック "Millican's Marauders"(ミリカンの略奪者)を構成し、東シナ海および黄海に向かった。10月9日夜、クローカーはの地点でレーダーで目標を探知し、目標に接近した上で魚雷を4本発射。魚雷は4本全てが輸送船神喜丸(栗林商船、2,211トン)に命中し、間隔の短い爆発が続いたのち沈んでいった。10月12日未明にはの地点で掃海艇と思しき艦艇を発見し、魚雷を3本発射して全て命中させ、目標を撃沈したと判断された。10月17日朝、クローカーはの地点でサンパンを発見し、40ミリ機関砲と20ミリ機銃の射撃で撃ち沈めた。10月23日未明にもの朝鮮半島南西岸海域で輸送船白蘭丸(白洋汽船、887トン)を発見し、魚雷を4本発射して1本が命中し、白蘭丸は沈没していった。間もなく3隻のスクーナーが現れ、40ミリ機関砲と20ミリ機銃の射撃で、30トン級スクーナーを破壊した。10月24日明け方、クローカーはの済州島西岸北方沖で、レーダーにより輸送船団と思しき複数の目標を探知する。モマ06船団に接近したクローカーは、4時すぎになって大型輸送船に対して魚雷を3本発射し、続いて別の大型輸送船に対して魚雷を2本、中型輸送船に対して艦尾発射管から魚雷を4本発射する。魚雷は1本が輸送船月山丸(日本海汽船、4,515トン)の船尾に命中し大破させ、月山丸は済州島に曳航されていった。クローカーはモマ06船団を追跡し続け、2隻の輸送船と1隻の護衛艦に向けて魚雷を4本発射。魚雷は輸送船御影丸(武庫汽船、2,741トン)に1本が命中し撃沈した。クローカーはモマ06船団への攻撃で魚雷を使い果たしたため帰投することとし、11月4日から5日にかけてミッドウェー島に寄港。11月10日、クローカーは48日間の行動を終えて真珠湾に帰投。艦長がウィリアム・B・トーマス少佐(アナポリス1936年組)に代わった。クローカー (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • ガンネル (潜水艦)

    ガンネル (潜水艦)から見た済州島済州島

    5月28日、ガンネルは2回目の哨戒で九州近海および東シナ海に向かった。6月15日未明、ガンネルはの巨文島の南東10海里の対馬海峡でレーダーにより目標を探知し、浮上しながら接近して魚雷を3本発射。1本が船尾に命中し、さらに魚雷を4本発射して1本が命中。この攻撃で輸送船光洋丸(大光商船、6,426トン)を撃沈した。4日後の6月19日朝にはの済州島南西100カイリの水域で支第809船団を発見し、2隻の輸送船に対して魚雷を3本ずつ発射。8時25分に輸送船常盤丸(鏑木汽船、6,971トン)の左舷後部に魚雷を1本命中させて撃沈し、他の魚雷は2隻の陸軍輸送船、三池山丸(菅谷汽船、3,179トン)および宇賀丸(松岡汽船、4,433トン)に向かっていたが回避された。夜に入り浮上したところ、の地点でレーダーにより「若竹型駆逐艦」らしい目標を探知し、魚雷を2本発射して1本を命中させ、目標を撃沈したと判断される。このとき、敷設艇巨済は相前後してガンネルを発見しており、砲撃を行って相手を撃沈したと報告した。7月3日、ガンネルは31日間の行動を終えてミッドウェー島に帰投。のちにメア・アイランド海軍造船所に回航されてオーバーホールを受けた。哨戒中にトラブルが頻発したので、この際にH.O.R.エンジンからGM社製278Aエンジンへの換装を行っている。ガンネル (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • ヘリング (潜水艦)

    ヘリング (潜水艦)から見た済州島済州島

    11月15日、ヘリングは6回目の哨戒で東シナ海方面に向かった。12月14日未明、ヘリングはの済州島西方でシ206船団を発見し、まず最初の目標に対して魚雷を2本発射し、2本とも輸送船筥崎丸(日本製鐵、3,948 トン)に命中してこれを撃沈。続いて別の目標に対して魚雷を2本発射するも、これは命中しなかった。三番目の目標を7,000トン級タンカーに定め、魚雷を2本発射して1本が命中したものと判断された。12月27日には病院船瑞穂丸(大阪商船、8,506 トン)を目撃。12月31日から1944年1月1日、ヘリングは新年を跨いで第4222船団を追跡し、まず12月31日深夜の攻撃で「千鳥型水雷艇」に対して魚雷を4本発射し、うち2本が命中したものと判断される。続いて1月1日未明にはの青ヶ島沖で2つの目標に対して魚雷を3本ずつ計6本発射、うち2本が特設航空機運搬艦名古屋丸(南洋海運、6,072 トン)に命中して名古屋丸を撃沈し、1本がもう一つの目標に命中したと判断された。1月8日、ヘリングは56日間の行動を終えてミッドウェー島に帰投。艦長がデイヴィッド・ザブリスキ・ジュニア少佐(アナポリス1936年組)に代わった。ヘリング (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • ピート (潜水艦)

    ピート (潜水艦)から見た済州島済州島

    10月23日、ピートは7回目の哨戒でスペードフィッシュ (USS Spadefish, SS-411) 、サンフィッシュ (USS Sunfish, SS-281) とウルフパックを構成し東シナ海および黄海に向かった。11月9日に黄海に到着した後、11月12日未明にピートは大爆発音と猛烈な閃光を目撃した。これは近くで哨戒していたバーブ (USS Barb, SS-220) がの地点でモマ07船団を攻撃していた事を示すものと考えられた。ピートはモマ07船団がこちらに向かうと予測して戦闘配置を令しモマ07船団に接近していった。同じ日の朝6時20分、ピートはの男女群島西方280キロ地点でモマ07船団を発見し攻撃。第一撃では魚雷4本を発射し、最も近い陸軍輸送船辰昭丸(辰馬汽船、2,746トン)に3本が命中、辰昭丸は急激にスピードを落とし、大爆発を起こして沈没した。辰昭丸が沈没する頃、ピートは第二撃で魚雷を6本発射した。しかし、折からの悪天候で視界も悪く、4つの爆発音は聞こえ炎上しているのも見えたものの、いずれにせよ第二撃の成果は不明だった。11月17日夜、ピートらのウルフパックはの済州島西方洋上でミ27船団を発見し、23時40分にピートは魚雷を3本発射し、うち2本をタンカー逢坂山丸(三井船舶、6,925トン)に命中させた。逢坂山丸は炎上しながら沈没していったが、後部が浮いているように見えたのでピートは再度の魚雷を発射すべく準備したものの、すぐにその作業は不要と判断された。ピートは次の獲物を求め、3時間後に魚雷を3本発射。輸送船鎮海丸(東亜海運、2,827トン)に1本が命中して鎮海丸は4分で沈没した。11月29日、ピートはの大黒山島近海で小型の沿岸タンカーを発見し、三度にわたって魚雷を計8本発射したが、命中しなかった。12月6日、ピートは43日間の行動を終えてグアムアプラ港に帰投。真珠湾に回航された。ピート (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • ピクーダ (潜水艦)

    ピクーダ (潜水艦)から見た済州島済州島

    10月27日、ピクーダは4回目の哨戒でバーブ、クイーンフィッシュとウルフパックを構成し東シナ海および黄海方面に向かった。11月1日から2日にかけてサイパン島に寄港して燃料を補給し、ウルフパックは東シナ海と九州の間に到着した。11月17日夕方、ピクーダはの済州島西方沖でヒ81船団を発見。18時15分に陸軍特殊船摩耶山丸(三井船舶、9,433トン)に魚雷2本を命中させて撃沈した。11月23日には朝鮮海峡西方沖で2隻の護衛艦がついた別の輸送船団を発見し、修洋丸(東洋汽船、6,933トン)と福寿丸(岡田商船、5,293トン)を撃沈した。攻撃の6日後、ピクーダは哨戒海域を去った。12月2日、ピクーダは35日間の行動を終えてグアムアプラ港に帰投した。ピクーダ (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • シードッグ (潜水艦)

    シードッグ (潜水艦)から見た済州島済州島

    19時3分、シードッグは浮上準備中に浮上航行中の伊号潜水艦を発見。シードッグは決して素早かったわけではなかったが攻撃態勢に入り、潜水艦に向けて魚雷を発射したが命中しなかった。シードッグはもう1日九州沿岸で哨戒を行ったあと、相模湾南方および伊豆諸島近海に移動して別の救助配備任務に就いた。シードッグは御蔵島近海で配備につき、4月2日には小型の機雷敷設艦を発見し雷撃したが、命中しなかった。4月16日、シードッグはの御蔵島と八丈島の間の海域で東光丸(日本近海汽船、530トン)を撃沈した。その後は台風の影響もあって、一切の活動が出来なかった。4月23日、シードッグは47日間の行動を終えてアプラ港に帰投。この際、シーホース (USS Seahorse, SS-304) から、秘密兵器であるFMソナーが移設された。シーホースは敷設された機雷が探知できるFMソナーを装備して対馬海峡方面でソナーの試験を行っていたが、4月18日に済州島近海で爆雷攻撃を受けて大きく損傷し、真珠湾に回航されなければならないほどであった。そこで、無傷だったFMソナーをシードッグに移設したのである。シードッグ (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • シーデビル (潜水艦)

    シーデビル (潜水艦)から見た済州島済州島

    6月21日朝、シーデビルは山東半島から朝鮮半島のほうに向かう3隻の武装トロール船を発見。うち1隻は別の船を曳航していた。9時43分、シーデビルは浮上し3分後には5インチ砲、40ミリ機関砲、20ミリ機銃を総動員して攻撃。曳航されているトロール船を一瞬で葬り去り、曳航していたトロール船は全速力で西方に逃走した。シーデビルは3名を捕虜にした上で南に下った。しかし、以降の6日間は天候不順に悩まされて成果が出なかった。6月27日には済州島などの写真撮影を行い、6月29日にはPB2YコロナドとPBMマリナーと共同で救助作戦に参加。シーデビルは慶良間諸島を本拠とする第4救難隊のPBMクルーを乗せ、6月30日の夕方から伊江島に拠点を置いたP-47パイロットの捜索を開始した。翌日、パイロットは僚機によって発見され、シーデビルは正午前にパイロットを迎えた。シーデビルは琉球諸島北部および九州南方海域での救助艦任務を7月10日まで続けた。シーデビルは54日間の行動を終えてグアムアプラ港に帰投。この際の修理に際して、シーデビルに LORAN 用機材および無線方向探知機が装備された。シーデビル (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • スペードフィッシュ (潜水艦)

    スペードフィッシュ (潜水艦)から見た済州島済州島

    3日後、スペードフィッシュは僚艦から輸送船団、フィリピンへの増援兵力である第23師団搭載の輸送船と、南方に向かうタンカーで構成されたヒ81船団に関する情報を得たので、これを攻撃することとした。ほどなくしてスペードフィッシュは九七式艦攻を発見。また、船団のものと思しき何本かのマストも発見した。スペードフィッシュ一旦ヒ81船団を通過させ、日没を待ってから浮上してヒ81船団に接近していった。この時、ヒ81船団は僚艦ピクーダ (USS Picuda, SS-382) の雷撃で陸軍特殊船摩耶山丸(三井船舶、9,433トン)を喪失していた。23時9分、スペードフィッシュはの済州島南西海域で、船団最後尾にいた空母神鷹に対して魚雷を6本発射。次いで急旋回してタンカーに向けて魚雷を4本発射した。神鷹への魚雷のうち4本が、神鷹の右舷後部に立て続けに命中。神鷹は爆発、船団を照らし出すほど激しく炎上して後部から沈没していった。タンカーへの損害は確認できなかった。スペードフィッシュは浮上したまま、さらにヒ81船団に接近して海防艦との撃ち合いを演じた後、避退した。間を置かず、スペードフィッシュはヒ81船団とほぼ同じ航路を通ってきたミ27船団を発見。護衛の第156号駆潜特務艇に対して魚雷を4本発射し、打撃を与えた。スペードフィッシュは他の護衛艦が接近したのをかわして、この海域を去った。スペードフィッシュ (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • シーロビン (潜水艦)

    シーロビン (潜水艦)から見た済州島済州島

    6月1日、シーロビンは3回目の哨戒で東シナ海および黄海方面に向かった。7月8日、シーロビンは済州島近海で第85号駆潜特務艇を撃沈し、1名の捕虜を得た。7月10日4時20分、シーロビンは浮上中に先島丸(大阪商船、1,224トン)を発見し、魚雷4本を命中させて撃沈した。その後、大型のサンパンを撃沈しようと試みている最中に、哨戒機の爆撃を受けた。シーロビンは潜航する暇もなかったが、爆弾の直撃はなかった。しかし、至近弾で艦首発射管が損傷し、以後の哨戒で魚雷のエラーが頻繁に起こった。浮上攻撃で撃沈した漁船を除けば、哨戒の残り期間で収穫はなかった。8月9日、シーロビンは65日間の行動を終えてミッドウェー島に帰投。8月15日の終戦時、シーロビンはミッドウェー島で係留中であった。シーロビン (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

361件中 91 - 100件表示

「済州島」のニューストピックワード