528件中 111 - 120件表示
  • ボタンアオサ

    ボタンアオサから見た済州島済州島

    ボタンアオサ(Ulva conglobata)は、アオサ藻綱アオサ科に属する藻の1種である。済州島、青島、横浜などで分布の報告がある。ボタンアオサ フレッシュアイペディアより)

  • ミョルチジョッ

    ミョルチジョッから見た済州島済州島

    韓国ではカタクチイワシは済州島を経て北上し、全羅南道の麗水市では8 - 9月が漁期となる。この時期に採れたものを原料とし、海水で洗浄したイワシに対して質量比で約40%の塩を加え、よく混合して甕に入れる。夏季なら1ヶ月、冬季なら2ヶ月で副食物として食べられるようになるが、キムチ漬けに使う場合は3ヶ月以上熟成させる。ミョルチジョッ フレッシュアイペディアより)

  • 韓国空軍士官学校

    韓国空軍士官学校から見た済州島済州島

    1949年に京畿道金浦市で創設された航空士官学校を起源とする。済州島、慶尚南道鎮海市(現・昌原市鎮海区)、ソウルを経て、現在は忠清北道上党区に位置している。韓国空軍士官学校 フレッシュアイペディアより)

  • 永井隆雄 (コンサルタント)

    永井隆雄 (コンサルタント)から見た済州島済州島

    森の生家は永井家工場の隣にある小さなタバコ屋、許の生家は200メートルの距離(済州島出身の朝鮮部落)だ。永井隆雄 (コンサルタント) フレッシュアイペディアより)

  • 平成26年台風第8号

    平成26年台風第8号から見た済州島済州島

    韓国の済州島では7月9日に1万3000世帯以上が一時停電、漁船が転覆するなどの被害が出た。平成26年台風第8号 フレッシュアイペディアより)

  • コウケンテツ

    コウケンテツから見た済州島済州島

    父は大阪生まれ、韓国・ソウル育ちで経済的に苦労し、成人後には日本語がわからないまま親類を頼って再び大阪に渡った。母は韓国済州島生まれで、21歳まで同島で過ごした。日本で結婚した二人がもうけた三男一女の末っ子が、ケンテツ(兄弟の生まれた順番は長兄・コウ静子・次兄・ケンテツ)である。コウケンテツ フレッシュアイペディアより)

  • アナベル・オルティス

    アナベル・オルティスから見た済州島済州島

    2013年11月9日、済州島の済州グランドホテルでパク・ヘスと対戦し、3-0(100-91、100-90、100-92)の判定勝ちを収めWBA王座の初防衛に成功した。アナベル・オルティス フレッシュアイペディアより)

  • 第23回世界スカウトジャンボリー

    第23回世界スカウトジャンボリーから見た済州島済州島

    2008年(平成20年)7月 - 大韓民国済州島で開催された第38回世界スカウト会議において、各国連盟の投票により535票対364票でシンガポールに勝利し、日本での開催が決定。山本ミッシェールのぞみ、野寺貴彦及び現役のスカウトがプレゼンテーションを務めた。第23回世界スカウトジャンボリー フレッシュアイペディアより)

  • 清田治史

    清田治史から見た済州島済州島

    1997年3月31日、一連の報道を含めた朝日新聞の慰安婦報道への批判の高まりを受けて、「従軍慰安婦 消せない事実」「政府や軍の深い関与、明白」との大見出しで特集記事を掲載した。この記事では「吉田証言」について、当人の面会拒否や済州島における現地取材で裏付けが得られなかったにも関わらず虚偽であると判断されることはなく、ただ「真偽は確認できない」と表記しただけで記事の訂正も取り消しもなされなかった。また、この特集記事中では朝鮮半島における慰安婦問題の原点とも言える「強制連行」の言葉が使われておらず、代わりに「無理やり」「軍の指示・関与」等の表現を用いることで、いわゆる広義の「強制性」という概念を打ち出して論点をすり替えた、との批判もある。この時の外報部長が清田だったとされているが、元朝日新聞論説委員で当時は外報部次長として清田の部下であったという長岡昇は、「『過ちを率直に認めて謝罪する道』を自ら閉ざした」と評している。清田治史 フレッシュアイペディアより)

  • リョウメンシダ

    リョウメンシダから見た済州島済州島

    日本では北海道から最南端を除く九州までに分布する。国外では朝鮮の済州島と鬱陵島から知られる。日本本土では各地に広く分布する。リョウメンシダ フレッシュアイペディアより)

528件中 111 - 120件表示

「済州島」のニューストピックワード