528件中 121 - 130件表示
  • 海女 (韓国)

    海女 (韓国)から見た済州島済州島

    済州島の海女が特に知られる。済州島での素潜り漁の記録は5世紀に遡るが、その当初は男性の仕事であった。女性による素潜り漁が一般化したのは17世紀に入ってからであり、18世紀には男性の海人を上回ったとされる。1879年に日本海女による朝鮮半島沿岸への出漁が始まっていたが、1895年には済州島海女も朝鮮本土へ進出、やがて出稼ぎ先は中国・ロシア沿海州・日本へと広がった。1970年には14000人を超えたが、高齢化で年々減少、2012年末で4574人となった。8割が60歳以上であり、男性の海人を含む潜水漁業従事者の所得向上や操業環境改善が計画されている。済州島の海女は三重県鳥羽市や石川県輪島市の海女を訪ねる日韓交流を続けており、また三重県の海女が済州島海女の祭典に参加したことが伝えられている。海女 (韓国) フレッシュアイペディアより)

  • 歩兵第64連隊

    歩兵第64連隊から見た済州島済州島

    11月15日 - 輸送船「吉備丸」が潜水艦の攻撃を受け沈没、連隊長以下多数が戦死した。輸送船団は更に済州島沖、鹿児島沖でも魚雷攻撃を受ける歩兵第64連隊 フレッシュアイペディアより)

  • 檀園高等学校

    檀園高等学校から見た済州島済州島

    2014年4月16日、修学旅行で済州島を訪れる予定だった2年生の生徒325人と引率教員14人が、セウォル号沈没事故に遭遇し、生徒250人、教員11人が死亡もしくは行方不明となった。この事故により、同年の2年生は生存者75人と修学旅行を欠席した13人の合計88人になった。引率していた教頭は救助されたが、修学旅行の実施を強く主張した責任を取るとして、同月18日に自殺した。2016年1月にはセウォル号に乗船していて生き残った生徒74人と、修学旅行に参加していなかったために乗船していなかった12人の合計86人に卒業証書を授与した。これに対して、セウォル号沈没に伴って死亡したり行方不明になった生徒のために計画されていた名誉卒業式は、2016年現在、行方不明者全員が見つかるまで延期することに決まっている。檀園高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 火山島 (小説)

    火山島 (小説)から見た済州島済州島

    1948年の韓国済州島のいわゆる〈済州島四・三事件〉に題材をとった作品である。また、同作品は1984年に大佛次郎賞、1998年に毎日芸術賞をそれぞれ受賞している。火山島 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • さんらもん丸

    さんらもん丸から見た済州島済州島

    1943年(昭和18年)11月4日にボルネオのミリで原油10,600トンを積み、途中で第221船団に加わって日本を目指したが、済州島から門司へ航行中の11月27日午前0時過ぎにアメリカの潜水艦シーホースの雷撃に遭い右舷に被雷。さらに午前1時半には左舷にも被雷し、約10分後に沈んだ。船長を含め28名が戦死した。さんらもん丸 フレッシュアイペディアより)

  • 平新艇事件

    平新艇事件から見た済州島済州島

    9月13日に平新艇は漁場を移動中に僚船とはぐれた。この機会にかねてから共産主義に反感を持っていた副船長(当時26歳)と副機関長(同31歳)と甲板員2人(同29歳と21歳)は、2か月前から日本へ亡命するために密航する計画を立てていた。そして14日午前3時40分ごろ叛乱を起こし、役人が持ち込んだ火器で密航に反対する船長や機関長、党と政府の係員ら7人を射殺、現場海域で遺体を遺棄した。そして他の9人を船室に監禁し日本に向けて航行した。途中大韓民国(以下、韓国)の済州島近海で韓国漁船を襲撃し、日本付近の海図を強奪していた。平新艇事件 フレッシュアイペディアより)

  • 平成24年台風第15号

    平成24年台風第15号から見た済州島済州島

    韓国国内では15人が死亡したほか、韓国・済州島の沖合いで操業していた中国漁船2隻が転覆、9人の死者・6人の行方不明者が出ている。韓国のほぼ全域で警報が発令され、旅客機やフェリーが欠航となったほか、170万件以上が停電した。平成24年台風第15号 フレッシュアイペディアより)

  • 金明植

    金明植から見た済州島済州島

    済州島の名家に生まれる。日本へ留学して早稲田大学を卒業し、留学中にアジア地域の被圧迫国家の青年達によって構成された秘密結社である新亜同盟団で活動した。新亜同盟団は以後社会革命党に改編され、帰国した金明植は社会革命党と上海派高麗共産党において活動し、労働運動団体である朝鮮労働共済会の創立に参加した。金明植 フレッシュアイペディアより)

  • マルコム・プレイフェア・アンダーソン

    マルコム・プレイフェア・アンダーソンから見た済州島済州島

    1879年4月6日、アメリカ合衆国インディアナ州アービントン(Irvington)に生まれる。採集した鳥獣標本をオールドフィールド・トーマス(ロンドン自然史博物館の哺乳類部門に勤め、2000以上の新種及び新亜種を初めて記録した)たちに送った。父親はM. R. Anderson。両親はともに教員で、父親はマルコムが生まれた時にはバトラーカレッジ(Butler College)の教授であった。12歳から14歳の間、マルコムはドイツの学校にいて、家族(母親、兄、ふたりの弟)とともに生活したが、このことが彼の教育上になにがしかの貢献をしたと考えられる。その後、父親はスタンフォード大学英文学の教員に招聘され、マルコムは合衆国に戻った。そこでマルコムに影響を与えた教師達は、Miss Irene Hardy、Mr. Frank Cramer、Mr. (後に教授)、J. O. Snyderであった。その後、スタンフォード大学で動物学のコースに進み、1904年に同大学学士の学位を得た。14歳の時から鳥獣採集隊のメンバーとなり、若年の時からRay Lyman Wilbur、Dane Coolidge、W. W. Priceといった人たちから友誼と好機を得た。1904年に、ロンドン動物学協会(the London Zoological Society) から東亜動物学探検隊(the Duke of Bedford's Exploration of Eastern Asia)に選ばれ、日本、済州島、中国などの鳥獣採集に従事した。1905年1月7日、愛知県大府市での捕獲では「水田でまた普通のマウスしかとれなかったので、明日は奈良に行こうと決めた」。1905年1月11日に奈良を発ったマルコムは奈良県桜井市を経由して1月13日に鷲家口に到着した。マルコムが国内絶滅したニホンオオカミ最後の標本を鷲家口で入手したのは1905年1月23日であった。1906年(明治39年)9月、千島からの採集旅行の帰途に函館で通訳として働いていた折居彪二郎と会合し、折居を助手として雇い入れて翌10月に日本各地や朝鮮半島中央部の採集旅行に同行させる。マルコムの弟のひとりはスタンフォード大学で地質学を専攻しており、マルコムとともに四国、九州、種子島、屋久島、隠岐などを旅行して動物の化石を集めたり、幾多の地質学的観察をした。マルコムは1919年2月21日にオークランドのムーア造船所(Moore's Shipyard)で足場から落下して死去した。造船所で働いていたのは、欧州大戦中にみずから進んで造船所の労働に応募し、足場からの落下事故に遭遇したのである。40歳没。マルコム・プレイフェア・アンダーソン フレッシュアイペディアより)

  • 蔚珍飛行場

    蔚珍飛行場から見た済州島済州島

    就航の見込みが立たない限りは開港できないことから、このころから慶尚北道は就航路線の確保に向けて模索を始めた。しかし大手2社は韓国高速鉄道開業に伴い既設路線で減便を強いられており、保有する機材も需要に比して過大で、赤字が必至の地方路線への新規就航は考えにくい状況にあった。高速鉄道開業後のこうした状況を見越し、慶尚北道は、小型航空機による路線網を構築し、蔚珍の他、醴泉、浦項など道内各空港の活用を図る案の検討を以前から行っていた。同じ時期に済州道では、大手2社による寡占状態が航空運賃の高止まりを招き、済州島への観光客増加の妨げになっているという問題意識から、済州道と民間の共同で新航空会社を設立する方案が推進されていた。この動きにも影響され、慶尚北道でも2004年6月、監査院の勧告発表と前後して「小型航空機を利用する地域航空路線網構築に関する建議案」が道議会に提出され、7月の本会議で可決された。2005年4月には、民間のコンサルティング会社が道の構想に沿った形で地域航空会社の設立を提案したが、同社は後に構想を変更し、慶尚北道道内の空港の活用を図る、という当初の目的は実現されなかった。蔚珍飛行場 フレッシュアイペディアより)

528件中 121 - 130件表示

「済州島」のニューストピックワード