361件中 21 - 30件表示
  • 平成15年台風第14号

    平成15年台風第14号から見た済州島済州島

    台風は、時速10kmの速さで北西に進み、11日5時前に宮古島を通過、その後東シナ海に進み、韓国の済州島に接近した後朝鮮半島に上陸。慶尚南道・慶尚北道を縦断。日本海に抜けた後、13日には北海道に接近し、14日朝に温帯低気圧に変わった。平成15年台風第14号 フレッシュアイペディアより)

  • 竹島 (島根県)

    竹島 (島根県)から見た済州島済州島

    1953年(昭和28年)1月12日、韓国政府が「李承晩ライン」内に出漁した日本漁船の徹底拿捕して以後、日本漁船の拿捕や銃撃事件が相次ぎ、日本の漁業従事者に死傷者が多数出る事態となった。同年2月4日には第一大邦丸事件が発生した。済州島付近で同船の漁労長が韓国側に銃撃を受け死亡。また日本人漁師の瀬戸重次郎が殺害されている。竹島 (島根県) フレッシュアイペディアより)

  • 高麗

    高麗から見た済州島済州島

    一方南部では、1223年に初めて倭寇の名が登場し、倭寇などが沿岸を襲い始めていたようである。また、元宗のクビライ政権に降伏して接近する政策に反発した林衍らがクーデターを起こした。これを討伐するためモンゴル軍が派遣され、林衍派は三別抄らを動員して抵抗したものの敗退し、南方の珍島や耽羅(済州島)に落ち延びた。耽羅島の三別抄政権は鎌倉幕府に救援を求めて共同してモンゴルを撃退するよう要請したが、文永の役直前に日本派遣軍の司令官となる忻都、洪茶丘などが率いる派遣軍に鎮圧されている。高麗 フレッシュアイペディアより)

  • 大韓民国

    大韓民国から見た済州島済州島

    地震は九州から伝わるものを除きほとんどないことから、比較的安価に高層マンションが建設可能であり戸建より人気がある。活火山も全く存在しない(済州島、鬱陵島は火山島だが活動していない)が少数の温泉はある。大韓民国 フレッシュアイペディアより)

  • 三別抄

    三別抄から見た済州島済州島

    と返書をしたが、蒙古は高麗に反乱を起こした忠誠の疑わしい三別抄よりも忠誠の篤い高麗による朝鮮の間接統治を望んだために、降服条件が折り合わなかった。その後、珍島の三別抄は高麗の金方慶、洪茶丘らモンゴルの連合軍に撃破され、金通精に率いられて耽羅(済州島)に落延びるが、1273年に耽羅島も攻め落とされ三別抄の乱は鎮圧された。三別抄 フレッシュアイペディアより)

  • 海人

    海人から見た済州島済州島

    大韓民国では済州島などに「海女(ヘニョ)」と呼ばれる女性を中心とした海人がいる。海人 フレッシュアイペディアより)

  • 呉善花

    呉善花から見た済州島済州島

    呉 善花(オ・ソンファ、1956年 - )は、韓国生まれの日本評論家、教員、言論家。出生名は呉勝一。済州島出身。大東文化大学(英語学専攻)卒業後、東京外国語大学地域研究研究科修士課程(北米地域研究)修了。拓殖大学国際学部教授。元韓国籍で日本に帰化。呉善花 フレッシュアイペディアより)

  • コリア・タウン

    コリア・タウンから見た済州島済州島

    荒川区:三河島駅あたりは戦後、工場街となった際に朝鮮人が出稼ぎにきたことで、周辺は東京有数のコリア・タウンとなった。済州島出身者を中心としたコリアンが多く居住し、朝鮮学校や在日韓国・朝鮮人団体の支部が置かれている。コリア・タウン フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦

    慰安婦から見た済州島済州島

    いわゆる慰安婦論争が再燃する契機となったのは、元陸軍軍人の吉田清治(本名:吉田雄兎)が自著『朝鮮人慰安婦と日本人』(新人物往来社 1977年)で、軍の命令で自身が韓国の済州島で女性を「強制連行」して慰安婦にしたと告白し、さらに1982年に樺太裁判で済州島で朝鮮人奴隷狩りを行ったと証言し、1983年7月に戦中済州島で自ら200人の女性を拉致し慰安婦にしたと証言する『私の戦争犯罪―朝鮮人強制連行』(三一書房)を出版したことに始まる。1983年11月10日には朝日新聞が「ひと」欄で吉田清治を紹介した。この吉田の著作内容はのちに済州新聞の許栄善記者や秦郁彦らの調査の末、捏造であることが明らかになり吉田本人も創作と認めることとなるが、慰安婦問題は著作を離れ一人歩きすることとなる。慰安婦 フレッシュアイペディアより)

  • 裸コンパ

    裸コンパから見た済州島済州島

    2010年2月5日に撮影された、男女数十人の生徒がソウル市衿川区A中学校の卒業式を終えた女子中学生に制服を脱がし、服を斬り裂いて、ケチャップを頭から振りかける動画がインターネットに投稿され話題となった。2月7日には警察が、加害生徒の一部を刑事処罰することを検討中であると発表した。また、他にも2名の女子中学生が同様の被害を受けていたことが警察によって明らかにされた。加害生徒たちは「学校の伝統」であるとして毎年の卒業式で行われていたことを明らかにしている。加害生徒たちは、去年は自分たちがやられたので間違っているとは思えない、生まれて一度しかできないこと、自分も被害者になりたかったなどの声が出されており、同年代の文化全般に広がっていることが指摘されている。2010年2月11日に京畿道高陽市で行われた『卒業式「裸コンパ」事件』では、数十人の生徒たちが一部の卒業生たちの服を斬り裂き、人間ピラミッドなどを組ませていたり、女生徒達が全裸で壁の前に並び、写真や動画撮影が行われた。2月13日からはインターネットで公開された。後日、検察によって男子学生7人、女子学生8人が在宅起訴される事態となった。済州島の中学校では、服を破られた女子生徒たちが、下着を投げ捨てて真冬の海に飛び込んで海女に救助されたことが報じられている。裸コンパ フレッシュアイペディアより)

361件中 21 - 30件表示

「済州島」のニューストピックワード