361件中 41 - 50件表示
  • 石高健次

    石高健次から見た済州島済州島

    その中でも石高は横田めぐみやアベック失踪事件以外の拉致に関する取材を続けていた。辛光洙事件の共犯者を追って済州島まで行き、贖罪に苛まれながら生きている元工作員の取材に成功している。石高健次 フレッシュアイペディアより)

  • 第一号型駆潜特務艇

    第一号型駆潜特務艇から見た済州島済州島

    第85号:1944年3月23日竣工(米子/舞鶴)。1945年7月8日米潜の雷撃(済州島から麗水の間)。第一号型駆潜特務艇 フレッシュアイペディアより)

  • クリハラン

    クリハランから見た済州島済州島

    日本では本州の関東以西、九州までと沖縄本島に生育し、アジアでは朝鮮(済州島)、台湾、中国からインドにかけて分布する。クリハラン フレッシュアイペディアより)

  • 州胡

    州胡から見た済州島済州島

    州胡(しゅうこ、、チュホ)は、現在の大韓民国の済州島の古名である。中国の三国時代に、州胡が馬韓の西の海上にある大きな島として記される。他に該当する島はないため、これが済州島と考えられる。州胡 フレッシュアイペディアより)

  • 平新艇事件

    平新艇事件から見た済州島済州島

    9月13日に平新艇は漁場を移動中に僚船とはぐれた。この機会にかねてから共産主義に反感を持っていた副船長(当時26歳)と副機関長(同31歳)と甲板員2人(同29歳と21歳)は、2か月前から日本へ亡命するために密航する計画を立てていた。そして14日午前3時40分ごろ叛乱を起こし、役人が持ち込んだ火器で密航に反対する船長や機関長、党と政府の係員ら7人を射殺、現場海域で遺体を遺棄した。そして他の9人を船室に監禁し日本に向けて航行した。途中大韓民国(以下、韓国)の済州島近海で韓国漁船を襲撃し、日本付近の海図を強奪していた。平新艇事件 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤亜人

    伊藤亜人から見た済州島済州島

    漂泊漁民への民俗学的な関心から、東京大学では文化人類学を専攻。泉靖一や李杜鉉(ソウル大学校教授・東京大学客員教授=当時)らから教えを受け、韓国研究を開始する。1972年以来30年以上に亘って、全羅南道珍島を中心に安東や済州島などで人類学的なフィールドワークを行い、農村の相互扶助組織、親族、宗教儀礼、セマウル運動などに関する論文を多数発表。伊藤亜人 フレッシュアイペディアより)

  • トルハルバン

    トルハルバンから見た済州島済州島

    トルハルバンとは、韓国の済州島にある石像。済州島の方言で「石製の爺さん」を意味する。トルハルバン フレッシュアイペディアより)

  • モリチャバネゴキブリ

    モリチャバネゴキブリから見た済州島済州島

    日本では本州(千葉県・山形県以西)、四国、九州、伊豆諸島、対馬、種子島、奄美大島に分布する。また、韓国の済州島にも分布する。モリチャバネゴキブリ フレッシュアイペディアより)

  • 李善実

    李善実から見た済州島済州島

    済州島南部の村の出身。梨花女子専門学校卒業後、南朝鮮労働党(南労党)出身者が運営する金剛政治学園を修了した。解放前に独立運動を行い、その後、釜山で南労党の金三龍の下で女性運動を展開し、発覚するや単身越北した。朝鮮戦争当時、太白山でパルチザン生活を送り、朝鮮人民軍がソウルに進駐したとき、引き続き活動を再開した。李善実 フレッシュアイペディアより)

  • 李昇薫

    李昇薫から見た済州島済州島

    1911年に、安岳事件で済州島に流され、同年9月の105人事件により、平安道におけるキリスト教及び新民会の関係者が多く逮捕され、京城へ護送され、4年2ヶ月に渡って獄中生活を送ることとなった。1919年の三・一独立運動の際、キリスト教界代表として民族代表33人に参加したことにより、懲役3年の刑を受けた。李昇薫 フレッシュアイペディアより)

361件中 41 - 50件表示

「済州島」のニューストピックワード