528件中 51 - 60件表示
  • 朝鮮出漁

    朝鮮出漁から見た済州島済州島

    明治維新以後、初期の段階においては日本・朝鮮間の外交関係が途絶していたこと(→征韓論・征韓論政変・江華島事件)、1876年に結ばれた日朝修好条規、続く1883年に結ばれた日朝貿易条約には漁業に関する規定がなかったことにより、トラブルも頻発した。済州島では日本側の新しい漁法によって乱獲が進み、現地の漁民の生活が脅かされているとして済州島住民による抗議活動が行われ、朝鮮側も取り上げたことから、日本政府は1884年から済州島周辺への出漁を差し止める措置を取ったが、実際にはそれが徹底されることはなく、1887年に日本の漁船がアワビを採集するだけでなく、漁民が島に上陸してニワトリ・ブタを強奪し、抵抗した地元住民1名を殺害したことが問題となった。朝鮮出漁 フレッシュアイペディアより)

  • ジェイエスホールド

    ジェイエスホールドから見た済州島済州島

    なお、引退後の処遇については、当初KRAに譲渡する予定であったが辞退されたため、500万ウォンで売却され済州テミョン(????)牧場で種牡馬入りするという。ジェイエスホールド フレッシュアイペディアより)

  • 蛟龍丸

    蛟龍丸から見た済州島済州島

    日露戦争後、徴用解除された「蛟龍丸」は商船として活動を再開した。船主が1916年(大正5年)には函館市の木田長右衛門に替わり、さらに翌年までには同市の成田金太郎となっている。1916年から1919年(大正8年)にかけて、青函連絡船の貨物輸送量の増加に対応するため貨物専用船として傭船された。1926年(大正15年)には日魯漁業により北洋漁業用として傭船されており、蟹工船「秩父丸」の遭難事故では救助に赴いた。1930年(昭和5年)11月から翌年3月には、済州島住民が設立した東亜通航組合に傭船されて、尼崎汽船の「第二君が代丸」に対抗して大阪港・済州島間の旅客航路で運行された。1933年(昭和8年)の昭和三陸地震では停泊中に津波により流されて蕪島付近へ座礁するが、復旧された。1938年(昭和13年)6月には再び日魯漁業により傭船されてソビエト連邦領カムチャッカ半島沖での操業を計画したが、ソ連側の渡航許可が下りず、外交問題となった(蛟龍丸査証問題)。蛟龍丸 フレッシュアイペディアより)

  • 安美佳

    安美佳から見た済州島済州島

    本名の表記は安美佳で、韓国・済州島生まれの大阪市生野区・阿倍野区育ち。いずれも年子である5人兄弟(姉妹)の次女で、兄・姉・弟・妹がいる。安美佳 フレッシュアイペディアより)

  • タイショウオオキノコムシ

    タイショウオオキノコムシから見た済州島済州島

    本州・四国・九州・北海道・屋久島・対馬・朝鮮半島・済州島・中国・シベリアに分布し主に丘陵地に生息する。近縁のヒメオビオオキノコムシやミヤマオビオオキノコムシに比べて稀で局所的なため、以前は対馬や奈良県春日山以外ではあまり報告がなかった。しかし近年は他県でも記録が相次いだ。                                      タイショウオオキノコムシ フレッシュアイペディアより)

  • 金泰生

    金泰生から見た済州島済州島

    1924年11月朝鮮済州島に生まれ、1930年渡日。幼少年期を貧しい叔母に育てられ、自らも働く少年であった。戦後結核を患って8年に亘る療養生活を余儀なくされた後、保高徳蔵の『文芸首都』に参加。なだいなだ、北杜夫、森礼子らと交流して日本語を磨いたが、1960年代には一旦文学から離れて朝鮮民主主義人民共和国を支持する立場から組織に勤務し、雑誌『統一評論』に「安在均」のペンネームで多くの記事を残した。1972年雑誌『人間として』10号に小説「骨片」を発表。以後『季刊三千里』や『未来』などに書き続けた。1986年12月他界するまでに、市販された本は4冊と、収録されなかった小説もいくらか残したが、畏友金石範が大佛次郎賞を受賞するなど活躍するのに比較すると地味な作家だった。しかし、在日朝鮮人の名も無い一人ひとりの生を問うこと。とことん生きることで「この国の歴史」から死んでいった人々の分まで「貸しを取り立て」ようという、金泰生文学の価値は今も色を失うことはない。金泰生 フレッシュアイペディアより)

  • セガンヂャ

    セガンヂャから見た済州島済州島

    セガンジャは1996年韓国生まれ。セン馬のためコリアンダービーには出走権がなかったが、デビュー2戦目からは破竹の快進撃を始め、韓国馬事会長杯(当時韓国産限定、現混合戦GIII、ダート2000m)、グランプリを含む韓国記録となる15連勝を達成した。その後はハンデキャップ競走が多い韓国において重ハンデに苦しめられながらも活躍し、韓国記録となる15億3638万2600ウォン(約1億5000万円)の賞金を稼ぎ出し、2005年に引退するまで33勝を上げた。グランプリ連覇が期待されたが、2001年は3着、2002年は2着に終わっている。2005年の末にはソウル競馬場で引退式も行われ、現在は済州島の競走馬育成牧場で功労馬として余生を送っている。セガンヂャ フレッシュアイペディアより)

  • 文周王

    文周王から見た済州島済州島

    476年4月、耽羅国(済州島)が貢物を献じてきたので、その使者に恩率(3等官)の位を与えたことが記されている。文周王 フレッシュアイペディアより)

  • オニクワガタ属

    オニクワガタ属から見た済州島済州島

    日本以外では東シベリア・中国東北地方・朝鮮半島・済州島に分布し、日本では対馬に生息する。オニクワガタよりも大きく30mm強にもなり、オニクワガタ属中最長。大アゴも直線的に、オニクワガタ属にしては比較的長く伸びる。名前に「キン」とあるが、艶があるため言われてみればそう見えなくもないものの、オウゴンオニクワガタ属のように金色というわけではない。寿命がとても短いとか、樹液には集まらないなどといわれているが、詳しい生態はわかっていない。生息地が対馬という離島に限定され、そのうえスギ、ヒノキの植林の進行により、食樹がすさまじい勢いで失われている。に指定されている。オニクワガタ属 フレッシュアイペディアより)

  • 第58軍 (日本軍)

    第58軍 (日本軍)から見た済州島済州島

    1945年4月8日に編制され、第17方面軍戦闘序列に編入、済州島に配備された。アメリカ軍の侵攻に備えていたが、交戦することなく終戦を迎えた。第58軍 (日本軍) フレッシュアイペディアより)

528件中 51 - 60件表示

「済州島」のニューストピックワード