528件中 81 - 90件表示
  • ナツエビネ

    ナツエビネから見た済州島済州島

    中国南部、台湾、朝鮮(済州島)、日本に分布する。ナツエビネ フレッシュアイペディアより)

  • 金大建

    金大建から見た済州島済州島

    通訳であった劉進吉から中国語を学び、モーバンの紹介状をもって中国に渡った。朝鮮布教の責任をもっていたマカオのパリ外国宣教会のカレーリ神父から神学および西洋の諸学問とフランス語・中国語・ラテン語を習った。1842年、キリスト教への弾圧が行われていた朝鮮半島への密入国に挑んだ。 何度も密入国に失敗したため、一旦、八家子に戻ってメストロ神父の元で神学の研鑽を続けた。1845年になって一人で国境を越えて漢城への潜入に成功し、ひそかに布教を続けた。後にパリ外国宣教会に支援を要請するために再びソウルを出て上海に渡った。上海で韓国人として最初の司祭に叙階され、8月ペレオール司教、ダブルィ司教と共に上海を出港した。出港して3日後に嵐に遭い済州島に漂着したが、その後、忠清南道に潜入して各地で布教にあたった。1846年に逮捕され、厳しい拷問と取調べを受けた。宣教会の仲間と信徒たちへの遺言書を書き残した後、26歳で処刑され、殉教した。金大建 フレッシュアイペディアより)

  • 君が代丸

    君が代丸から見た済州島済州島

    君が代丸(きみがよまる)は、1922年から1945年にかけて日本統治時代の朝鮮の済州島と大阪を結んで尼崎汽船が運航していた貨客船である。第一君が代丸と第二君が代丸の2代が存在した。当時、日本と朝鮮半島を結ぶ航路としては、関釜連絡船以外で数少ないものであった。君が代丸 フレッシュアイペディアより)

  • アシナガアリ

    アシナガアリから見た済州島済州島

    北海道から九州、対馬、屋久島及び朝鮮半島、済州島に分布する。東日本では平地、西日本で山地の林縁や林内の土中、岩のすき間などに巣を作っている。アシナガアリ フレッシュアイペディアより)

  • 済州国際自由都市開発センター

    済州国際自由都市開発センターから見た済州島済州島

    済州国際自由都市開発センター(JDC、Jeju Free International City Development Center)は、「済州国際自由都市基本計画(2001年11月)」及び「済州特別自治道設置及び国際自由都市造成の為の特別法」によって済州島を支援し済州国際自由都市の開発を促進させる為に設立された国土海洋部傘下の特殊法人であり、公共機関に指定されている。済州国際自由都市開発センター フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・L・ストリート3世

    ジョージ・L・ストリート3世から見た済州島済州島

    第二次世界大戦に活躍したアメリカ潜水艦の艦長の一人であり、大戦末期に「ティランテ」 ('''') 艦長として端島(軍艦島)近海などで戦果を挙げ、済州島近海の泊地への攻撃の功により名誉勲章が贈られた。ジョージ・L・ストリート3世 フレッシュアイペディアより)

  • ヒメアマツバメ

    ヒメアマツバメから見た済州島済州島

    日本には関東地方以南で、局地的に留鳥として周年生息する。台湾では多く繁殖するが、以前は1929年に大東諸島において採集例が認められたのみであり、日本には生息しない種とされていたが、1960年代に観察されるようになり、1967年6月に静岡市で繁殖が確認された。韓国では、済州島において1羽の採集記録があるが、繁殖は未確認。ヒメアマツバメ フレッシュアイペディアより)

  • スズメウリ

    スズメウリから見た済州島済州島

    日本(本州、四国、九州)、韓国(済州島)に分布する。スズメウリ フレッシュアイペディアより)

  • チョウセンスズガエル

    チョウセンスズガエルから見た済州島済州島

    朝鮮民主主義人民共和国、大韓民国(済州島含む)、中華人民共和国北東部(安徽省以北)、ロシア(沿海地方)チョウセンスズガエル フレッシュアイペディアより)

  • 波浪島

    波浪島から見た済州島済州島

    1951年8月 - 韓国山岳会と韓国海軍は日本海軍水路部発行の海図を使って済州島西南方180kmを探査したが発見できず。また国務省の地理学者サミュエル・W・ボッグスによるアメリカの事務報告でも「確認できない」とされた。波浪島 フレッシュアイペディアより)

528件中 81 - 90件表示

「済州島」のニューストピックワード