361件中 81 - 90件表示
  • 生野コリアンタウン

    生野コリアンタウンから見た済州島済州島

    もともと古代からこの地は渡来人が多数住みついており、旧地名である「猪飼野」の起源となっている。1910年の日韓併合を経て、1923年に済州島と大阪をつなぐ直行便「君が代丸」の就航をきっかけに、多くの朝鮮人が労働のために日本へ渡航し、当時工業地化しつつあった猪飼野周辺に集まってきた。こうして自然と朝鮮市場が誕生し、それを核に商店街としてスタートしたのもこの頃である。生野コリアンタウン フレッシュアイペディアより)

  • 蔚珍飛行場

    蔚珍飛行場から見た済州島済州島

    就航の見込みが立たない限りは開港できないことから、このころから慶尚北道は就航路線の確保に向けて模索を始めた。しかし大手2社は韓国高速鉄道開業に伴い既設路線で減便を強いられており、保有する機材も需要に比して過大で、赤字が必至の地方路線への新規就航は考えにくい状況にあった。高速鉄道開業後のこうした状況を見越し、慶尚北道は、小型航空機による路線網を構築し、蔚珍の他、醴泉、浦項など道内各空港の活用を図る案の検討を以前から行っていた。同じ時期に済州道では、大手2社による寡占状態が航空運賃の高止まりを招き、済州島への観光客増加の妨げになっているという問題意識から、済州道と民間の共同で新航空会社を設立する方案が推進されていた。この動きにも影響され、慶尚北道でも2004年6月、監査院の勧告発表と前後して「小型航空機を利用する地域航空路線網構築に関する建議案」が道議会に提出され、7月の本会議で可決された。2005年4月には、民間のコンサルティング会社が道の構想に沿った形で地域航空会社の設立を提案したが、同社は後に構想を変更し、慶尚北道道内の空港の活用を図る、という当初の目的は実現されなかった。蔚珍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 哀荘王

    哀荘王から見た済州島済州島

    801年10月には、耽羅国(済州島)からの朝貢を受けたことが伝わっている。耽羅国は文武王19年(679年)に新羅に隷属していたが、後に独立していたとみられる。哀荘王 フレッシュアイペディアより)

  • 清水馨八郎

    清水馨八郎から見た済州島済州島

    政治団体「國民新聞社」の機関紙として発行されている『國民新聞』2010年1月25日号において、「小沢一郎は済洲島出身」と題し、小沢一郎、土井たか子、福島瑞穂、菅直人を在日認定する記事を執筆した。なお、土井たか子と福島瑞穂については「本名」についても言及されており、土井の「本名」として書かれている名前は、『WiLL』2008年5月号で花岡信昭が執筆した記事と同じく李高順である。(『WiLL』は土井から名誉毀損で提訴され、敗訴が確定している。また、『WiLL』2008年11月号には謝罪文が掲載された。)清水馨八郎 フレッシュアイペディアより)

  • アシナガアリ

    アシナガアリから見た済州島済州島

    北海道から九州、対馬、屋久島及び朝鮮半島、済州島に分布する。東日本では平地、西日本で山地の林縁や林内の土中、岩のすき間などに巣を作っている。アシナガアリ フレッシュアイペディアより)

  • 統一旗

    統一旗から見た済州島済州島

    白地の中央に、空色で朝鮮半島と済州島が描かれており、軍事境界線なき朝鮮を表したデザインとなっている。統一旗 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の大韓民国

    2009年の大韓民国から見た済州島済州島

    3月11日 - 笹森清前日本労働組合総連合会会長、民主党の小沢一郎代表が、韓国資本による対馬の不動産買占めに対抗して「済州島を買ってしまえ」と発言していたことを明らかにした。小沢代表は否定 。済州島発言について、韓国のマスメディアなどは強く反発したが、韓国政府は静観の構えをとった 。2009年の大韓民国 フレッシュアイペディアより)

  • ダイミョウセセリ

    ダイミョウセセリから見た済州島済州島

    日本、朝鮮半島、済州島、中国北・東北部、ロシア南東部の亜種は tethys 、中国中・南部と台湾の亜種は moori 、中国西部・チベットの亜種は roona 、中国雲南省からインドシナ半島北部の亜種は birmana と分類されている。ダイミョウセセリ フレッシュアイペディアより)

  • アジア放送研究会

    アジア放送研究会から見た済州島済州島

    なお、大韓民国・済州島にある「FEBC済州極東放送」の前身である「亜細亜放送」とは関連は一切ないアジア放送研究会 フレッシュアイペディアより)

  • 大乙上

    大乙上から見た済州島済州島

    天武天皇2年(673年)に耽羅(済州島)から使者として来た久麻芸(久麻伎)は、耽羅王とともに大乙上を授かった。このとき、日本側はこの冠位が百済の佐平にあたると説明した。その冠は特に錦繍で飾った。大乙上 フレッシュアイペディアより)

361件中 81 - 90件表示

「済州島」のニューストピックワード