110件中 71 - 80件表示
  • 済州島

    済州島から見た人民委員会

    日本の降伏後、連合国占領軍の到着が朝鮮本土に比べて遅れた島内は朝鮮建国準備委員会の済州島支部を起源とする人民委員会が統治を担ったが、政策を巡って人民委員会と米軍政庁は1947年から対立を深めた。そして1948年4月3日には朝鮮の南北分断を固定するとの理由から、南朝鮮単独での総選挙実施に反対する過程で済州島四・三事件が発生し、少なくとも3万人の島民が南朝鮮国防警備隊やその後身の大韓民国国軍、西北青年会等の民間右翼などによって虐殺された。この事件は、朝鮮半島の南北支配戦争の渦中で済州島だけは島民だけで今後の行方を決めようとする運動を、北側の介入と見て南側の軍部や自警団が抹殺したものである。結果として済州島は大韓民国に組み込まれた。この虐殺事件の混乱で済州島民は周辺国に難民として逃れた。現在の在日韓国・朝鮮人には、この時に命からがら日本に逃れて来た者も多い。済州島 フレッシュアイペディアより)

  • 済州島

    済州島から見た木浦

    海運面では、釜山と木浦との間にフェリーが就航している。島内では路線バスが多数運行されているが、鉄道は存在しない。済州島 フレッシュアイペディアより)

  • 済州島

    済州島から見た大日本帝国

    1910年の韓国併合で大日本帝国の領土となり、1945年まで朝鮮総督府によって統治されていた。1922年に島と大阪をつなぐ直行便「君が代丸」が就航すると多くの島民が労働のため日本内地へ渡航し、彼らが集住した猪飼野周辺には後の生野コリアタウンの原型が形作られていった。済州島 フレッシュアイペディアより)

  • 済州島

    済州島から見た溶岩洞

    File:Manjanggul Lava tube.jpg|萬丈窟の溶岩洞済州島 フレッシュアイペディアより)

  • 済州島

    済州島から見た右翼

    日本の降伏後、連合国占領軍の到着が朝鮮本土に比べて遅れた島内は朝鮮建国準備委員会の済州島支部を起源とする人民委員会が統治を担ったが、政策を巡って人民委員会と米軍政庁は1947年から対立を深めた。そして1948年4月3日には朝鮮の南北分断を固定するとの理由から、南朝鮮単独での総選挙実施に反対する過程で済州島四・三事件が発生し、少なくとも3万人の島民が南朝鮮国防警備隊やその後身の大韓民国国軍、西北青年会等の民間右翼などによって虐殺された。この事件は、朝鮮半島の南北支配戦争の渦中で済州島だけは島民だけで今後の行方を決めようとする運動を、北側の介入と見て南側の軍部や自警団が抹殺したものである。結果として済州島は大韓民国に組み込まれた。この虐殺事件の混乱で済州島民は周辺国に難民として逃れた。現在の在日韓国・朝鮮人には、この時に命からがら日本に逃れて来た者も多い。済州島 フレッシュアイペディアより)

  • 済州島

    済州島から見た海軍

    大韓民国海軍は2006年現在、済州島に新たに海軍基地を建設中である。基地建設後は、独島級揚陸艦と計画中の最新鋭潜水艦をそこに集中配備し、済州島に機動艦隊用前進基地を建設する予定。済州島 フレッシュアイペディアより)

  • 済州島

    済州島から見た生野区

    三無とは、「泥棒がいない」「乞食がいない」「外部からの(泥棒と乞食の)侵入を防ぐ門が無い(必要無い)」という意味を表す。かつての済州島は、厳しい自然環境を克服するため協同精神が発達しており、そのことも前述の3つが無かった(あるいは必要とされなかった)とされてきた所以とされる。そのために韓国本土に住む人々の気性の激しさとは対照的に性格も温和で純朴だと言われる(日本国内各地に点在するコリアタウンでも済州島出身者は、古くから同島出身者を「流刑地住民の子孫」として差別してきた韓国本土出身者を避けて(東京都荒川区三河島や大阪市生野区桃谷等に)集結していた)。済州島 フレッシュアイペディアより)

  • 済州島

    済州島から見た檀君

    済州島には、「三姓神話」という、朝鮮半島の「檀君神話」とは違った耽羅民族の独自の建国神話があり、『高麗史』や『世宗実録』におよそ次のような内容で表されている。済州島 フレッシュアイペディアより)

  • 済州島

    済州島から見た両班

    朝鮮王朝の時代には朝鮮八道の1つ、全羅道に組み込まれ、在地勢力は次第に力を失っていった。朝鮮時代には江華島と並ぶ流刑地の一つでもあり、主に政争で負けた王族や両班が流刑にされている。済州島 フレッシュアイペディアより)

  • 済州島

    済州島から見た在日韓国・朝鮮人

    日本の降伏後、連合国占領軍の到着が朝鮮本土に比べて遅れた島内は朝鮮建国準備委員会の済州島支部を起源とする人民委員会が統治を担ったが、政策を巡って人民委員会と米軍政庁は1947年から対立を深めた。そして1948年4月3日には朝鮮の南北分断を固定するとの理由から、南朝鮮単独での総選挙実施に反対する過程で済州島四・三事件が発生し、少なくとも3万人の島民が南朝鮮国防警備隊やその後身の大韓民国国軍、西北青年会等の民間右翼などによって虐殺された。この事件は、朝鮮半島の南北支配戦争の渦中で済州島だけは島民だけで今後の行方を決めようとする運動を、北側の介入と見て南側の軍部や自警団が抹殺したものである。結果として済州島は大韓民国に組み込まれた。この虐殺事件の混乱で済州島民は周辺国に難民として逃れた。現在の在日韓国・朝鮮人には、この時に命からがら日本に逃れて来た者も多い。済州島 フレッシュアイペディアより)

110件中 71 - 80件表示

「済州島」のニューストピックワード